2020年08月07日

もう一つの原爆記念日?! 私たちの日韓問題 《田中地区長『摂理的視点』》



190525.jpg
平和記念公園内に移設された
韓国人原爆犠牲者慰霊碑☆


昨日は広島原爆の日でした。
報道を見ながら、思い出したことがありました。

昨年、田中地区が語られた『摂理的視点』の中で
当時、韓国の人たちが受けた内容と、
韓国のクリスチャン教授が日本にどのような思いを持っていたのか、
貴重な証しを改めて紹介させていただきます。


日韓の問題を語るとき、忘れられない出来事があります。

お父様が摂理を起こした国際キリスト教学生協会ICSA。
韓国から2千名のクリスチャン学生を迎えて、
日本のクリスチャン学生と国際交流させる、そんな企画があり、
1982年から7年間、そのみ旨をしました。

クリスチャン学生を探す⇒教会の牧師に許可を得る⇒日韓歴史教育(半分は去る)
このようにして、日本の学生を準備し
年にツアーが3回あり、1回のツアーに、70名ずつ三陣が
韓国からやって来ました。

そのとき、絶対に連れて行くように、という場所がありました。

広島原爆ドームのある、広島公園の
お堀の傍の狭い土手に、韓国人の原爆慰霊碑がありました(当時)。
2万名の韓国人が被ばくしたといいます。
日本人は公園の中に葬られていますが、
この慰霊碑は、自分たちでお金を出して立てたものです。

日本に連れてこられ、原爆の被害に遭いながら、
戦争が終わったから日本人じゃないという…。

そこに連れて行くと、韓国学生たちは、突然泣き叫び始めます。
砂利を激しく叩き、血だらけになりながら。
そして、「あなたはどう思う?」と必ず聞かれるのです。

日本の学生たちは、何も言えない、
黙って一緒に泣くしかない。
このような一つの峠がありました。


忘れられないのは、引率の一人、ある韓国のクリスチャン教授のことです。

1982年当時、60数歳と言えば、日本語が堪能なはずです。
ところが、6日間、日本語を話せるのに絶対話しませんでした。
相当日本を恨んでいるな、とわかりました。

ところが、歓送会で、日本の5人の学生に向かって
初めて日本語で語り始めたのです。
(70名の韓国人は通訳で聞いた。)
非常に印象的な話でした。

「私は、生涯クリスチャンとして生きてきた。
右の頬を打たれれば左の頬も出し、
下着を出せば上着も与えなさい、いつもそうしてきた。
人生に一点の曇りもない。

しかし、日本人に対するこの思いだけは、
これを許さないという神ではないだろうと思っていた。
これだけは許してくれるとずっと信じて生きてきた。

ところがここに来て皆さんに触れ、神は日本も愛していると知った。
私は本当に神の前に悔いた。
神は自分を見て、どれほど心傷めていたか。
だから、私は日本を赦す努力をします」

彼にとって、新しい神観との出会いだったのです。
大きな転換でした。
5人の日本人学生と寄り添い、ずっと見ていて、
彼の神観にまで変化を与えました。


韓国人が日本人に対して、思う思いは、
「歴史を知らない。知ろうともしない。。。」

実際、日本では歴史で一切教えません。
近代史の(理解)が薄くなってきている。
日本は確かに(日帝時代、朝鮮に)大切なものを提供はしましたが、
その動機はあくまで日本のためでした。

大きな越えねばならない壁があるのです。
向こうの立場に立って接していけるか、
歴史を知らないとできません。

政治に反映されれば、なおいいけれども、
少なくとも我々は、父母の視点に立たなければなりません。

田中富広 副会長(第1地区・地区長)
2019.4.28 松戸家庭教会「摂理的視点」
(文責:ten1ko2)


韓国人原爆犠牲者慰霊碑のこと、知りませんでした。。。
写真にあるように、1991年7月から公園内に移設されている、ということですが、
それでも毎年行われる広島平和記念式典において、
この慰霊碑に追悼する日本人はどれくらいいるでしょうか。

また、韓国の教授が日本に対して抱いてきた思い。。。
クリスチャンは、イエス様が歩まれた道、
『恩讐を愛する』道を歩むのが本来の姿です。
しかし、日本から受けてきた仕打ちを思うと、
日本は恩讐であり、許すことはできない、と思っても、
神様は許してくれると思っていた、と言います。

しかし、このツアーに参加した日本の学生の姿、
韓国人の原爆慰霊碑に向かって、
黙って涙を流している姿を通して、
教授は「日本を赦す努力をします」
と告白するようになったのです。

今もなお、日韓の問題は複雑です。
しかし、一つになる真摯な歩みを通して、
必ず解決される道が開かれていくと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:38 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする