2020年04月15日

独生女のみ言が、真の父(独生子)と違っているように見える理由?! 根は一つの神様



200415.jpg


教理研究院の
「独り子のみ言と、独り娘のみ言について」
から抜粋して紹介します。


今回は「真理≠ニは何か」について
真のお父様のみ言から考察してみます。

独り子(文鮮明総裁)が語られるみ言と、
独り娘(韓鶴子総裁)が語られるみ言は、
いずれも神から出てきているみ言であり、矛盾はありません。

しかしながら、矛盾しているのではないか≠ニ考える人もいることから、
以下、この問題について論じてみることにします。


復帰摂理の中で、神のみ言が最初に授けられたとき、
モーセの十戒のみ言は二枚の石板≠ノ記されたのでした。

「み言によって創造されたアダムとエバは、
 完成したならば、み言の『完成実体』となるはずであった。

 ……み言を記録した二つの石板は、
 復帰したアダムとエバとの象徴体であって、
 将来、み言の実体として来られるイエスと聖霊とを象徴した」

(『原理講論』372ページ)


二枚の石板は、将来の「実体み言」であられる天地人真の父母様、
すなわち「真の父」(独り子)と「真の母」(独り娘)のおふたりを表しており、
両者から神のみ言が語られることを示しています。

その場合、神が顕現されるときに男性的に現れることもあれば、
女性的に現れることもあるように、
み言が語られるときも男性的に語られることがあれば、
女性的に語られることもあるのです。
表現のしかたが異なるのです。

ただし、唯一なる神から出てくるため、そこに矛盾はありません。

真のお父様は、男性と女性との違いについて、
次のように語っておられます。


男性と女性は、そもそも
合うようにはなっていないのです。
愛しながら合うようになっているのであって
……それが原則なのです。

見てみなさい。(男性と女性は)顔をみても違うし、
身体をみても違うし、食べるのをみても違います。
……みんな違います。

それを男性と女性が合うと考えるのがいけません。
……合うのはむずかしいのです。
愛することによって合うのです。
……それが神の創造の傑作です。

完全に合わないようになっているのが、
完全にひとつになるようになるのは、
愛することによってです。

……そうでしょう。
夫婦になるには、愛がなければなりません。
愛した夫婦で通じるのです。

(『祝福』1976年秋季号32ページ)


私たちは、独り子(男性)のみ言、
および独り娘(女性)のみ言と対するとき、
それらに真摯に接し、相和合させて捉えていかなければなりません。

すなわち、言葉(み言)それ自体が真理ではありません。
どこまでも「最終一体」となられた真の父母様こそが真理なのです。

したがって、言葉の揚げ足取りをするかのように、
その語られたみ言を批判的に捉えようとしてはなりません。

私たちは、表面的な言葉にとらわれすぎてはならず、
その本質的な意味を「原理」に照らし合わせて酌み取る
努力をしなければなりません。

真のお父様は「天地人真の父母定着完了」を天宙に宣布するとき、


「あなた方も批評をせず、
 『この言葉どおりに一度生きてみたい』と考える人が、
 福を受けて生きることができる」


(「KMS中和新聞」2012年4月27日号)

と語っておられます。

私たちは、このお父様の忠告に従って、
両者の真理である「実体み言」に侍って生きようとする
謙虚さを持つ必要があるのです。


私たちは、二千年前にイエス様が語られたみ言につまずいた
ユダヤ教指導者のようであってはなりません。

彼らは、イエス様のみ言の本質を見ず、
言葉尻ばかりを捕らえようとしたのでした。

「律法学者たちや祭司長たちはイエスに手をかけようと
 ……機会をうかがい、義人を装うまわし者どもを送って、
 イエスを総督の支配と権威とに引き渡すため、
 その言葉じりを捕(とら)えさせようとした」
(ルカによる福音書二〇章19〜20節)

彼らのように言葉尻を捕らえ、批評ばかりするなら、
永遠の命に至ることはできないでしょう。

  なお、これらの内容を総合的に理解し把握するためには、
  「真の父母様宣布文サイト」の掲載文や映像をごらんください。
    http://trueparents.jp/

抜粋編集、文責:ten1ko2

教理研究院
四、真理のみ言は、「真の父」と「真の母」から出てくる
(2)独り子(男性)のみ言と、独り娘(女性)のみ言について
※『世界家庭』(天一国7年天暦12月)2020年2月号より転載
(Blessed Lifeより)


お父様のみ言って深いですよね。
「男と女は合うようにはなっていない。
愛することによって合うようになっている」

もともと一つだったのですから、
それが分かれただけなのです。

そういう意味では、神様のもう一つの部分を
表現してくださる、独り娘、お母様が
み言を示してくださっていることが感謝です。

私たちはみ言を通して、
この世界は地上世界だけではなく、
永遠の世界、霊界があることを知りました。
霊界を知らなかったら、どんな人生だったか、
そのことを考えると空恐ろしいです。

霊界と地上世界、二つが合わさって
天宙であるように、
真のお父様のみ言と、真のお母様のみ言は、
二つで一つの真理を表わしています。

壮大な真理を表わすために
み言があるわけですが、
み言の一部、一面だけ見ていたら、
地上の現実世界しか見ずに
永生の世界を知ろうとしないのと同じように、
真理の全面を見ることができないでしょう。

真のお母様を通して、
もう一つの石板(み言)が現れたというのは、
本当に素晴らしい時代が来た、ということを
私たちははっきりと知らなければならないと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

*名称変更パート3* お母様のみ言葉を曲解する人たちの思考回路 《田中地区長》



200414.png


田中地区長(副会長)のメッセージ
「お母様の発表した名称変更に
違和感をもつ人へ」の最後になります。


お母様のメッセージの新しい(名称について)
もちろん世界平和統一家庭連合に、
ようやく名称変更できたところですから、
すぐに名称変更できるわけではありませんけども、

私たちの世界平和統一家庭連合のメッセージが、
この運動体は家庭を理想として
家庭の秩序から平和を考えるんだな
ということを多くの方々に理解して頂くには、
素晴らしい名称であったと思います。

また、私たちが氏族メシヤを
目指していくにおいても、非常に重要であります。

ただ、その一番の核心である中心軸に、
私たちは神様を中心とする運動体であり、
その父母は、神であり、
その父母の見える形として来られたのが、
真の父母である。

ここに独り息子(独り子)、独り娘の
明確な概念が生まれてくる。。。

このことを私たちは万民の前にストレートに発信するには、
「天の父母様教団」といいましょうか、
「天の父母教」というのか、なかなかストレートな
メッセージだなということを改めて感じています。

この名称をあえてお母様が発信された背景を、
私たちはよく理解しておかなければなりません。


まさに今、宗教が一つになっていく道は、
共通の父母がいるということをいかにとらえていくか、
これは大きな問題であります。

兄弟がどんなに喧嘩していても、
もしそこに共通の父母をとらえているならば、
兄弟どっちが正しいかということを論じ合うよりも、
論じ合い、喧嘩し奪い合う、あるいは裁き合う、
そんな姿を見つめる心痛める父母がいるということを、
先に知った者が身を引くしかない、
むしろ父母の心を中心として平和を考えていく、
これが私たちの大きな平和運動であります。

しかし残念ながらお父様が聖和された以降、
この「天の父母様」という言葉も、抵抗する勢力はありますし、
ネットで批判を流す者たちもいます。

200414 (1).png

これは私がパソコンで2時間もかけて描いた絵ですが、
いじめガエルがいじめられガエルをいじめている。
そして今にも落ちそうになっているのを見て、
お魚さんが「あっあぶない!」と叫んでいるという。

どう見ても、いじめているようにしか見えないのですが、
実はこれは、絵の一部なのです。


200414 (2).png


ドンと押して池に突き落とそうとしているように見えたのは、
上から落ちてくる果物から守ろうとしている、
そして、お魚さんが「あぶない」と言っているのは、
下に落ちるのが危ないのではなくて、
果物に「ぶつかる!」と叫んでいる。。。

「プチ哲学」より


見る視点を変えれば、あるいは見方を変えれば、
まったく同じものが、全然違って見える、
このことを私たちは自覚しておかなければなりません。

「お母様が間違っている」
「ああ、お母様はお父様の教えと違うことを言っている」
という視点だけで物事を見ていれば、
いじめガエルはどんな時もいじめガエル、
そんないじめガエルが助けるわけがない、
こんな視点から見ていれば真実が見えない。

私たちは常に摂理の全体像を俯瞰しながら、
お母様のメッセージ一つ一つを理解していく、
こんな姿勢が改めて問われていると感じています。

さてこのように新しいお母様を前面に出した
私たちの運動体にならなければならない。

特に宗教界に向かっては、
神様が天の父母であることを
しっかり教え宣言してほしいというのが、
お母様の願いであることを、
メッセージを通して、強く感じております。

第1地区 田中富広地区長 激励メッセージ
 VOL5.(4月6日) より


お母様は、コロナの問題もあり、
自己中心的な思いや、人間を中心とした制度等々では
限界であると、おっしゃいました。

それらを、変えなければならない。
そのためにも、
神様を正しく、はっきりと知らなければならないので、
教会の名称変更をされたのです。

また、なによりも神様が、
「天の父母様」と呼ばれたいと願っておられる。。。

「孝子」の中の孝子、「孝女」の中の孝女である
真の父母様は、父母である神様の願いを
果たそうとされているのだと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

絶妙な答えが返って来る「良心との対話」  カップ麺はいい悪い? 《自己牧会PG》



200413-cupmen.jpg


「自己牧会プログラム」の証し。
今回は、「良心は裁かない」です。


「自己牧会プログラム」には
「良心との対話」のワークがあります。

何かを否定している時、
嫌な気持ちに襲われた時、
迷った時など、
このワークをしながら良心に問い掛けると、
時としてお茶目で、思いがけない答えが
返ってくることがあります。

私はカップ麺が大好きで、
職場での昼食も毎日のようにカップ麺です。
するとある時、同僚から
「健康に良くないよ」と注意されてしまいました。

大好きなカップ麺を否定され、心穏やかでなくなった私は、
「良心がいいと言えばOKだ」と
自分に言い聞かせ、尋ねてみました。

「食べてもいいですか?」

すると、なんと「いいよ」
という答えが返ってきたのです。
「駄目」と言われるかと冷や冷やしていたので、
うれしくなりました。

ところがその一方で、
「本当にいいのかなあ」という思いも拭えないのです。
体に良くないことは分かっていましたから。

そこで念のために、
言い方を変えてもう一度尋ねてみたのです。

「食べない方がいいですか?」

良心の答えはこうでした。
「その方が、もっといいね」

この答えには参りました。

もし最初から頭ごなしに「駄目だ」と言われたら、
反発していたでしょう。
「二度と尋ねないぞ」
という思いにもなったかもしれません。

良心は決して私を裁かないし、否定しません。

私を生まれた時から見てきた良心ですから、
どのようにしたら私が受け入れやすいかをよく分かって、
絶妙な答えを返してくれるのです。

良心と一緒に楽しむ時間をもたなければなりません。
……(良心と)最も親しい友人になってみなさい
(『後天時代と真の愛の絶対価値』)
というみ言をかみしめる日々です。

(男性 50代)
良心は裁かない
Blessed Lifeより


なんとも素朴な生活感のある証しでした。。。
心の中で納得のいかない時、
自分の心、良心に尋ねるくせを持てればいいのかな、と思いました。

私も兄弟姉妹との授受作用、中心との会話で、
納得のいかない答えが返ってきたとき、
自分の感情で判断しないで、
すぐに祈るように心がけています。

良心は、小さな神様、第2の神様、
そして、私だけを担当する神様です。
良心を研ぎ澄ませていきたいですね。。。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:31 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする