2020年05月07日

人のせいにしていませんか?! 陥りやすい、堕落アダム・エバの心理 《入山部長》



200507.jpg

STAY HOME!☆☆☆
新型コロナウィルスの
終息を心からお祈りします☆


入山部長の『地域化講座』3回目です。


復帰摂理は、アダム家庭から始まりました。

しかし、神様はアダムとエバを
アダム家庭の中心人物に立てることができませんでした。
なぜでしょうか? 

それは、アダムとエバが「善悪の母体」になってしまったからです。

「善悪の母体」とは、どういう状態なのでしょうか?

神様がアダムを創造したという事実は、
アダムが堕落したとしても変わりません。
アダムは本来、神様のものです。

しかし、アダムが堕落することによって
神様の血統を失いました。

W神に対する心情を失うようになり、
サタンの血統を受け継いだのです
W
(参照、『原理講論』557ページ)

これは、血統と心情がつながっていることを教えています。


以後、アダムおよびその堕落の血統を受け継いだ人類は、
良心と邪心の二つの心の葛藤に苦しめられるのです。

本来、神様のみに対応して生活する立場、すなわち、
神様の声だけが聞こえる立場であったのに、
堕落することでサタンの声も聞こえてしまい、
それを無視できない、
中間位置≠ノ置かれるアダムとなりました。

これが善悪の母体という状態なのです。

神様の事情が頭では理解できても、心はサタンに近かったのです。
自己中心に傾くと、神様の気持ちより、
サタンの気持ちのほうがよく理解できるのです。


アダムとエバの二人には、自らの堕落行為に対して、
「自分のせいではない」と自己正当化したい思いがありました。

そして、自らの行動の結果に対して自分の責任だと受け止めきれず、
「神様(親)のせい」あるいは、
「サタンのせい」だと責任転嫁したのです。
それが「恨み」です。

それは、サタンとなった天使長ルーシェルと
まったく同じ心理構造です。


このような状態では、神様はアダムとエバを
復帰摂理の中心に立てることができませんでした。

もし、アダムとエバが堕落したのちに、
自分の取った行動とその結果に対して、
自分の責任だと受け止めて、「悔い改める」ことができたならば、
そこに救いの余地が生まれ、
人間の責任分担を取り戻す、復帰の摂理が
より容易に展開されていたことでしょう。


今日の私たちも、これとまったく同じ
信仰課題を抱えていることがあります。

頭では、神様の事情が分かっていても、
心は、自分の事情でいっぱいになり、
自分の行動の結果を受け止めきれず、
自己正当化と責任転嫁に満ちて、
恨みを持ってしまっているとしたなら、
それこそまさしく、神様の前に「善悪の母体」となった
アダムとエバと同じ姿なのです。

それでは復帰摂理の中心人物に立てません。

『地域化講座〜地域づくりは国づくり〜
天一国時代の伝道論』(3)
入山聖基・著
第一章 カインの祭物
善悪の母体


今回は、アダム家庭の復習のような内容ですので、
皆様もだいたい理解されていると思います。

ただ、これまで私たちは、復帰摂理の中心人物の
立場から、復帰原理を勉強してきましたが、
摂理の前段階としての
中心人物になるかならないかのポイントを、
とてもわかりやすく説明してくださっています。

「血統と心情がつながっている」
これは、もどかしい事実です。

つまり堕落した私たちは、サタンの血統につながっていて
祝福を受けたとはいえ、もともと
神様の心情とかけ離れていること、
このことを認識しなければなりません。

そして、祝福で血統が変わった立場であるので、
神様の心情とつながっているのだ
という観点で、肯定的に、主体的に、
責任を取っていく、そういう心情が必要だといえます。

「このようになったのは、アダムとエバのせいだ」
と責任転嫁しがちではないでしょうか。

また、親のせいにし、環境のせいにし、
社会のせいにし、中心者やアベルのせいにして、
自分だけが正しいと思い、
そのくせ責任は取ろうとはしない。。。

入山部長の言われるように、
私が、沸き上がる感情や、問題を
人のせいにしている限り、
復帰摂理の中心人物に立つことができない、
すなわち、「神様が私を摂理できない」
ということになるのだと思います。

「私の責任」
という思いを自分自身が
持つか持たないか、それが
「私の摂理の分水嶺」なのです。

とても簡単なことのようですが、
受け入れるか受け入れないか、
これは人生をかけた戦いであるとも言えると思います。

続きをお楽しみに。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)