2020年08月02日

(伝道の証し)「時と場所」に合致したとき、天が導く?! 《天一国時代の信生講》



200802-2020.7.16.jpg


前田先生の「天一国時代の信仰生活講座」
今回は、『時と場所』です。


神様は、ご自身がその人を導きたいと思われたならば、
その人にふさわしい時と場所を設定し、
ふさわしい方法で導かれます。

私の体験を紹介してみます。

一時期、電車が停まったときだけ人が通るような
小さな駅で伝道していたことがあるのですが、
いくら声をかけても伝道できませんでした。

それで、その地を離れる最後の日に、
教会に戻って祈りました。
 
「神様、私がここにいるのは、
神様が伝道したい人がここにいるからです。
しかし、私はきょう、ここを離れなければなりません。
ですから、本当に神様が伝道したい人がいるなら会わせてください」
と切実に、神様に談判して祈りました。

そして再び駅に戻り、
最初に出会った女性に声をかけたのです。

「人生の問題について考えていますか?」
「はい」
「受験生ですか?」
「はい」
「落ちたらいいですね」

自分で言いながら、「自分は何を言っているのだろう」と
血の気が引くのが分かりました。
受験生にこんなことを言うなんて……。
でも、私の口がかってに動いたのです。

彼女の返事は「そうですね」でした。
これにも驚かされました。

私は彼女を教会まで案内し、「総序」を講義しました。
そして「関心があったら、教会にぜひ来てください」
と言い、別れました。

しばらくして、彼女から「落ちました」と
電話がかかってきました。
そして「予備校に行くのと統一教会の七日修練会に行くのと、
どっちが大事だと思いますか?」と聞かれました。

「やはり七日修じゃないでしょうか」と答えると、
彼女は「そうですよね」と七日修に出て、
そのままみ旨の道を歩むようになりました。

その後、私は「あの日、なぜあの駅に来たのですか?」
と聞いてみました。

その日、彼女が家の周りの草取りをしていたときに、
「隣の町に行け」という声が聞こえたそうです。
それで着替えて電車に乗り、隣町までやって来ました。

途中、何のために隣の町に行くのか≠ニ自分でも思ったそうですが、
手相を見る有名な人がいる≠ニいう話を思い出したそうです。

そしてその人に手相を見てもらいながら、
「神様はどうしたら分かるんですか?」と尋ねたところ、
「うーん。手相では分からない」と言われたそうです。
それで、駅に向かって帰るときに私と出会ったのです。

彼女は求めていた人でした。
彼女は真剣に求めていて、神様も切実に
その人を復帰したいと思っていらっしゃったのです。

そのような中で、私も真剣に神様の求める人に出会いたいと
お祈りしたとき、その人に出会わせてくださったのです。

神様がその人を伝道したいと思われるならば、
神様はその時と場所にふさわしく、
その人を電車に乗せてでも導かれるのです。

神様の願い、その人の時、そして
行動する私たちの動機が正されたときに出会わされると、
伝道をしながら実感しました。

前田千代子・著『天一国時代の信仰生活講座』
第一章 神による召命
3. 召命される者の条件(一)時と場所


私は、学生時代に
友人を通して伝道されたのですが、
一度誘われた時に断ったのです。

もし、それで、霊の親があきらめていたら、
この道にはいなかったかもしれません。

しかし、数か月後に
もう一度、その霊の親が、誘ったのです。

実はそんなに深い交流をしていたわけではなかったのに、
二度も誘ってくるなんて、断るのも申し訳ないし、
何か意味があるのかもしれないな、
そう思って、誘われて行ったことにより、
今に至っているのです。

やはり、「時と場所」というのはあると思います。
しかも、私が決めるのではなく、天が準備しているのです。
天の導きのままに、天が準備した人を
導いていける者になっていきたいです。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:40 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする