2020年02月20日

草創期の教会がなぜ反対され、またなぜ発展したのか (お弁当のみ言)



200220-1950nendai-tongdemun.jpg


先日の日曜礼拝で、
教会長が選んでくださった
真の父母経のみ言に、
とても胸を打たれました。

み言を紹介させていただくとともに、
教会長が語られた内容を参考にして、
み言の感想を書かせていただきます。


韓国で開拓地に行って伝道した当時は、
一日働いた稼ぎで一日暮らすのが大変でした。
一日働いた稼ぎで、一食食べて暮らすのが
大変な時だったのです。
若い人たちが道を歩きながら、
足がもつれることがいくらでもありました。

伝道師たちがある町に開拓に行ったのですが、
食べる物がないとき、その町で働こうとすれば、
町にうわさが立って迫害がひどくなりかねないので
仕方なく十里以上離れた所に行って
働いた人たちがたくさんいます。

伝道師たちが本部からお金を持っていって
伝道したのではなく、そのような事情の中で
開拓伝道をしたのです。

それでも、絶対に食口たちに
自分の事情を話しませんでした。
ですから、食口たちは分かりません。
六ケ月たち、一年たってからそれを知っては、
痛哭するのです。

そうして、指導者に弁当を持ってきて
食べさせてあげる運動が起きました。
ですから、その御飯を食べなければならない
指導者の心はどれほど悲惨でしょうか。
また、弁当をくれたその学生が、学校に行って
昼食を抜くことを考えざるを得ないのです。

このような中で、互いにそれを克服しながら、
「私たちは死んでもみ旨を成し遂げよう」と言って、
心情的な連帯感に浸っていたのです。


統一教会に入る前までは、誰よりも良い弁当を持って
通っていた学生が、統一教会に入ってからは、
弁当を持たずに来て、昼食の時間は一人で校庭に
こっそり隠れていて、また教室に戻ってくるのです。
それが友達に見つかりもしました。
自分の親に知られたら大変なことになるのです。

一度や二度ではなく、ずっとそのようなことを
しているので、友達が彼の母親のところに行って、
「息子さんは、
以前は弁当をきちんと持ってきていたのに、
最近、統一教会に入ってからは持ってきません。
なぜ、お母さんなのに、
昼食も用意してあげないのですか」
と話す出来事が起きたのです。

それで、その母親が息子に、
「お前、学校で弁当を食べていないそうじゃないか。
どうなっているんだい」と問い詰めれば、
事実を話さざるを得ません。

親たちがこの事実を知るようになると、
ますます強く反対します。
そのようなことが全国的に頻発しました。

その上、全国のキリスト教徒たちは、
「神様の羊を奪っていくおおかみの群れが入ってくる」
と言いながら反対しました。
そのような環境で、彼らを指導していたお父様の心は、
いかばかりだったでしょうか。



改めて訓読しても胸が詰まります。。。
お弁当をもらって食べた宣教師の心は、
どれだけ感謝でならなかったでしょうか。。。

また、申し訳ない思いをもちながらも、
食べなければ、み旨を歩むことができないので、
勝利することを決意したでしょう。

そして、学生たちは、喜んでお弁当を捧げたに違いありません。
しかし、傍から見れば、弁当を取り上げる統一教会は、
異様な集団だ、と思われたわけです。

真の父母様を中心とした摂理は、
本来は国家的な立場でするような内容です。
今でさえ、ワールドサミットなど、
本当に大きな大会をすることができるようになりましたが、
草創期には、このような状態で
活動するしかなかったのです。

お父様はどれほど無念だったか・・・
しかし、それを忍耐してこられたからこそ、
今の勝利圏につながっているのだと思います。
そして、背後で見ておられる神様がおられ
その神様が、統一教会を守ってくださったということを
忘れてはならないと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:08 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

三代にわたる「精誠」が決め手?! 信興様の相対に選ばれた入山家の証し



200219-20200207.jpg


今回の祝福式では、お母様の御孫様、
信出様と信興様、2名の祝福がありました。

信興様の相対になった、入山有恵(いりやま ゆめ)様は、
入山聖基 本部伝道教育部長の娘さんです。

ということで、今日は、入山部長の証しを紹介します。
祈祷について、とても参考になるお話です。

一年前、2019年の(陽暦の)元旦を迎える時、
大きな祈祷会が持たれました。

お母様が零時の祝祷をされ、
その後、マルコの屋上の間を彷彿(ほうふつ)させる
徹夜祈祷会となったとのこと。



200219-20190101.jpg



清平で行われた、徹夜祈祷会に参加しました。

長い祈祷をする時間だったので、
テーマをもって祈らないと深まらないと思い、
テーマを何にしようか、考えました。

すると、徳野会長が語られたみ言を思い出しました。

お母様と一体化するには、
三つのポイントがある。
それが何か、心情、事情、願いである・・・

これをテーマに、1ラウンドずつ
祈ってみよう、と思いました。

真の父母様の心情って何ですか。
真の父母様の事情って何ですか。
真の父母様の願いって何ですか。

2ラウンド目、事情について祈ると
涙が止まらなくなりました。

事情にも、いろいろあると思います。
しかし突き詰めてみると、
「私が親であって、あなた方は子供である」
神様の事情はそれしかないのではないでしょうか。

どんなに私たちが不足でも、
神様は、私たちを捨てることができません。
それは、親子であるからです。

文責:ten1ko2


入山部長が悟られたように、
神様は、「私」の親であるということ、
このことがどれほど感謝であるか知れませんね。

先日視聴した徳野会長のビデオメッセージで
紹介されていましたが、
入山部長の家庭は、天寶入籍の決意家庭であり、
3世代家庭だということです。

80歳になられるお母さんの入山道子さんは、
信仰の烈女であられ、
また16年間市会議員を務められた方。

なんとしても精誠を捧げたいと
清平の40修に参加し、周りの反対を押し切って
2度目、真冬の修練会で精誠を捧げられている中、
お孫さんである有恵さんが
信興様の貴い相対に選ばれたとのことです。

3世代家庭ということは大きいですね。
信仰が3世代を通して根付いていくのは、
簡単なことではないでしょう。

やはり、そうやって精誠を積まれたご家庭である、
ということも、お母様の目に留まられた、
ひとつの要因だったのではないか、
そのように思わされます。

神様の願い、父母様の願いに応える
そんな家庭となっていきたい、
入山部長の祈られたポイントも参考にしつつ
「精誠」の生活を心がけていきたいです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

鶴のごとく羽ばたけ天一国へ 天寶決意家庭、初の聖和 《新國夫人、今日聖和式》



200218-20200217.jpg


祝福式の前日、空に鶴の形を見たという
目撃情報が多くあったといいます──

777双の大先輩、
新國田鶴子(にっくに たづこ)さんが、
2月9日聖和されました。

実は、以前証しを紹介したことがあります。
今日は、新國夫人の聖和式ということでもあり、
追悼の意を込めて、改めて紹介させていただきます。


お母様から、「独生女(独り娘)」ということは、
(2016年の)クリスマスの時にお母様から呼ばれて、
天正宮博物館に行ったとき、はじめて聞きました。

かつて、お父様が「独り娘」ということを語られていたので、
特別引っかかったわけではないし、
違和感も不信感も全くないのですが、
ただ、「独生女」という言葉はどうイメージすればいいか・・・
そのような思いがありました。

それで、私はその場で祈ったんです。
「私がお母様の『独生女』という言葉に
確信が持てるよう、
何かしるしを見せてください」
そのように祈りました。

そうしたら、お母様のみ言が終わって、
お母様が立ち上がられて、後ろを向かれた時に、
背後から大きなお父様の姿が映ったんです。

それは幻だったんだと思います。
私がびっくりして、「見て、見て!」
そう叫んだら、周りの人たちは、
「何、何のこと?」
全く意味が分からない、っていう素振りでした。

それでお父様のお姿が最初はものすごく大きかったのに、
だんだんと等身大になってくるんです。
そしたら、『ぱっ』とお母様の体に入ったんです。

でも皆さんお分かりのように、
お父様とお母様の体つきって違いますよね。
お父様の方が身長も体格も大きいです。
それなのにお母様のお体に『ピタッ』と
寸分たがわずに入られたんです。

そしたら、途端に天井から、
黄金とダイヤの光がキラキラと
小さな粒が舞い降りてきました。
たくさん降り注いで、
おこぼれが二つ三つ私のところにも降ってきました。

「見て見て、お母様って凄い!」
みんなに言ったら、また、キョトンとしてました(笑)
本当に清らかで美しく暖かい。。。
そんな雰囲気でした。

私は思いました。
お父様とお母様が一つになった時、降りてきたわけですよね。
だから「この光は神様なんだ」

神様と一つになり、お父様と一つになったお母様。
まさに神様の『独生女』
そう思わされたんです。


私たちが東京で路傍伝道をしていますよね。

そのことをお母様に報告する、ということで、
本部の人が写真を撮りに来られました。
ちょうど私が路傍遊説しているところです。

お父様ののぼりがありますよね。
お父様が私のほうを向いているような感じで、
そこで私が遊説しているところを撮っていただいて、
それを拡大して(本部の人が お母様の許に)持って行ったんです。

実際にはたくさんの写真をもっていかれたんですけど、
お母様はその(私の遊説中の)写真にサインをしてくださいました。

おそらく、お父様が大きく映っているから、
それでサインされたのだと思いますけれど、
「ウリヌンハナダ」とサインしてくださいました。

一つになれば奇跡が起きる!
今、世界中でいろんなことが起こっていますよね。
お母様と一つになれば、奇跡が起きるんです。

それで私は感じるのですが、
お母様は昔のお母様と全然違いますよね。
昔はお父様のそばに小さくなって、
寄り添っているような感じでした。

ところが今は全く違います。
お父様がともにおられるのを感じます。
外見は、お母様なのですが、
中身は、お父様というか。。。

そういうお母様に直接侍ることができて、
本当に感謝だな、と思います。



素晴らしい証しを遺してくださり
本当に感謝いたします。

2年ほど前になりますでしょうか。
北千葉教区で、『家庭部長座談会』というものがあり、
そこで講話をしてくださった内容だったのですが、
とても感動したので、記事にさせていただいたのでした。

それが、光言社スタッフの目に留まり、
新國夫人のお話が、
真のお母様を証しする書籍に加わったという
経緯もありました。


2月7日祝福式の時、
ワールドセンターの館内放送で、
「新國田鶴子さんが倒れたので、
渋谷教会の方は、至急お越しください」
とのアナウンスがありました。

うちの教会長も近くの席だったそうで、
担架で運ばれている様子を目にしておられました。

ご主人は聞くところによりますと、
「霊界が必要だから、いったんだ」
そのように話されていたそうです。

鶴は、真のお母様を象徴するものですから、
鶴の瑞雲は、その日の天一国安着の勝利を祝い
祝福式の勝利を、
予兆したものだったのでしょう。

また、ある方は、
同じ鶴の名前をもつ新國夫人と
何らかの関係を感じたといいます。

新國婦人の魂は、今、鶴のように羽ばたいて
いることは間違いないことでしょう。

一度表題にあげましたが、
天寶宣布家庭として参加しておられたということで、
まだ厳密には天寶家庭ではないようです。
訂正いたします。

精誠の生涯に敬愛の思いを込めて、
賛辞をお捧げし、ご冥福、
そして霊界でのご活躍をお祈り申し上げます。

最後に、本部公文を掲載させていただきます。


第1地区南東京教区渋谷家庭教会所属の777双祝福家庭新國田鶴子姉が、
2月9日午前8時22分に、病気のためご聖和されました。
享年 81 歳でした。

新國田鶴子姉は草創期より多くの精誠を捧げながら、
ルーマニア国家メシヤを務められ、
また日本の教会においてもあらゆる分野でご活躍されて、
多くの教会員から慕われる素晴らしい元老家庭として、
教会発展に大きく寄与されました。

ここに生前の精誠とご苦労に感謝し、謹んでお祈り申し上げます。



200218-20200217 (2).jpg





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:16 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする