2020年09月27日

本日、第2回100万名希望前進大会! そうそうたる顔ぶれ、全世界オンライン!



IMG_4673.JPG


本日まもなく第2回100万名希望前進大会が
行われます。

式次第がきていますのでお伝えします。


第2回 神統一世界安着のための100万名希望前進大会に、
ご参席賜り有り難う御座います。
日頃のご厚情とご支援に深く御礼申し上げます。

去る8月9日、UPFなどの共催で韓国の平和ワルドセンターを拠点に
全世界の約150万人をオンラインで結ぶ
「平和世界構築のための希望前進大会」(Rally of Hope)が開催されました。

同大会では、潘基文(パン ギムン)前国連事務総長をはじめ、
UPFの主要プロジェクトの1つであるISCP(世界平和頂上会議)のメンバーである
カンボジアのフン・セン首相、セネガルのマッキー・サル大統領、
ブリジ・ラフィニ ニジェール首相などの国家元首級の指導者が登壇し、
コロナ時代における世界の連帯と行動の必要性について訴えました。

また、9月11日から〜13日にかけて、UPF創設15周年を記念する
国際指導者会議(ILC2020)が開催されました。

時差の問題を克服し、オンライン会議を開催する目的で、
世界を3つのゾーンに分け、日本は
「アジア太平洋タイムゾーン」の一員として同会議に参加しました。

この国際会議には、三日間で27ヵ国から85人がパネリストとして参加し、
日本からも合計12名がスピーカーとして貢献しました。

同会議の各セッションは、UPFの主要プロジェクトである
ISCP、IAPP、IAPD、IAFLP、IMAP、IAAP、IAEDが主導して行われ、
それぞれの分野の著名な指導者たちがオンラインスピーチしました。

このようにUPFは現在、コロナ禍における国際会議の新しいあり方を
積極的に提示しています。

こうした成果を踏まえ、このたび第2回目の
「神統一世界安着のための希望前進大会」が、
韓国を拠点としてオンラインで、全世界を連結して行われます。
日本におきましては、335ヵ所を韓国と中継で結んで、
この大会にオンラインで参加しています。



IMG_4672.JPG
※当日の式次第では、基調講演(1、2)が
2名増え、順序が若干変更されています




上に紹介されているように、先日、9月11〜13日に、
多くの分野の指導者たちが一堂に会して
ILC(国際指導者会議)が行われたということです。

中和新聞on-lineと、先週のHJグローバルニュースにも
紹介されていました。

その報告を通しても、
世界平和を目指して、何もないところから始まった、
真の父母様の歩みがここまで来ているのだな、
そのように感じます。

今日の100万希望前進大会においては、
政界のVIPたちがスピーチされる予定です。

ご自身の栄光を一切顧みず、
世界平和と人類の幸福を目指して、
ただひたすら歩まれる真の父母様。
その思いが多くのVIPたちに広まって、
志をともにする人たちに
拡散することを心から願います。

今日の大会の成功を改めてお祈り申し上げます。
また、明日以降、その内容をお伝えします。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする