2020年06月15日

何のためにやっているのか?! 分からなくさせる「恨」 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



200615-20200611.jpg


李ヨハネ先生のみ言、「本性の恨(ハン)」の2回目。
『無知の恨、無情の恨、気まぐれの恨』です。


ところで私たちには、この無知の恨(ハン)だけがあるのではなく、
無情の恨があり、
義を持続することができない気まぐれの恨があります。
このように三つに分けて考えることができます。

本性を中心として見るときには、
私たちは情的に受けようとしても受けることができず、
与えようとしても与えることのできない、乾いた者です。

また目的観を中心として見るときには、
変化が激しいので、一度正しいと思っても
根気よくやっていくことができず、価値観が混乱してきます。

気まぐれを起こすことで価値をすっかり失い、
動機をすっかり失い、
基準をすっかり忘れてしまうのです。

父との関係、父から愛を受けた基準を
すっかり失ってしまうのが私たちの気まぐれな人生です。
ですから、無知の恨と無情の恨、
そして気まぐれの恨を持った人間だということが分かります。


一度決心したことを、逆境の中で失望したり、
絶望したり、また苦労だと思ったり、
不平不満を持ってはならないのに、
環境の影響を受けるときは気まぐれを起こすために
良心の苦痛を味わうようになるのです。

私たちは初めの愛を持続できない者たちです。
だから時を逃したあとに、
「私がこうなるのは分かっていた。
動機は正しく持っていたのに時を逃してしまった」
ということになります。

このように私たちは、初めの心、すなわち
天が私を愛した基準を喪失し、嘆息するのです。

もしもこのような恨を原因者との関係において持つなら、
そのことが根気強さをつくり、生活の原動力になりますが、
結果と相対してしまうと気まぐれを起こし、
不平不満を持って方向を変えてしまうので、破綻状態に至るのです。


イエス様は、恨を持ち、苦痛を解決してもらうために
訪ねてきた多くの病人たちを哀れに思われ、
病気を治してあげました。

彼らは肉身の恨に凝り固まっていたので、
イエス様から同情を受けることができたのでした。
本当に奇跡的な体験をたくさんしました。

肉身の恨であれ、心霊の恨であれ、恨は恨どうし通じます。
恨を持っている人は神と通じることができます。

孤児の悲しみであれ、寡婦の悲しみであれ、
悲しみは悲しみどうし通じるのです。

『生活の中の心情復活』
(『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題)
第三章 復帰人の本性「本性の恨」   
1985年4月23日(火)
統一神学校
(この説教はチャペルの時間に語られたもの)


私たちは受けた恩恵をすぐに忘れてしまいます。
心情を持続することができず、
すぐに目の前のことに感情を奪われる、
そのような者であることを告白せずにいられません。

神様や真の父母様の心情に触れ、
「頑張ろう!」と思っても、
ちょっとしたことに意識を奪われてしまいます。

大きな岩は障害物だとわかって遠回りしても、
小さな石にはすぐにつまづいてしまうのです。
変わらない心情、心情の継続が必要ですね。

このブログも、おかげさまで10年続けてきましたが、
動機を失って、
惰性で書いてしまうこともあったりして、
反省しきりです。

一度出会った神様との心情因縁を忘れることなく、
継続して歩むことのできる者になっていきたいと思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:40 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

(証し)不眠不休でマッチング、祝福に投入されるお父様! 来日と機内でのエピソード 



200614-19750121.PNG


小山田先生の証しが
Blessed Lifeに紹介されていました。

1800双のマッチングで来日されたお父様。
帰りの飛行機でのエピソードまで。
超人的に精力的な歩みをされていた
在りし日の父の姿です。


1975年2月8日、ソウル(奨忠体育館)で
1800双国際合同祝福結婚式が挙行されました。
世界20か国から参加し、日本からは811双が参加しました。

この祝福式に先立ち、真の父母様は、
1月20日、1800双のマッチングのために、
この年初めて来日されました。

21日に東京(世田谷区)の八幡山ボウリング場(当時)に
候補者たちを集めてマッチングをしてくださり、
22日には韓国に帰国されたのです。

当時、私は会長代理として真の父母様に侍らせていただきました。
このときのようすについてお話しします。


1800双の祝福のために真のお父様は、来日直前まで
韓国でマッチングをされていました。
そして、日本でのマッチングのために、
20日の最終便の飛行機で羽田空港に到着されたのです。

そして、いったん渋谷区の旧松濤本部に来られたのですが、
夕食もほとんど取られないまま、すぐマッチング会場に向かわれました。

お父様が天の摂理をなさる時は、
食事も眠ることも忘れて投入なさいます。

このときも真のお父様は、会場で待っている候補者たちに向かって、
「祝福の意味」について一時間ほどみ言を語られました。

そのとき、おっしゃったのです。
「君たちに祝福を受ける資格はありません。
しかし、真の父母に会ったために、祝福してあげるのです」と。

マッチングが始まったのは午前零時でした。
そして夜を徹して約600組を成立させてくださったのです。

その後、真の父母様は、旧松濤本部に戻られましたが、
そこにもマッチングを待つ候補者たちがいました。
真の父母様は、お休みにもならず、
さらに百数十組のマッチングをされたのです。


このマッチングを通して、真の父母様の、
子女である私たちのために投入してくださる、
正に親としてのお姿を目の当たりにしました。

お父様は、“球体”であられる神様(天の父母様)に似て、
私たちも“球体”となれるよう、
いちばん近い相対を探してマッチングしていると語られます。

もちろん、マッチングを受けたからといって、
すぐに“球体”になれるのではありません。
2人が一体となるためには、
少なくとも2、3年はかかるということです。

相対と一体となることで、神様がそこに臨在なさるのです。


またマッチングの場は、“霊界が100パーセント開かれる”と言われます。
私は、マッチングをしていかれるお父様に侍りながら、
そのような場面にたくさん接することができました。

私たちが、組み合わせられた対象者たちに対応する際、
その組み合わせを間違えたりすると、すぐさま、
お父様は「それは違うよ」と言って正してくださいます。
常に完全な“球体”に近い人を合わせてくださるのです。


こうして真の父母様は、22日午後の便で韓国に向かわれました。

そのとき、父母様と一緒に帰国される予定の崔昌林(チェ・チャンニㇺ)先生が、
韓国への再入国の手続きをしていないことが分かりました。
そこで、久保木修己初代会長の指示で、
急きょ私が、真の父母様に同行することになったのです。

ソウルに向かう飛行機で、私は生まれて初めて、
お父様の席の隣に座りました。

お父様は席に着かれるとすぐに、
大きな鼾(いびき)をかいて眠ってしまわれたのです。
あたかも“天宙を貫く”ほどの大鼾でした。

そのお姿に女性の客室乗務員は、
「“社長様”はとてもお疲れのようですね」と驚いていました。
私は、「そうです。3日間、徹夜が続いていましたので」と答えました。

しばらくしてお父様は、ご自分の鼾の音に驚かれたように
「おおーっ」と言って目を覚まされました。
そして、ちょうど配られた機内食を、召し上がったのです。

『祝福家庭』92号(2019年 春季号)
小山田秀生先生の自叙伝
「真の父母様の御跡を慕って」
777双、1800双の祝福と「血統転換」
〜1800双のマッチングに不休で投入される〜
(Blessed Lifeより)


本当に貴重な証しをありがとうございました。

真のお父様が、50代の頃・・・
誰にも止めることのできない
情熱と信念の塊のような姿。

不眠不休で、この1800双の祝福も、
そして一つ一つの摂理を導いてくださったこと、
本当に考えられないくらい
すごいことであったと、あらためて思います。

人間わざではないことを、
神様と一つとなって
やり遂げ続けてくださった真の父母様に
心から感謝します。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:56 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

「ありがとう」「ごめんなさい」の伝え方──お勧めは電話?! 《大知先生》



200613.jpg


大知(おおとも)先生の「氏族伝道の心理学」
「『ありがとう』と『ごめんなさい』」の
後編です。


次に、(両親への)「ありがとう」「ごめんなさい」の伝え方です。

気持ちを伝えるためには、手紙、メール、電話、
直接向かい合って言うなどいろいろな方法があります。

一番お勧めするのは、電話です。
なぜ電話かというと、手紙やメールに比べると、
やはり息遣いが伝わるというか、気持ちの伝わり方が違うようです。

直接会って伝えたいと言う方もいます。
直接会って話すのはエネルギーの要ることですし、
その意気込みは素晴らしいものです。

ただ、私が出会った方の中には、
直接伝えてうまくいかなかったという例が少なからずあります。
それはなぜでしょうか。

電話であれば、必要な要件だけを伝えて切ることができます。
もし、会って伝える場合はどうなるでしょうか。
具体的にイメージしてみてください。

近くに住んでいればいいですが、
遠くにいると泊まりがけで行くようになるかもしれません。
そうすると、「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えただけではなく、
いろいろな話をすることになるでしょう。

そうすると、こちらがよほど気持ちをコントロールしていないと、
つい親に要求したり、親を責めたり、
逆に自分の行いを言い訳してしまう、そうした言葉が出てきます。

これまで何人かの方は、直接伝えようと考えて、
親のところに行き、「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えたのですが、
それだけでなく、「ごめんなさい」と言ったあとに言い訳をしてしまったり、
親に対して嫌だったことやつらかったことも伝えて、
いつもと同じような会話になってしまった、と言っていました。

電話であれば、こうしたことはなく、
感謝とお詫びの言葉だけを伝えて、一旦切ることができ、
直接話をするときのようなリスクが少なくなるのです。

こうしたことから、私は、まずは電話で伝えて、
関係が深まったところで、
より侍るために実家に行くことをお勧めしています。

 
電話ではなく、手紙で伝えたいという方もいます。
どこか気持ちの中で逃げているところがあるのかもしれませんが、
面と向かって話をすると緊張してうまく話せないという方もいるので、
そうした場合には、手紙から始めても悪くはないかもしれません。

メールというのは、直筆の手紙に比べると、
やはり気持ちの伝わり方は落ちるようです。
なので、電話が難しい場合は、
せめて直筆の手紙で気持ちを伝えてください。

ただ、同居している場合には、時間をつくって
直接話をして伝えられたらいいと思います。

その際に、長々と話をせずに、
「一度お話をしたいことがあります」と言って、
きちんと面と向かう場面をつくって
「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えられたらいいと思います。

 
親に、「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えることができたら、
次には夫や妻の両親に伝えてあげてください。

特に女性にとっては、舅(しゅうと)と姑(しゅうとめ)に伝えることは重要です。
もしかしたら、自分の親に伝えることよりも重要かもしれません。

血統は男性で連なっていきます。
その男性の血統をつないでいくのが女性の役割です。
ですから、妻には、夫の血統的問題を整理していく使命があります。
男性の血統を神様につなげていくのが女性の役割なのです。

ぜひ、舅と姑に対して「ありがとう」「ごめんなさい」を伝えてください。

伝える内容は、自分の親のときと同じです。
「愛する夫を生んでくれてありがとう」と
「嫁として親孝行ができていなくてごめんなさい」が、
嫁としての究極の「ありがとう」「ごめんなさい」です。

夫にとっては妻が自分の血統のメシヤですし、
妻にとっては夫が自分の血統のメシヤです。

夫婦がそれぞれ互いの家庭の両親に
「ありがとう」「ごめんなさい」をすることが、
それを出発として血統に侍り、氏族的メシヤをしていくことが、
夫婦や子供などの家庭内の問題を解決していくポイントになります。

ぜひ、互いの血統に侍るということを実践していってください。

 
また、縦的なものは横的に展開します。
親子関係は、兄弟関係に反映されます。
親子関係に問題がある場合には、
兄弟仲にも問題が出てくるケースが少なくありません。

特に、親の怒りは家庭内に蔓延し、
兄弟げんかとして現れることも多いものです。

ですから、親が霊界に行って地上にいない場合には、
兄弟姉妹に対して「ありがとう」「ごめんなさい」をして、
創造本然の兄弟関係をつくっていってみてください。

同様に、縦の関係は横の関係として親族にも広がっていくので、
氏族的メシヤとして、氏族圏全体に、
「ありがとう」「ごめんなさい」を行っていくことが重要になります。

 
人間はいつ霊界に行くかわかりません。
特に親は、自分よりもずっと霊界が近いでしょう。

親孝行はできるだけ早いに越したことはありませんし、
「ありがとう」「ごめんなさい」も親に直接伝えられれば、
そのほうがずっと良いことは間違いありません。

そのためにも、できるだけ早く、ご両親に
「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝え、
それをきっかけに侍る生活を始めてください。

親に伝えることは、確かに勇気が必要です。
特に親子関係に問題を抱えている場合には、
そうしたことを伝える気持ちになれないでしょう。

あるいは、「ごめんなさい」を伝えたときに、
「やっと今頃わかったか」などと馬鹿にされそうで
言いたくないという方もいます。

私が知っている限りでは、
「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えて、
親からさらに傷つけられるようなことを言われたという例はありません。

どの親も、黙って聞いてくれて、温かい言葉を返してくれています。
その場では何も言わなくても、
あとで必ずポジティブなメッセージが返ってきています。

授受作用なので、こちらが創造本性の情で投げ掛ければ、
創造本性の情で応えざるを得ないのです。
それが原理です。

そして、この「ありがとう」「ごめんなさい」をきっかけに、
親に侍り、兄弟に侍り、親族に侍り、氏族的メシヤを完成させてください。
それこそが、私たちに与えられた、
他の人が代わることのできないみ旨なのです。

(一部編集、文責:ten1ko2)

大知 勇治・著(光言社・刊
『成約時代の牧会カウンセリング 氏族伝道の心理学』より)
第3章 氏族的メシヤ勝利と心の問題解決
「ありがとう」と「ごめんなさい」


すでに霊界に旅立ってしまった両親に対しては、
代わりに兄弟姉妹に対して、「ありがとう」「ごめんなさい」を言う。。。
これは、正直、葛藤がありますね。

確かに私の場合は、
両親が(反牧につながっていたので)教会に対して、
マイナス的なイメージしかありませんでした。
その影響が兄弟にも及んでいることは間違いありません。

両親は亡くなり、
兄弟にはあまり何もできていませんが、
正しい情報を伝えることができていないことに対しては、
謝罪する必要がありますし、
愛の投入が足りないことも事実です。

どのタイミングで、どんな風に。。。
考えるだけで、滅入ってしまいます。
お恥ずかしい話ですね。

怨讐を愛していかれた真の父母様の道、
全世界人類の親として愛するのが、
メシヤの道です。

「神氏族メシヤ」というものは、
自分の体面を考えていたら
できるものではありません。
本当にその人の幸せを考えて、
そのことだけを思って行動していく必要があるでしょう。

真の父母様の代身の立場なのだから。。。
もう一度、覚悟を固めていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:04 | Comment(2) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする