2020年02月15日

(祝福の証しと感想) 5つの小さなストーリー Happy blessing 2020 !!



200215-20200207.jpg


今回の祝福式は、日本から2000名のメンバーが参加しました。
以前もお伝えしましたように、
1カップル1カップル、様々なドラマがあったと思います。

今回は、5名の方の証しを紹介させていただきます。


祝福式当日、印象的だったのは、
子供のカップルのところに親が来て、
子供自身以上に親が喜んでいる姿をたくさん見たことです。

その姿を見て、天の父母様も
この親が子供たちカップルを見て喜ばれるように、
私たちの祝福式全体の様子を見て
喜ばれているということを強く思いました。
祝福二世 20代女性


印象に残ったのが、文信出様と張智堣様の手紙でした。
本当に私たちの、二世の新しい祝福家庭の心情を
代弁してくださったと感じました。

「足りない者だけれど、最善を尽くす、
 相対者と共に支え合って歩む」。
まさに私たちにとって必要な歩みであるなと感じ、感動しました。
祝福二世 20代男性


祝福式当日は朝1時半に目が覚めて眠れなかったのですが、
相対者はヘアメイクをしながら眠らずに準備しているのだと思うと、
頑張って欲しいという純粋な思いが湧いてきて涙が溢れてきました。
将来、子供が生まれる時もこんな心情なんだろうと思いました。

祝福を受けた私たちは、真の父母様の「またとない愛」を受け、
この愛の懐に早く全人類を帰す使命があるのだと感じました。
祝福二世 20代男性


私は祝福が今回で4回目になります。
祝福の行事一つ一つが、苦しく、辛く、寂しい思い出しか残っていません。
み旨を歩んでも、祝福を受けたいとは思えませんでした。

しかし、ビジョン2020に、天の父母様と真の父母様に
お喜びを返したいと歩む中、バザーで両親を祝福に導くことができ、
少しずつ心情が変化しました。

祝福を受けることになりましたが、昔の嫌な思いが湧いてきて、
やっぱり難しいかなと思いました。

前日の講義を受けて「感謝の平常心、何があってもOK、OK」
という話を聞いて心情が転換されて、
初めて喜んで祝福を受けることができました。

お母様の祝祷は本当に感動しました。
神様は本当にあきらめないのだと改めて思いました。
一世 50代女性


特に、聖酒式が感動的で、聖酒の器をこの手に取った瞬間、
私の絶対善霊の方々が泣きながら喜んで、私の背後にいらっしゃり、
そのご先祖様の背後に泣きながら喜んでくださる
神様がいらっしゃいました。

不足な自分を導き神の子女にすべく、
愛し続けてこられたことを感じ、
涙がずっと溢れました。

ともかく終始感動的で、親なる愛を
全身でいっぱい感じながら
血統転換させていただいたことに感謝いたします。
一世 20代女性


200215-20200207 (2).jpg



「子供以上に親が喜んでいる」

これはうちの教会でも同じです。
カップルと家族の写真を見ても、
新郎新婦、当事者よりも、
親の方がとても嬉しそうなんです。

先日、教区の会議で、祝福に携わった証しを、
それぞれ報告する時間があったのですが、
息子さんが式典に参加したある家庭部長さんは、
自分の教会の証しをするのを忘れて、
子供が受けたことに感無量で、
胸いっぱいになっているようでした。

そう思うと、背後の神様、
そして、真の父母様は、どれだけ
喜ばれているのだろう、
そのことを感じます。

家庭部長さんたちの苦労も
今回の新郎新婦の姿ですべて報われたことでしょう。

また、子女がいれば悲喜こもごもあるわけですが、
祝福家庭の夫婦の中でも、お子さんがおられない
家庭もあります。

ご自身の家庭においては、
祝福に取り組むことができないわけです。
本当に公的な立場で、ほかの家庭の子供たちの
祝福を喜んであげる。。。
これはどれほどのことか、と思わされます。

本部のスタッフたちも
不眠不休の中で準備をしたり、
面接をしたり、本当に投入しておられました。

様々な土台の中で、今回の祝福式があった、
そのことを忘れないでほしい、と強く思いました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:03 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする