2020年06月27日

私だけが祝福を受けたと喜んではいけない 誰かが犠牲になっている 《入山部長》



200627-Adam_and_Eve_expelled_from_Paradise.png


入山部長の地域化講座。
「カインの祭物」より、
『犠牲と護(まも)り』を紹介します。


カインとアベルは摂理的な運命共同体の関係です。

二人は同じ摂理的目的の中にありました。
摂理的には一つにつながっているのです。
カインのないアベルもなく、アベルのないカインもありません。

すなわち、「供え物を受け取られた」アベルと、
「受け取られなかった」カインは、
摂理的には一つにつながっていました。

(蕩減)条件のない復帰はないのが蕩減復帰原理であるがゆえに、
神様は無条件にカインの祭物を受けることはできませんでした。
しかし、もし何らかの(蕩減)条件があったなら、
神様がカインの祭物をも取られ、
祝福されるというシーンが準備されていたのです。


結局、アベルは死に、カインも殺人者として
霊的に死人と同じ立場になりました。
摂理的には、二人とも死んだのと同じ立場になってしまったのです。

二人の関係は、どちらかが勝利して、
どちらかが敗北するというものではありません。

二人が一つになってこそ、共に生きる道が開かれるのです。
そして、一つになれなければ、
二人とも死んでしまうという、運命共同体だったのです。


神様の摂理には、犠牲と護りが表裏一体となって現れます。
アベルが天から護られ、祝福されて有頂天になっているときに、
カインは否定され、犠牲となる立場に立たされていたのです。

それはカイン自身の罪ゆえでなく、
アダムとエバという堕落した父母の罪の蕩減ゆえであり、
「悪の表示体」という摂理的立場のゆえだったのです。

「カインは愛の初めの実であるので、
 その最初のつまずきであった天使長との愛による
 堕落行為を表徴する悪の表示体として、
 サタンと相対する立場に立てられた」

(『原理講論』292ページ)


「天運守護」という言葉があります。
これは天の祝福があるところには天運があり、
天運があるところには護りがあるということを意味しています。

ですから、天の祝福を受けられないということは、
「護られない」ということです。

それは、先祖の罪の蕩減のままに
すべての苦痛を受けなければならないということです。
病気、事故、怪我、人間関係の不和、
強い悪の誘惑に遭うというような、
悪い因縁から来る運命的な苦労が色濃く現れるのです。

ここに、「サタン世界で生きる苦しみ」があります。


同じ父母から生まれた兄弟であっても、
摂理的家庭においては、その摂理的立場によって、
受ける蕩減の内容は同じではなく、
その違いがよりはっきりと現れるということを意味しています。

誰かが天の護りを受けているとき、
その裏で誰かが犠牲になっている。
私が否定され、犠牲になっているとき、
その表で誰かが護られている。

このような現象が、
皆さんの兄弟姉妹や親族に現れていませんか?


蕩減が強く現れた人は、親族から嫌われたり、
(うと)まれたり、
裁かれたりする対象になっているかもしれません。

より善に対する強い意識を持っている私たちが、
蕩減の先鋒(せんぽう)に立っている可能性もあります。

しかし、親族と私たちの両者が、
摂理的につながっているとしたら、どう思いますか?

そんなことも知らずに、
ただ私だけが天の祝福を受けたと喜んでいる──。
それでは、アダム家庭における
アベルの姿とまったく同じなのです。

復帰の摂理の中では、誰かが天の護りを受け、
神様の祝福を受けている裏で、誰かが否定され、
犠牲になっているのです。

『地域化講座〜地域づくりは国づくり〜天一国時代の伝道論』(7)
入山 聖基・著

第一章 カインの祭物
犠牲と護(まも)り


犠牲と護り、このことを
しっかりと心に留めなければ、
と思わされます。

私が恩恵を受けているとき、
自覚がなかったとしても、
天の護りとは遠い立場で、
犠牲の中にいる親族を
思っていくべきでしょう。

また、私自身がいわれのない苦労をしている時、
代わりに恵みを受けている食口たちが
いるのかもしれません。

これが、誰かの護りとなり、
真の父母様と摂理のための
捧げものとなることができれば
感謝と思い、日々わずかながら
精誠を捧げていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2020年06月26日

自分の動機からの転換は難しい?! 外的な恨と天の恨 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



181109 Luke04b Doré.jpg


李ヨハネ先生のみ言、「本性の恨(ハン)」の3回目です。


  難しい内的な転換

イエス様の生涯を通して、その当時の周辺を見渡してみると、
食べる物のために貧しかった人々もいましたが、
イエス様はより心霊の貧しい人を探そうとされました。

外的な出来事(いやし)により一つになったなら、
内的にも転換されることを望まれたのですが、
外的な恨(ハン)が解かれるとおしまいになってしまったのです。

それにより、自分たちは恨が解かれたと錯覚し、
主のもとを離れていきました。

これを一段階転換することは大変です。
内的に転換することが、本当に難しいのです。

 
私たち牧会者たちもみ言に感銘を受けて牧会をしてみると、
外的に流れてしまい、内的に深く入っていけないことがあります。
すべて外的に進みます。

イエス様当時、イエス様から病気を治してもらい、
恨が解かれたといって、イエス様のそばを離れた人たちがいました。

今日、牧会者たちが内的に復興させてあげることができず、
外的な環境圏内で苦しんでいる人たちも、
それと同じだと見ることができます。

これは本当にもどかしいことです。
これでは、結局方向が違ってきます。
自分中心に自分の環境圏内での恨が解けたことが
すべてだと錯覚してはいけないのです。


今日キリスト教は、イエス様の恨を探し出すことができません。

彼らの救いに対する考えは、
自分の罪悪と重荷が下ろされると、
主の前に感謝することで終わったと思うのです。

もう一段階深く入って、救ってくださったかたの、
言うに言えない恨を探し出すことができません。

人は信じて行って、よいと思われる段階に到達すれば、
そこで定着してしまうのです。

「ある職場に勤めることになりました」
「ある教会を任されました」。

ここからもっと深く入っていくことができません。
転換ができません。


日本にいる食口たちから、
「今日までの重荷を下ろしてあげ、
家庭に平和をもたらすことまではしてあげました。
ところが摂理的な段階に引き上げる転換が難しいのです。
これをどうしましょうか」
という質問を受けたことがあります。

「どうすれば、仏教信仰からキリスト教信仰に、
キリスト教信仰から真の父母を信じる信仰の段階に
成長させてあげられるでしょうか」。
これが大変なことなのです。

なぜなら初めの段階で、各家庭で
生活改善することは易しいのですが、
その次にキリスト教信仰を話し、
私たちの原理を通した真の父母への信仰に
転換させることは、難しいことだからです。

『生活の中の心情復活』
(『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題)
第三章 復帰人の本性「本性の恨」   
1985年4月23日(火)
統一神学校
(この説教はチャペルの時間に語られたもの)


昨日紹介した自己牧会プログラムの証しも
そうですが、
教会に導かれてくる人は、
最初は自分の動機で来るのではないでしょうか。

み言を聞き、実践し、神様の愛に触れることを通して、
公的に歩んだり、貢献することを通して
そういうことが積まれていって、
だんだんに、動機が転換されていくのでしょう。

ようするに精誠をつめばいいのですが、
なかなかできません。

自己牧会プログラムは、大きな精誠や
苦労をしなくても、
良心を通じて直(じか)に
神様の心情に触れていくので、
動機の転換も早いのでしょう。

私たちの一人一人の課題は、
堕落性や罪に根差しているので
一朝一夕には解決できないかもしれません。

ただ、今は、創造本性に働きかける時代。
祈りで神(天の父母)様と通じ、
私たちの良心を引き出し、
喜んで真の父母様を証していく時なのかと思うのです。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

対人関係にトラウマ、笑顔を忘れた私が、嫌で仕方なかった自己牧会プログラムで…!



200625-20200513.jpg


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「嫌で仕方なかった自己牧会プログラム」です。


私はみ言を聞いてから14年の間、
ずっと天の父母様を遠くに感じていました。

人間関係で傷ついた過去があり、
人と会うのが恐くて伝道活動はできない、
皆と会うのは苦しくて嫌、
誰とも話したくないと思っていました。

いつしか私は笑わなくなり、もう教会を
やめさせてほしいと思うこともありました。
それでも教会を離れることができなかったのは、
「罰が当たる」という思いからでした。

そんな私の心のよりどころは、楽しいこと、うれしいことを
考えながら、空想や妄想の世界に浸ることでした。

教会のスタッフからは、「空想や妄想の世界に入り込まず、
今を生きてほしい」と指導されるのですが、
これをなくしては、本当の自分ではなくなってしまうと、
かたくなに拒んでいました。


2017年、教会で「自己牧会プログラム」の
取り組みが始まりましたが、
私はそれが嫌で仕方ありませんでした。

なぜなら、自分自身と向き合わなければならないからです。
私の中でふたをしてくぎを打ち、コンクリートで固めて
奥に押し込めた思いを開けることが苦しかったのです。

「私には良心がない。良心がないのでやってもムダ」
ということを証明しようと、携帯電話やパソコンで
オンラインの心理テストを受けるのですが、
どのテストも「異常なし、あなたは正常」という診断でした。


やがて、婦人部の皆が「自己牧会プログラム」を通して
美しく輝くようになりました。

それがまぶしくて、「ここにいられない」と思いました。
しかしその一方で、うらやましいとも感じたのです。

それで、義務感・使命感からではありましたが、
私も「自己牧会プログラム」のワーク(祈り)に取り組むようになりました。


初めて「私心をなくす」ワークを教えていただき、
導きに従ってワークをしていた時のことです。

「椅子に座って礼拝を聞いている私も、本当の自分とは
何の関係もありません」という導きの言葉に、
「え? ここにいる私は何?」と驚きました。

アニメで、ロボットが壊れてシュルシュルシュルと
煙を出しているみたいに、私の頭も煙を出し、
「思考停止」「思考停止」と言っていました。

その後、2回目のワークで、自分の頭を占領していた思考が
ドサーッと一気に落ちたのを感じました。
分厚い壁が崩れ、心がすっきりしました。


それからは、婦人部の皆と会いたい、教会に行きたい、
皆は魂の家族だと心の底から思えるようになったのです。
婦人部の皆からは、「笑顔が戻ったね」と言われました。

ワークを実践し続けると、良心が発動しやすくなると感じます。
良心との対話が根づくと、落ち込まなくなりました。

自分の思いどおりにしようと、
あれこれと手段や方法を考えることもなくなり、
思考のぐるぐるにはまらなくなりました。

そして、あんなに恐がっていた伝道活動にも挑戦するようになりました。
親孝行したい、伝道できることがうれしい、楽しい
というふうに気持ちが変化したのです。

結果も委ねることができ、「なるようになる」と、
いい意味で開き直ることができています。

「自己牧会プログラム」に出合って、すごく救われました。
人生の大転換です。
私は今、幸福です。

(女性 40代)

私の心の中にいる神様 20
嫌で仕方なかった自己牧会プログラム


自分の心と向き合いたくない。。。
人間関係でトラウマとなるようなことがあれば、
それが傷となって
心を開きたくないと思ってしまうでしょう。

そのように鉄壁の守りがあると、
神様(天の父母様)が良心に
語りかける隙間もありません。

でも、日差しが注がれるように、
雨が注がれるように、
どんな人にも神様の愛は
注がれているのだと思います。

向き合うことが嫌だったとしても、
まずは、取り組んでみることを通して、
自分の本心の扉が開くきっかけが与えられ、
導かれていくのだと、この証しが教えてくれています。

私たちの心が堕落性で凝り固まっていても、
私たちを見つめてくださり、
常に働きかけてくださっている神様。

日々の生活において、あまりにも忙しい時、
「忙しい」という言葉自体、心を亡くすと書くように
自分の本心を見失いがちですが、
本当にそういう時こそ、
良心との対話をしていかなければ、と思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする