2020年07月16日

(韓日婦人の証し)絶対伝道したくなかったお義姉さんに、葛藤を越えて・・・!



200716-2020.7.05.jpg


今回は、韓国全羅南道・康津(カンジン)教会で
神氏族メシヤ活動の取り組みをしている韓日家庭の婦人の証しです。


栄光在天、天の父母様、真のご父母様、
真のお母様の深い愛と精誠に感謝いたします。

私には5人の義姉がいます。
その中に昔からとても仲の悪い方がいます。
韓国にお嫁に来た時からありとあらゆる
嫁いびりの連続でした。

「日本の女」「気狂い」などの悪口という悪口を聞きながら
19年、本当に嫌でした。

祈祷をしてもみ言を訓読しても
どうしても愛することが出来ませんでした。

去年、430家庭の書類を作成する時も、
最後まで書きたくありませんでした。

けれど、亡くなった義父の「でも家族なのだから
どうか書いてやってくれ…」という声が聞こえてくるようで、
しかたなく、葛藤をしながらも書類を書きました。

その後も何かある度に、夜中でも教会に走って行って、
書類を破り捨てて燃やしてしまおうと思うことも
1回、2回ではありませんでした。


今回、教区長の指導の下に統一原理映像教育が始まり、
康津(カンジン)教会では教会長とサモニムを中心に
「康津郡ㆍ一家族創り」という目標立てて
プロジェクトを展開しました。

私も家族、親戚、知人たちにカカオトーク(SNS)で
原理教育の映像(動画)を送りましたが、
あのお義姉さんだけは外しました。
そうして1か月が過ぎました。

ある日、親族達が集まって食事をする席があったのですが、
その日なぜかその義姉が、私の前に座りました。
普段は「お前は義妹なんかじゃない。
義姉さんと呼ぶな!」 と言われていたのですが。

食事が終わるまでお互いに一言も喋りませんでした。
でも、目は語っていました。
「なんで私にだけ送らないんだ?」


送れば送ったで、異端だ、インチキだと
悪口を言われることはわかっていました。
その日の夜から悩みました。
送るべきか?やめるべきか?

天の父母様、送りたくありません。
送らなければいけないでしょうか?
悩んで悩んで、結局、送ろうと決心しました。

次の日の朝、カカオトークの送信ボタンを
押そうか押すまいか、 とても悩みました。

ようやく『あぁもういいや』という思いになりました。
どうせやっても文句を言われるし、
やらなくても文句を言われるのです。 

私が送るのではなく、神様が送るのだ、
と気持ちを切り替えました。

『天の父母様、私は結果を主管することはできません。
どうぞよろしくお願いします』
送信ボタンを押しました。


3日が経って 義姉から返事がきました。
「ありがとう」

私はまず疑いました。
なにか後で意地悪しようと企んでるんではないかと。

その後も返事は送られてきました。
ある日は、「サランへ(愛しているよ)」
なんて言葉までありました。

私もとうとう気づきました。
神様は、この方をどれだけ愛したかっただろうか?
お義姉さんも誰かに愛を受けたかったし、
誰かに愛していると言ってみたかったのではないだろうか?

その事実に気づいた時、本当にたくさん涙が出ました。
義姉に統一原理を伝える人は
私しかいないのです。

今はもし今度会うことがあったら、
お互いに何も言わずに抱きしめるのではないかなと思います。
少なくとも、私はお義姉さんを抱き締めたいです。心から。


私は今回、「動機が神様から始まるなら、
その時間は神様が主管される」

という御言葉を信じてやりました。
そう信じるしかありませんでした。

霊界が協助しようと一緒に動いていること、
そして私自身の心が、とても解放されたことを感じています。

神様を代身して、誰かにみ言と愛を伝えることができる・・・
それがどれほど素晴らしく幸福なことかを、
もう一度感じることができました。

映像教育を指導してくださった教区長と教会長・サモニムに
心から感謝いたします。
一緒に活動し、応援してくださっている
康津教会の祝福家庭のみなさん、本当にありがとうございます。

これからも継続して、神様と一緒に
世界の果てまで、み言を伝播していきたいです。

天の父母様、真の父母様、真のお母様
サランハムニダ(愛しています)。

(編集・文責:ten1ko2)



本当に素晴らしい証しですね。

ここの教会では、教区の方針で、
原理の映像を送る取り組みをしていて、
とても皆さん頑張っているそうです。

ちなみに、お母様の自叙伝404ページに掲載されていますが、
ここの地域で「希望前進大会」が行われ、
祝福式に参加した3組のカップルが
みんな双子を生んだという慶事のあった地域です。
とても復興しているところですよね。

そもそも韓国にお嫁に行って、
そこで生活するだけでも簡単なことではありません。

さらに、ご主人の氏族を導くために、
神氏族メシヤ活動をすることは、
どれほど大変なことでしょうか。

自分のことを恩讐視している人に、
み言を伝えることは、
自分の思いで取り組んでも簡単ではないでしょう。

天の心情に立たない限りは、
難しいことです。

しかし、この方は、
まさに自己牧会プログラムのごとく、
お義父さんの声を天の声と受け止めました。

また、その後も、葛藤を越え、すべてを委ねていった中に、
霊界が導いたのではないでしょうか。

教会を反対し、否定する人ほど、
本当は愛を求めているという意思表示であることを悟って、
父母の代身として、
愛していくことが重要であると思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2020年07月15日

(証し)良心が一番喜ぶことってなんだろう?! 《自己牧会プログラム》



200715-20200508.jpg


自己牧会プログラム、
今回は、60代の方の伝道の証し、
「良心が最も喜ぶこと」です。


私には、街頭伝道で出会った信仰の子女(男性、20歳)がいます。
彼はみ言を学び、順調に入会まで進んだのですが、
間もなく実家に帰ってしまいました。

何度か実家まで出向き、またLINEを送るなどして
交流を試みてきましたが、進展がないまま2年ほどたっていました。

真のお父様聖和8周年までの120日路程中の第2次40日路程で、
精誠祈祷をしていた時のことです。

真のお母様が「全ての人に真の母を伝えなさい」
と語られるご心情に思いをはせていると、
ふと良心がささやきかけるように、
心の中に彼の名前が浮かび上がってきたのです。

私は祈祷を中断して、彼に、
お母様の自叙伝を紹介するLINEを送りました。
すると速攻で「読んでみますね」と返信があったのです。

レスポンスの速さとともに、
その肯定的な内容にビックリしてしまいました。

実は以前、彼に真のお父様の自叙伝を勧めた時は
関心を示さなかったので、私は
彼をお母様の自叙伝の配布リストから外していたのです。

それが私の勝手な思い込みであったことを、
良心は気付かせてくれました。

み旨を背負って立たれる真のお母様を
一人でも多くの人に伝えたいと思いながら伝道する時、
良心は最も喜び、共鳴し、助けてくれることを実感しています。

(男性 60代)

私の心の中にいる神様 25
良心が最も喜ぶこと


とても短い証しですが、
私たち食口の共通の良心の叫びを
公開してくださったような気がします。

真の父母様は、常に良心を中心として歩まれていますので、
神様の心情が痛いほどわかるし、
万民の心の奥底の声もわかるのだろうと思います。

全世界全人類を真の愛でかき抱きたい、
天の心情を何よりもご存じなので、
天の父母様聖会を発表されて、
万民に神様を正しく知らせたいと思われて、
そのために日々み旨に投入しておられます。

また、人類も真の幸福を求め、
世界平和を求めて歩んでいます。

究極的な方法が「伝道」ですが、
今回の証しの方は、その良心の声に従い、
具体的な実践をしておられます。

私たちも良心の声を聴くことができるよう、
もっと私の心の中にいる神様に尋ねつつ、
そのごとくに実践していきたいと思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 13:40 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

第4奇跡*21年間に14人の子女様を出産、十字架を越えて 《『平和の母』に見る10大奇跡・浅川先生》



200714-TP-early-baby.jpg


浅川勇男先生の「『平和の母』に見る10大奇跡」
今回は、『第4奇跡〜試練を越えて14人の子女を出産』です。


一般的に、母親が出産する動機は
子供が欲しいという理由であり、
子供の人数も経済的事情などによって違ってきます。

しかし韓鶴子夫人にとって出産は、
神の願いと人類の救いを懸けての戦いでした。

子女と共に生まれたという恩恵として、
原罪を有する人類が祝福結婚によって
原罪を清算して
本然の子女に生まれ変わる道が開かれるのです。

人類の救いは、文鮮明先生夫妻が聖婚されて
人類の「真の父母」となることで成就するのです。


しかも13人以上の出産に
万民の祝福の摂理が懸かっていました。


「十二という数字には、東西南北の
 四方を完成するという意味があります。
 そこに一を加えた十三数は、
 中心の位置に当たります。

 それによって、摂理の完成を目指し、
 未来に向けて
 永遠に発展していける道が開かれるのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』
123ページ)



韓鶴子夫人は、摂理を懸けて
13人の出産を決意し、14人を出産されたのです。
男7人女7人。

本来、世界最高の病院で、
最良の出産設備が完備した部屋でなされるべきでした。
そして真の父母の子女の出産を、
全人類、全国家が祝賀すべきだったのです。

しかし現実は過酷な環境でなされました。


子女5人を貧しい部屋で出産、
帝王切開は4回に及び、
3回目は医者が躊躇(ちゅうちょ)しました。
流産も何回もされました。

心情的に、イエス様の十字架を越える闘いが幾度もあったのです。

夫は世界的活動のために共にいることが少なく、
サタンはその間隙を縫って、
子女の出産の阻止、13数の阻止をたくらみます。
母胎を壊し、出産を阻止し、殺害しようとしました。


「正体不明の男が、『私がアダムだ』と
 叫びながら入ってくるという事件も起こりました」


(同、125ページ)


妊娠中、韓鶴子夫人は、
ミカンが食べたくなりましたが、ありませんでした。
一人の信徒がそのことに気付いてミカンを買ってきてくれました。
韓夫人は泣きながら感謝して食べられたのです。

人類の真の母は、ミカン一個を
自由に食することができませんでした。


しかし韓鶴子夫人は、厳しい試練を
忍耐と献身によって乗り越え、14人を出産されたのです。

サタンの謀略は頓挫し、難航不落と思われた
サタンの基盤に崩壊が始まります。

サタンとの因縁を根絶して、人類の救いと神の解放の道が、
韓夫人の絶対的信仰と忍耐によって開門したのです。

夫の文鮮明先生は以下のように語られています。


「二十一年間に十四人の子供を生んで育てたのですから、
 言うに言えない苦労があったはずですが、
 その素振りさえ見せませんでした。

 出産を控えた妻を置いて、私が海外に
 行ってしまったことも一度や二度ではありません。

 …それでも妻は、一度もつらいと
 不平を言ったことがありません」


(光言社刊 文庫版 文鮮明先生自叙伝『平和を愛する世界人として』
222〜223ページ)


『平和の母』に見る10大奇跡 4
第4奇跡〜試練を越えて14人の子女を出産
浅川 勇男


お母様が14人のお子様を生む決意、
並大抵なものではありません。。。

ミカンを食されるお母様の場面は、
想像するだけで、
なんと不憫なことでしょうか。。。

しかも、そのように苦労されてお生みになられた、
子女様たちと同じ心情で
私たちを愛してくださっているのですから、
お母様の愛の世界には、
屈服せざるを得ません。

「女は弱し、されど母は強し」
有名な言葉がありますが、
お母様に対して、ぴったり当てはまる言葉だと思います。

平和の母、真のお母様に
心から感謝申し上げます。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)