2020年09月14日

やる気のない子どもはどうしたらいいか──水辺に連れて行って・・・?! 《橘先生》



200914-2013.jpg


橘先生のコラムより、
「2年間、じっと待ち続けた医師」です。


塾で教えていて一番の難題は、やる気のない生徒です。

私の場合は個別指導ではなく授業を担当しているので、
週2回の授業中だけで、退屈そうに座っている
そんな彼らに動機付けすることは容易ではありません。

出会った時点で、英語が嫌い、興味がない、
外国に行きたいとも思っていない、と取りつく島もなく、
英語は受験に必須、大学に行ってもついて回るよ、
と言ってものれんに腕押しといった感じです。

学習の遅れは、やる気さえあれば取り戻せます。
実際、3年の一学期に赤点を取っていた生徒でも、
数カ月後に国立大学に合格するまでに追い上げています。

眠そうに後ろの席に座っている(授業の邪魔はしません)生徒が、
一昨年の3年生にも一人いました。

秋ともなると他の生徒は授業が終わってもバンバン質問をしてくる中、
一人どこ吹く風の彼に、
「私、○○君も質問してくれるとうれしいなぁ」と言ってみました。

無言で聞き流していた彼でしたが、その数日後、
少し恥ずかしそうに私のところにやってきて質問をしたのです!

正直、ビックリしました。
そして、こちらの気持ちを受け取って
反応してくれたのがうれしかったです。

関心なさそうでいて、講師の言動をちゃんと見ているんですね。
それなりの関係は築けているのかな、と思いました。

サポート役は信頼関係を築いて付き合っていく、
(適度の刺激を投げ掛けつつ)待っていく…そんなところかなと思います。


ある精神科のお医者さんがこんなふうに言っていました。

「医者は人の心を救うことはできない。
できるのは寄り添うことだけだ」

その先生は、親に連れられて自分の診察室に来た女の子
(小学校高学年だったと記憶しています)を何年にもわたって診ています。

最初の2年は彼女は一言もしゃべらず、
先生もひたすら彼女が言葉を発するのを待ったそうです。
無言の時間が過ぎて、彼女は帰って行く。
その繰り返しだったとのこと。
2年という歳月を待ち続けた先生の愛情に感嘆しました。

「ただ隣に座って、言葉に出てくるのを待ちました。
心のケアをする自分は黒子のようなもので、
なくてはならないけれど表には出ない。
常にスタンバイはしている」

先生はそう言います。

「馬を水辺に連れて行くことはできても、
水を飲ませることはできない」
英語の教材に載っていたイギリスの諺です。

お母さんが彼女を水辺に連れて行って、
お医者さんは彼女が水を飲みたくなるのを待った。
水を飲み始めた彼女は、少しずつ元気になっていきました。

夫婦愛を育む 130
2年間、じっと待ち続けた医師
ナビゲーター:橘 幸世
Blessed Lifeより


女の子が話すのを2年間待った先生。。。
本当に素晴らしいですね。

今は、天一国時代を迎えて、
実体が問われる時が来ています。

天のために涙する信仰も重要ですが、
今は、人の心に寄り添う、愛の投入、
これも重要であると感じます。

寄り添うことが、結果的に
その人の魂を救うことになるのだと思いました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)