2020年03月22日

(証し)どん底に落ちた時、夢でお父様に励まされた! 〈史吉子先生〉



10407835_411509805666090_6511305102461897421_n.jpg


昨年聖和された史吉子先生の
『原理に関するみ言の証』
からのピックアップです。

史先生は、いわゆる梨花女子大事件で
統一教会の信仰を続けたために、
退学させられました。

肩書きもない立場で、
『落伍者』となってしまったと思い
そうとう悩み落ち込んでいたそうです。

そのときにお父様の夢を見たといいます。


私がそのように悩んでいたら、
お父様が夢に現れました。

退学させられた14人が
山でお父様を囲んで座っていたのですが、
私が悩んでいることをお父様が知って、
おっしゃるには

「私があなたたちにお金や学識を願わない。
あなたたちにはこの世の中で
一番純潔な純粋さと愛がある。

あなたたちは先生がすることに対して、
批判することを知らない。
あなたたちには全然批判する影さえもない。

私のすることは何でも信じてくれて、
何でも当然だと思って、
何でもついていこうとする従順な心がある。

その従順な心が、
この世の中の何よりも貴いものであることを知りなさい」

と言われました。

その夢を見てからは、
「やっぱりそうだ。
私たちが教授や大臣ではないといっても、
私たちにはお父様に対して
無条件に従う信仰がある」
ということを考えるようになりました。

(第8章 アダムの家庭、ノアの家庭 より)


史吉子先生の夢。
実際のお父様が話されているような、
リアルな夢ですね。

私達食口の、「誇り」というか、
「貴い」なと感じるところは、
素直さ、純粋さ、そして従順な姿、
なのではないかと思います。

史吉子先生など、
梨花女子大に通っていた大先輩たちは、
学校側の迫害により、
退学させられてしまいました。

また、昔の先輩たちは、み言に出会って、
大学を卒業する前に献身するため、
中退する人が多かったそうです。

まさに純粋さ、従順な心を
先立たせた結果だと思います。
どんなに実力があっても、
素直さを超えるものは何もないと思います。

天一国時代になって、
「天一国主人」より主体性を求められる時を迎えました。
しかし、あくまでも
お父様ご自身が認めてくださっているように
縦的信仰と、従順な心が土台であると思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


史吉子(サ キルジャ)先生:
  韓国本部教区天福宮教会所属、36家庭(3双)。
  天一国7年天暦7月20日(1919陽.8.20)午前7時50分に聖和。
  享年87歳。
  1954年入教、1955年5月11日いわゆる梨花女子大事件で強制退学。
  1960年4月16日、劉孝元先生と3双の祝福を受ける。



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:23 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする