2020年02月17日

年頭の揮毫の意味 『天寶登載祝福家庭天一国百姓之完成』 百姓(ペクソン)?!



200217-20200207.jpg


基元節7周年関連の記事は、終わり、
と書きましたが、
祝福式の時に紹介されていた
「年頭の揮毫」について、紹介させていただきます。


天地人真の父母様は
歴史的天一国8年、元旦を出発されながら、
次の揮毫をくださいました。

『天寶登載祝福家庭天一国百姓之完成』

天寶に登載された祝福家庭は、
天一国の民の完成である、ということです。

私たちに貴い祝福をくださった、
天地人真の父母様に、
感謝の拍手をお願いします。

(司会:ユンヨンホ事務総長)

写真にありますように、
揮毫の最後には、
『天一国八年元旦 天地人真の父母』とあり、
お父様の名前ではなく、真の父母の署名となっています。

また書かれたのは
今年の天の父母様の日の日付になっています。
字はお父様の書のようです。

少し気になるのが、『百姓(ペクソン)』という文字ですね。
実は、日本で解釈するものと、
韓国での解釈は少し違うようです。

私たちは、百姓(ひゃくしょう)=農民
そのように考えますが、
実は、現在はあまり使いませんが
『ひゃくせい』とも読み、
この場合は、
『一般の人民、庶民』という意味になります。

今回、天一国の民、ということで、
国民に対しての意味合いを
以前、大知(おおとも)先生が語ってくださったことがありました。
うろ覚えですが、紹介します。


私たちは、日本人、と言いますけれど、
日本人である、という条件、
国民の条件とは何でしょうか?

それは、血統と文化にあると思います。
日本人である、という血統を持っていること、
また、日本の文化を身に付けている、ということ。

しかし、日本に住んでいながら、
日本人でない人がいます。
例えば、同胞と言われている人。
在日コリアンの人たちです。

日本に長く住んでいながら、
日本の文化は身に付けていますが、
血統は日本ではないわけです。
韓国の血統ですね。

彼らは、韓国に行ったらどうでしょうか。
血統は韓国なのですが、
文化は日本の文化ですし、
言葉も韓国語を話せなかったりします。
どちらの国からも誤解されてしまいます。

そう考えると、天一国、すなわち天国の国民、
それはどのように解釈したらいいでしょうか。

血統は、神の血統、すなわち祝福です。
では、文化というなら、どんな文化でしょう。
そうです、心情文化ですね。

天一国の国民ならば、神の血統を持ち、
心情文化を持っていなければならないのです。

参考:大知先生・心情文化講座
編集・文責:ten1ko2



私たちは、どれだけ切実に
天一国を求めているでしょうか。

神の国、天一国を建設するために、
私たちは頑張っているのですが、
作って終わり、というわけでなく、
そこに入らなければ意味がないわけです。

すなわち、天一国の民、として
ふさわしい者にならないといけない。。。

日本の血統を持ち、日本の文化を身に付けている者として、
どれだけ、天一国入籍のために努力して、
心情文化を求めている私たちでしょうか。

真の父母様は切実です。

父母様が、共に天一国に入る者がいないと
嘆かれて、
天寶という立場を用意してくださいました。

一つの節目、
基元節7周年を勝利で終えましたが、
新たなる7年路程に向かって、
さらに歩み続けているお母様と
一つになっていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

太平聖代の夢、天一国時代の開門! 天寶家庭と天勝殿の奉献?! 《祝福式・祝祷》 



200216-20200208.png


今回の祝福式でのお母様の祝祷、
天地鮮鶴苑(現:天苑宮)におけるみ言、
また、祝勝会の前に行われた天勝殿奉献式、
その様子をお伝えします。


〈祝祷〉

感謝してやまない天の父母様。
天一国八年を迎えながら、
今日この場で祝福を受ける善男善女たちと、
天寶に入籍する家庭たちと、世界の祝福家庭たちが、
霊肉を代身して、ともに参席しています。

特別に今日は、天一国安着を宣布したあと、
真の父母様の四位基台、霊界と肉界の三大圏を通じて、
実体的に四位基台をなし、天一国の明るい未来を
全世界に見せる今日こそ、天の父母様が
どれほど、どれほど、待ち焦がれたでしょうか。

ご自身の限りない、苦労と愛の前に、
真の父母はどうしたらいいのかわかりませんでした。

天の父母様。
これからはあなたが直接治めることができる、
天一国の民がたくさん増えていますので、
天よ、今までできなかった愛を、
今日祝福を受ける、この祝福家庭を通して、
さらに祝福家庭として、責任を果たし、
天寶に入籍できる、誇らしいあなたの天一国の民が
誕生しているので、喜んで受け取ってください。

今日のこの行事に至るまで、
天のご加護と大きい愛の前に、
真の父母は、感謝、感謝、
天の前に栄光を捧げます。

このすべての言葉を
真の父母の名によって、
祝願、宣布いたします。
アーヂュ。


2020 天地人真の父母孝情天宙祝福式
(2020.2.7)

200216-202007.jpg


〈天地鮮鶴苑(現:天苑宮)のみ言〉

私は、天苑団地を中心として、父母様の夢を
一つ一つ成し遂げていくつもりです。
天苑団地において最も中心的に成すべきものが
「天地鮮鶴苑」です。

1960年代まで私たちには基盤がありませんでした。
その時お父様が食口たちに、
「見ていなさい。今に真の父母様に会いに
世界の食口たちが絶え間なく押し寄せてくるであろう。
想像してみなさい」と言われたのです。

私はそのみ旨を成し遂げてさしあげるために
「天地鮮鶴苑」を建設しようと思います。
それを今、私が計画し成し遂げようと思います。

そのような点で、
特に日本がエバの使命を果たさなければなりません。
蕩減復帰しなければならないでしょう?
わかりましたか。
ですから、大変だと考えてはいけません。

皆さんは、私がいるという事実がどれほど重要で、
ありがたく、感謝なことかを
毎日、胸で、皮膚で感じながら、
責任を果たすために全力投球しなければなりません。
(2016.6.1)


〈天勝殿奉献式〉

真の父母様は、天一国の至聖所である天正宮博物館と、
中央庁である天苑宮の間を連結することになる、
天勝門の奉献式を主管してくださいました。

敷地面積1800坪、延べ面積1400坪、地下3階、
地上5階の規模で2018年6月に着工され、外部工事を終えた、天勝殿!
幅20メートル、高さ21メートルの大理石で建てられた天勝門には、
真のお父様の揮毫と、真のお母様の花押の彫刻。

真の父母様を象徴する太陽と月を背景に、天一国国鳥が飛び立ち、
下部の基壇には天一国の人々が太平聖代を祈願し、
民族舞踊と農楽で楽しむ姿が描き出されています。

天勝殿の揮毫を除幕され、聖別してくださった真の父母様は
孝情天苑を中心に繰り広げられる、
天一国太平聖代の夢を描かれ、祝勝会の場に移動されました。

HJグローバルニュース


200216-20200208 (3).png



お母様の祝福式での祝祷を持って、
祝福式と特別恩赦の完了がなされました。
祝福を受けたカップルだけでなく、
新郎新婦姿の天寶家庭(決意家庭を含む)への
祝祷でもありました。

また、今回、天寶家庭を捧げましたが、
2023年予定の天苑宮の完成とともに、
天寶家庭以外には、天正宮博物館には、
入ることができなくなるわけです。

その分岐点を示す意味で、
天勝殿を建立されたのだと思います。

内的な勝利圏を土台として、
外的な変革もなされていくのですね。。。

基元節7周年を中心とした
様々な行事の報告は、
いったん終了させていただきます。

今まで読んでくださり、ありがとうございました。



200216-20200208 (2).png


にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

(祝福の証しと感想) 5つの小さなストーリー Happy blessing 2020 !!



200215-20200207.jpg


今回の祝福式は、日本から2000名のメンバーが参加しました。
以前もお伝えしましたように、
1カップル1カップル、様々なドラマがあったと思います。

今回は、5名の方の証しを紹介させていただきます。


祝福式当日、印象的だったのは、
子供のカップルのところに親が来て、
子供自身以上に親が喜んでいる姿をたくさん見たことです。

その姿を見て、天の父母様も
この親が子供たちカップルを見て喜ばれるように、
私たちの祝福式全体の様子を見て
喜ばれているということを強く思いました。
祝福二世 20代女性


印象に残ったのが、文信出様と張智堣様の手紙でした。
本当に私たちの、二世の新しい祝福家庭の心情を
代弁してくださったと感じました。

「足りない者だけれど、最善を尽くす、
 相対者と共に支え合って歩む」。
まさに私たちにとって必要な歩みであるなと感じ、感動しました。
祝福二世 20代男性


祝福式当日は朝1時半に目が覚めて眠れなかったのですが、
相対者はヘアメイクをしながら眠らずに準備しているのだと思うと、
頑張って欲しいという純粋な思いが湧いてきて涙が溢れてきました。
将来、子供が生まれる時もこんな心情なんだろうと思いました。

祝福を受けた私たちは、真の父母様の「またとない愛」を受け、
この愛の懐に早く全人類を帰す使命があるのだと感じました。
祝福二世 20代男性


私は祝福が今回で4回目になります。
祝福の行事一つ一つが、苦しく、辛く、寂しい思い出しか残っていません。
み旨を歩んでも、祝福を受けたいとは思えませんでした。

しかし、ビジョン2020に、天の父母様と真の父母様に
お喜びを返したいと歩む中、バザーで両親を祝福に導くことができ、
少しずつ心情が変化しました。

祝福を受けることになりましたが、昔の嫌な思いが湧いてきて、
やっぱり難しいかなと思いました。

前日の講義を受けて「感謝の平常心、何があってもOK、OK」
という話を聞いて心情が転換されて、
初めて喜んで祝福を受けることができました。

お母様の祝祷は本当に感動しました。
神様は本当にあきらめないのだと改めて思いました。
一世 50代女性


特に、聖酒式が感動的で、聖酒の器をこの手に取った瞬間、
私の絶対善霊の方々が泣きながら喜んで、私の背後にいらっしゃり、
そのご先祖様の背後に泣きながら喜んでくださる
神様がいらっしゃいました。

不足な自分を導き神の子女にすべく、
愛し続けてこられたことを感じ、
涙がずっと溢れました。

ともかく終始感動的で、親なる愛を
全身でいっぱい感じながら
血統転換させていただいたことに感謝いたします。
一世 20代女性


200215-20200207 (2).jpg



「子供以上に親が喜んでいる」

これはうちの教会でも同じです。
カップルと家族の写真を見ても、
新郎新婦、当事者よりも、
親の方がとても嬉しそうなんです。

先日、教区の会議で、祝福に携わった証しを、
それぞれ報告する時間があったのですが、
息子さんが式典に参加したある家庭部長さんは、
自分の教会の証しをするのを忘れて、
子供が受けたことに感無量で、
胸いっぱいになっているようでした。

そう思うと、背後の神様、
そして、真の父母様は、どれだけ
喜ばれているのだろう、
そのことを感じます。

家庭部長さんたちの苦労も
今回の新郎新婦の姿ですべて報われたことでしょう。

また、子女がいれば悲喜こもごもあるわけですが、
祝福家庭の夫婦の中でも、お子さんがおられない
家庭もあります。

ご自身の家庭においては、
祝福に取り組むことができないわけです。
本当に公的な立場で、ほかの家庭の子供たちの
祝福を喜んであげる。。。
これはどれほどのことか、と思わされます。

本部のスタッフたちも
不眠不休の中で準備をしたり、
面接をしたり、本当に投入しておられました。

様々な土台の中で、今回の祝福式があった、
そのことを忘れないでほしい、と強く思いました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:03 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする