2020年08月09日

私は立派だから召命されたのか?! 涙と葛藤の体験が条件 《天一国時代の信生講》



200809-20200809.jpg
いよいよ本日開催、100万希望前進大会☆


前田先生の
「天一国時代の信仰生活講座」
今回は、『後天的条件』です。


皆さんは日夜、神様を求め、
真理を求めて修行していましたか?

皆さんは周りの人から「あなたのように
優秀な人が行く教会に連れていってください」
と言われる皆さんでしょうか。

内外の実力があり、立派だから召命されたのでしょうか。

それでは、皆さんの何をもって、
神様が召命したいと思われたのでしょうか。

生まれてから今日まで、皆さんは、泣いたり笑ったり、
時には家庭や学校、友達との間や将来のことで、
悩み苦しんだり、葛藤したり、涙を流したりしてきたはずです。

もし神様に出会わなければ、
つらかったその体験は悲しく、不幸な体験とも言えるでしょう。
しかし、皆さんは神様に出会いました。

さまざまな経験があったからこそ、
「やはり人間は堕落していたのか」
「ああ、神様はいらっしゃったんだ」
「み言によってこの問題が解決された」という、
劇的な体験ができたのです。

私たちのこれまでの体験は、結局は
神様に出会うために備えた後天的条件だったわけです。

また、それら全ては、より信仰が深くなるために与えられた
神様の訓練でもあったのです。

もし、力や能力があり、全てがそろった私たちだったら、
神様を必要とするでしょうか。
また、神様の心情が分かる私たちになれるでしょうか。
全ては天の前に捧げた条件だったのです。

前田千代子・著
『天一国時代の信仰生活講座』(6)
第一章 神による召命
3. 召命される者の条件
(二)後天的条件
(Blessed Lifeより)


私自身も恥ずかしながら、
目に見えない世界、
神様、霊界は信じていませんでした。

また、真理探究の道を歩んでいたのでもなく、
将来の目標もあまりにも外的なものでした。

しかし、本心では求めていたのだと思います。
また、創造原理を通して、神様の存在を
すんなりと受け入れることができたのでした。

自分の人生を振り返ったときにも、
『このために人生を歩んできたのだ』
そう断言できます。

改めて、『神様の召命を受けた私である』
という自覚をもって歩んでいきたい、そう思います。

今日の大会の成功を心からお祈りいたします。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)

  200809.jpg  『悠々として余裕のある人』
  季刊『祝福家庭』で10回にわたって連載され、
  好評を博した前田千代子講師の「信仰生活講座」を書籍化したものです。
  千葉中央修練所で長年行われてきた講義のエッセンスが詰まった一冊です。
                              (光言社刊)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:46 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする