2020年08月25日

祝福記念日に寄せて 五輪スタジアムでも、滑り込みマッチング! 1992. 8.25



200825-19920825-3mansou.jpg


3万双、36万双の祝福記念日
おめでとうございます!

今日は第24回、7.8節ですので、
改めて、「おめでとうございます!」

今回は、3万双の時の証しを紹介します。


祝福式のときには、会場まで来ても相手に出会えない人が必ずいます。

相手が来ないなど、事情はいろいろです。
そのような人が何人か集まってきて、
「もうマッチングはないですか?」と尋ねてきます。

そのようなときは、真のお父様に、
「これこれの事情で、何人くらい
マッチングを受けたいという人が集まっています」
と申し上げます。

すると、お父様は必ず、
「じゃ、集めなさい」と言ってくださいます。
「もうマッチングは終わったんだ」とは
絶対におっしゃいませんでした。

それが、わずか二人でも三人でも、
直前までマッチングしてくださいます。
祝福ごとに毎回、そうでした。


皆さんご存じのように、3万双の祝福式は
ソウルのオリンピックスタジアムで行われました。

午前11時開始で、世界に中継されたのですが、
このとき相手が来ない人が十数人いたのです。

お父様が「すぐ連れてきなさい」とおっしゃったので、
皆、控室のあった地下から、
主礼の真の父母様がいらっしゃる4階まで、
女性はウエディングドレスをまくりあげて
急いで階段を上っていきました。

4階に着くと、真のお父様はまだ式典の衣装には
着替えておられませんでした。

もう開会間近で、中継があるので急がなければならないはずですが、
お父様は、一人一人に「どうしたの?」と事情を尋ねてくださいました。

そして、「それじゃ組んであげよう」とおっしゃって、
そこに集まった人をマッチングしてくださったのです。


そのときの司会は朴普煕先生(36家庭)でした。

朴普煕先生は、主礼入場の時間になっても
真の父母様が出てこられないので、
3万組のカップルと祝賀客で埋め尽くされた会場に向かって、
「主は雲に乗ってこられるかもしれません」などと、
いろいろな話をしながら、場をもたせておられました。


(1992年8月25日、韓国、オリンピックメーンスタジアム)

『世界家庭』2018年7月号 読みどころ紹介@
第21回「慕わしき わが主、わが父母」
「親として、一人一人の永遠の幸福を考えてくださる方」

(※長年、家庭局長を務め、
真の父母様によるマッチングや祝福を
間近で見てきた倉本正彦先生(777双)の、
3万双祝福式のときの証し)


先日紹介した6500双の証しでも、
お父様は下着姿のまま、
マッチングをしてくださったということでした。

私も3万双家庭なのですが、
1992年のこの日は、実は早朝は雨模様でした。
それが、式が始まる前から晴天となり、
暑いくらいの日差しとなりました。

あまりにも暑くて暑くて。。。
しかも、私と妻は、観客席ではなく、
フィールドだったので、ずっと立ちっぱなしでした。
周りを見ると、突然、倒れる女性が何人か出ました。

倉本先生が語られているように、
朴普煕先生が司会をされました。
3ヵ国語を駆使しながら、流暢に話されていました。

確かに、式がなかなか始まらなかったのを覚えています。
真の父母様がすぐに出てくることができなかったのは、
そのような事情があったのですね。

真の父母様は、本当に「真の親」なのだな、と実感します。
最後の一人まで、祝福を与えたい・・・
親心の思いを持っておられるのです。

先回の希望前進大会でも、
お母様は「祝福」の話をされました。

真の父母様を通していただいた恩恵に
心から感謝しつつ、
その恩恵を多くの人たちにも伝えていけるように、
精誠を捧げる時だと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:47 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

「子が先立つのはなぜ親不孝?」 私たちは一つ We are the world ! 《橘先生》



200824-20200809.jpg
「We are the world」を歌うリトルエンジェルス 8.9☆


橘先生のコラム「夫婦愛を育む」
今回は、『女子中学生の思いがけない質問』です。


ラジオから夏休み恒例の「子ども科学電話相談」が流れてきます。

理科は基本不得手な私は、ちょっぴり勉強も兼ねて
作業をしながら耳を傾けています。

子供たちのほほ笑ましい質問に和んだり、
専門知識を子供レベルに合わせて説明するのに
苦心する各分野の先生たちに
心の中で感心したりダメ出ししたり(上から目線ですね)、
間を取り持つアナウンサーのフォローにうなずいたりしています。


先日車で帰宅途中、思いがけない質問にドキッとしました。
「え? こんな質問が科学電話相談に来るの?」
と思わず真剣に聞き始めました。

中学生の女の子が
「なぜ子供が親より先に死ぬと
親不孝と言われるんですか?」と尋ねたのです。

思春期の子が公共の電波で質問するというのは、
就学前や小学校低学年の子が親に手伝ってもらってするのと違い、
かなり勇気が要ると思います。

思い悩んでいるのでは、助けを求めているのではと、
とても胸が痛みました。

この番組は事前に質問を予約する仕組みのようですので、
担当者の側も、これは放っておけないと思い、
取り上げたのではないか
(取り上げてくれてありがとう)と勝手に想像しました。

担当の先生が、その考え方は儒教に由来することや、
生命の尊さ、親の愛について優しい口調で説明します。

終わって感想を尋ねられた女の子は、
「虐待する母親のことを考えました」と答えました。

公開問答の、限られた時間で十分に聞いてあげられるはずもありません。
これをきっかけに、誰かがしっかりケアしてくれていることを祈るばかりです。


科学電話相談では、恐竜や宇宙、生物といった
理系の分野だけかと思っていたのですが、
「心と体の関係」という項目もあることをその後の放送で知りました。

その日は、小6の女の子が「自分に自信がなくて、
失敗するのが怖いのです。
どうしたらいいですか?」という質問をしていました。

保健体育の枠を超えて、子供たちの悩みにも答えていたのです。

身近に(おそらく)相談できる人がいなくて電話してくる彼女たち。
小さな胸が抱える悩みに心が痛みます。


自分の中学時代を振り返ると、生きる意味や
人間の本質について、幼いなりに
真剣に考えていたことが思い出されました。

それを誰と話したわけでもありませんでしたが、
その時の考え(思い込み)は、善くも悪くも、
その後の自分の思考形態の土台をつくったように思います。

真理に出合って修正された部分もあれば、
未修正のまま残った思考癖もありました。

関わる側に求められているのは、
大人目線で判断しないこと、子供の疑問や悩みに
真剣に耳を傾ける姿勢を持つことかと思います。

そんな大人が周りにいない子供たちは、
さまざまなセーフティーネットのどれかに
かかって守られることを願ってやみません。

夫婦愛を育む 127
女子中学生の思いがけない質問
ナビゲーター:橘 幸世


「子ども科学電話相談」はNHKラジオで流れているものですね。
以前はTBSラジオで「全国こども電話相談室」というのがあり、
私も子供のころ、よく聞いていた覚えがあります。

時代が変わると子供たちの質問も変わってくるんですね。。。
「親の虐待」なんて、昔はなかった気がします。

今回の相談内容を拝見する中で、
「この子供が原理のみ言が聞けたらどれだけいいだろうか・・・」
そう思いました。

人生の目的、人間の価値、霊界の存在・・・
創造原理のすばらしさを聴いたら、
人生観が変わるだろうな、と思います。

お母様ご自身も最前線で、「世界万民にみ言を伝えたい」
そう思われて、オンラインによる希望前進大会を開催されています。
私たちも、今の時代に見合った歩みをしていきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:50 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

150ヵ国2億人が視聴した希望前進大会、この後私たちは・・・! 《徳野会長》



200823-20200809.jpg


徳野会長のビデオメッセージ。
今回は、「8月9日、100万希望前進大会の恩恵」です。


■天寶入籍勝利家庭に挑戦しよう!

第1は、天寶入籍勝利家庭についてです。

日本においては、9月4日の天寶登載儀式に向けて
準備が整った天寶入籍勝利家庭の候補家庭は、約700家庭です。

しかしながら、日本に対する真のお母様の願いは、
第1段階としても2000家庭です。

さらには2万5000家庭、最終的には日本の全食口、
全祝福家庭が天寶入籍勝利家庭になってもらいたいというのが、
お母様の願いです。

したがって、今回、時間的に間に合わなかった祝福家庭の皆様は、
次回には必ず天寶入籍勝利家庭になるという決意を固め、
挑戦していただきたいのです。

その決意を固める場として9月4日の天寶登載の儀式を迎え、
天寶入籍の恩恵の大きさをしっかりと霊人体に刻み込んで、
再出発していただきたいと思います。


■大成功を収めた100万希望前進大会

第2は、8月9日にオンラインで行われた
「神統一世界安着のための100万希望前進大会」が
大成功を収めたことです。

その勝利の証しは全世界を揺り動かしたと言っても、
決して過言ではありません。
その模様は150か国、188のテレビ局やラジオ局、
新聞社をはじめとするメディアを通して、
世界的な規模で報道されました。

世界で、PRの映像を見た人の数は3億人、
実際の行事の内容をさまざまな形で視聴した人の数は、
なんと2億人になりました。

お母様は、人類の3分の1の人々に一刻も早く、
天の父母様(神様)、真の父母様を知らせることを願っておられます。

今回の大会の勝利は、77億人類の3分の1、
すなわち25億7000万に一歩近づいた、
飛躍的なPRの実績であったことは間違いありません。

大会の趣旨は
「共生・共栄・共義による神統一世界への安着」です。

そして人類一家族平和共同体の重要性を、
お母様はみ言を通して改めて強調されました。

そして、トランプ大統領の宗教顧問であるポーラ・ホワイト牧師、
潘基文・前国連事務総長、
カンボジアのフン・セン首相、
セネガルのマッキー・サル大統領、
ニュート・ギングリッチ元米下院議長、
また日本のVIPを代表して伊達忠一・前参議院議長など、
素晴らしいスピーカーが何人も登場しました。

このような多くの義人たちが、
洗礼ヨハネとしてお母様を証しし、
コロナのパンデミックのただ中で人類が
どのような姿勢でこの時代を乗り越えるべきかという、
極めて示唆に富んだ見事なスピーチをしてくださったのです。

2000年前のイエス様の孤独な立場を見事に蕩減復帰すべく、
りっぱな洗礼ヨハネたちが立ち、
天の父母様と真の父母様の威信を全世界的なレベルで証しできたのが、
100万希望前進大会の勝利の秘訣であったと
総括することができると思います。


南米・ボリビアの日本人国家メシヤ、佐川誠一郎さん(777双)から
素晴らしい内容の手紙が届いたので、抜粋して紹介します。

「今回、主要テレビがお母様の希望前進大会の宣伝広告を放映し、
市のテレビ局がライブ中継したのです。
私たちを25年間、牢屋にまで入れようとした
反対派の検事や反対派の弁護士、
また逆に、私たちを信じてくれた裁判官が、
今回のテレビ等のライブ中継を通して、
お母様の姿に触れたのではないか、
これは夢ではないのかと思わされました。

人間のできる範囲を超えて、
苦戦する地上軍を空軍が助けてくれるように、
お母様の天運が走り抜けたと思わされました。

ああ、天一国はこのスピードで本当に実現できるのだと、
確信できました」


■祝福式を通じて救国救世基盤の造成を

第3は、祝福運動の推進についてです。

これから私たちが救国救世基盤を造成するためには、
祝福運動を展開していかなければなりません。

現在、台湾方式を応用しながら、
特に第4地区の兵庫教区と第3地区の新潟教区新発田家庭教会が
模範的に推進しています。
新発田家庭教会では神社の宮司の方が祝福を受けています。

宗教の壁を超えて祝福式に参加する
地方の議員やVIPが増えているのが希望です。

これからも祝福運動を全国各地で展開していただきたいと思います。


■徹底したコロナ感染対策を

第4は、新型コロナウイルス対策です。
この問題はまだまだ深刻な状況です。
もう一度、改めて、「正しく恐れる」を原則としながら、
くれぐれも注意するようにしてください。

お母様も大変心配しておられます。
お母様の心配を増やしてはなりません。

お母様に喜んでいただく、安心していただく
神日本であり続けたいと思いますので、
責任者の皆様はこれからもコロナ対策を徹底し、
食口に感染者が絶対に出ないようにしていただきたいと思います。


■「真のお母様の、真の母の愛による奇跡」

第5は、このようなコロナのパンデミックの中でも、
100万希望前進大会を勝利に導くことができたということです。

これは、ピンチをチャンスに変えなさい≠ニいうお母様の決断と、
人類を愛する真の母の愛が動機となってもたらされた、
奇跡的な大勝利であったと思います。

正に「真のお母様の、真の母の愛による奇跡である」と断言できます。

最後に私たちは、お母様の自叙伝を最大限に活用しながら、
真のお父様の地上での最後の祈祷の中でさえも切実に願われた
神氏族メシヤの伝道活動を進めていきましょう。

そして、日本の全ての祝福家庭が
お母様の切実な願いである天寶入籍勝利家庭になれるように、
再出発してまいりましょう!



今回のメッセージの中で、注目すべきところは、
なんといっても、希望前進大会の勝利です。

機会があれば、参加された指導者の方たちの
メッセージを紹介したいところですが、
決してリップサービスではなく、
お母様を尊敬し、お母様の理念、
私たちが目指す方向に心から同意している、
そのような思いの表れが言葉ににじみ出ていました。

ポーラ・ホワイト牧師は、お母様を
「韓鶴子総裁」ではなくて、
「真のお母様」とはっきり証されました。

ボリビア国家メシヤの佐川先生の
驚くような証しが紹介されていますが、
かつてご本人が国家から厳しい迫害を受けたことがあったのに、
なんとテレビ局が生中継した、という
奇跡的な報告でした。

実際に、日本のマスコミも直接的には、
記事やニュースにしてはいませんが、
有名メディアの記者たちも、
概ね好意的な感想を述べているのです。

ちなみに、うちの教会と縁を持たれている地方議員も
今回の映像を視聴され、多くのVIPたちの姿に
驚いておられました。

時代が変わっていることを
何よりも私自身がまず実感し、
多くの人たちに証していく時を迎えているのだと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする