2020年06月05日

滑り込み祝福カップルたち どこまでがセーフ?! (祝福エピソード65篇)4



190301 19881030.jpg


倉本先生の6500双祝福の証し。
ずいぶんご無沙汰になってしまいました。
続編を紹介します。

いよいよ、祝福式当日。
一和メッコール工場にて、
歴史的な交叉祝福が行われようとしていましたが・・・


祝福式を前にして、
日本から会場にやってきたのに、
相手が見つからない、そういう人がいるんです。

マッチングも本当に突然でしたから、
(韓国人との交叉祝福を含め)
途中で相手が祝福を破棄をした、
だから相手が来なかった。
そういう人がいたと思います。

何らかの事情で相手が見つからない人がいました。
そのような報告が私のところに来ました。

それで、状況をお父様に報告しました。
お父様は、「すぐに集めなさい!」と言われました。
(ただちに)放送で全体に流しました。

「相手が来なかった人、キャンセルされた人、
また、見つからなかった人、
そういう人は、実体でマッチングがあるから、
すぐに集まってください」
そういう放送をしたわけです。


そして、お父様はマッチングをされました。
式の直前でお父様もお忙しい中です。
(なのに)すぐにパッパッとされるのではなく、
一人一人に事情を聞いていかれました。

「あなたはどうしたの?」
「これこれ、こういう事情です」
そのようにマッチングをしていかれました。

慌ただしい中にも関わらず、
丁寧に事情を聞かれるお父様。

神様の創造において、
完全投入された、という話がありますが、
お父様は一人一人を創造するように、
一カップル一カップルに対して、
精誠を尽くして、投入していかれました。

私はこのことを祝福のたびごとに感じます。


そして、この時に一番最後に、
マッチングしたカップルがいましたが、
どのような状態だったのか、というと、
式典が始まる直前でした。

お父様のお部屋へお伺いに行くと、
部屋のドアから、顔をのぞかせたんです。

お父様のお姿が見えたのですが、
半分だけ式服の状態で、
あとは、下着だったんです。

そして、事情を聞かれて
マッチングをされました。
お父様はそこまでされたのです。


(また、突然の祝福式だったので
飛行機等の都合で
遅れてくる人たちもいました。)
すでに祝福式がはじまってから
式場に来た人もいたんですね。

こういう人たちはどうなるのだろう、
御父様にお伺いをたてました。

そうしたら、お父様は
「祝祷が終わらないうちに入った者は、
(祝福を)認める」と言われました。


2006005-19881030.jpg


文責:ten1ko2

U-ONE TV
シリーズ『祝福家庭を愛する真の父母』第4回
「恩讐を越えた交叉祝福6500双(後編)」より


式典の直前までマッチングをされたお父様。
祝祷ギリギリに会場に到着したカップルに
祝福と認められたお父様。

お父様は「祝福を与えたい」、
その思いで心が溢れておられるんだな、
と感じます。

み旨の最前線で苦労してきた食口たちのために、
歴史的な日韓の恩讐を解くための
6500双祝福に同参させたい心情もあったのだと思います。

今は真の父母様の直接なマッチングではないですが、
背後には同じ心情をもって見つめておられる
真の父母様がおられるのだ、ということを
改めて認識していかなければと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:19 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする