2020年06月27日

私だけが祝福を受けたと喜んではいけない 誰かが犠牲になっている 《入山部長》



200627-Adam_and_Eve_expelled_from_Paradise.png


入山部長の地域化講座。
「カインの祭物」より、
『犠牲と護(まも)り』を紹介します。


カインとアベルは摂理的な運命共同体の関係です。

二人は同じ摂理的目的の中にありました。
摂理的には一つにつながっているのです。
カインのないアベルもなく、アベルのないカインもありません。

すなわち、「供え物を受け取られた」アベルと、
「受け取られなかった」カインは、
摂理的には一つにつながっていました。

(蕩減)条件のない復帰はないのが蕩減復帰原理であるがゆえに、
神様は無条件にカインの祭物を受けることはできませんでした。
しかし、もし何らかの(蕩減)条件があったなら、
神様がカインの祭物をも取られ、
祝福されるというシーンが準備されていたのです。


結局、アベルは死に、カインも殺人者として
霊的に死人と同じ立場になりました。
摂理的には、二人とも死んだのと同じ立場になってしまったのです。

二人の関係は、どちらかが勝利して、
どちらかが敗北するというものではありません。

二人が一つになってこそ、共に生きる道が開かれるのです。
そして、一つになれなければ、
二人とも死んでしまうという、運命共同体だったのです。


神様の摂理には、犠牲と護りが表裏一体となって現れます。
アベルが天から護られ、祝福されて有頂天になっているときに、
カインは否定され、犠牲となる立場に立たされていたのです。

それはカイン自身の罪ゆえでなく、
アダムとエバという堕落した父母の罪の蕩減ゆえであり、
「悪の表示体」という摂理的立場のゆえだったのです。

「カインは愛の初めの実であるので、
 その最初のつまずきであった天使長との愛による
 堕落行為を表徴する悪の表示体として、
 サタンと相対する立場に立てられた」

(『原理講論』292ページ)


「天運守護」という言葉があります。
これは天の祝福があるところには天運があり、
天運があるところには護りがあるということを意味しています。

ですから、天の祝福を受けられないということは、
「護られない」ということです。

それは、先祖の罪の蕩減のままに
すべての苦痛を受けなければならないということです。
病気、事故、怪我、人間関係の不和、
強い悪の誘惑に遭うというような、
悪い因縁から来る運命的な苦労が色濃く現れるのです。

ここに、「サタン世界で生きる苦しみ」があります。


同じ父母から生まれた兄弟であっても、
摂理的家庭においては、その摂理的立場によって、
受ける蕩減の内容は同じではなく、
その違いがよりはっきりと現れるということを意味しています。

誰かが天の護りを受けているとき、
その裏で誰かが犠牲になっている。
私が否定され、犠牲になっているとき、
その表で誰かが護られている。

このような現象が、
皆さんの兄弟姉妹や親族に現れていませんか?


蕩減が強く現れた人は、親族から嫌われたり、
(うと)まれたり、
裁かれたりする対象になっているかもしれません。

より善に対する強い意識を持っている私たちが、
蕩減の先鋒(せんぽう)に立っている可能性もあります。

しかし、親族と私たちの両者が、
摂理的につながっているとしたら、どう思いますか?

そんなことも知らずに、
ただ私だけが天の祝福を受けたと喜んでいる──。
それでは、アダム家庭における
アベルの姿とまったく同じなのです。

復帰の摂理の中では、誰かが天の護りを受け、
神様の祝福を受けている裏で、誰かが否定され、
犠牲になっているのです。

『地域化講座〜地域づくりは国づくり〜天一国時代の伝道論』(7)
入山 聖基・著

第一章 カインの祭物
犠牲と護(まも)り


犠牲と護り、このことを
しっかりと心に留めなければ、
と思わされます。

私が恩恵を受けているとき、
自覚がなかったとしても、
天の護りとは遠い立場で、
犠牲の中にいる親族を
思っていくべきでしょう。

また、私自身がいわれのない苦労をしている時、
代わりに恵みを受けている食口たちが
いるのかもしれません。

これが、誰かの護りとなり、
真の父母様と摂理のための
捧げものとなることができれば
感謝と思い、日々わずかながら
精誠を捧げていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)