2020年09月30日

(証し)「私はただスピーチをするために、この国に来たのではない」 お母様が大統領を渉外?! 《ドミニカ共和国》



200930-20191215.jpg


ドミニカ共和国の国家メシヤ
河野高志先生(777家庭)が
お母様の証しをしてくださっています。


1996年
ドミニカ共和国の国家メシヤを拝命して以来、
同国の救いのために歩んできました。

その中で忘れられないのが、
1999年5月、
「真の家庭世界化前進大会」で
真のお母様がドミニカ共和国に
来てくださったときのことです。

お母様は首都サンドドミンゴの大統領府で、
当時のレオネル・フェルナンデス大統領(42歳)に
お会いになり、み言を語られました。

お母様は終始ユーモアを交えながらも、
ズバリ、核心を突くメッセージを語られました。

「若くてハンサムな大統領だと聞いていましたが、
実際はもっとハンサムですね。
日本の宣教師たちを保護し、
ご協力くださって本当にありがとうございます。

私は35か国80か都市を巡回中です。
このサントドミンゴは68番目にあたります。

私はただスピーチをするために
この国に来たのではありません。

この国を世界の模範的な国家にするために、
あらゆる協力をしたいと思い、やってきました。

そのために、この国の家庭連合の責任者を
一緒に連れてきました。

どうか政府も一緒に協力してください。
大統領は一国のお父さんです。
その夫人はお母さんです。
国民には父母が必要です。

大統領は今、お独りだと聞いていますが、
この国のためには、結婚しなければなりません。

今、大統領は
心に決めた人がいらっしゃるのですか?

そうでなければ
私と私の夫が協力してあげましょう!

ご存知のように私と夫は、
世界的に何億双も祝福結婚式を
主宰、推進しているからです」(要旨)

自ら先頭に立って
大統領を伝道しておられる
お母様の姿を目の当たりにして、

私は、
『これはもう、死んでも
この国を復帰する以外に、
真の父母様に親孝行する道はない!』
と心に深く感じ、この時私は、
この国に永住することを決意したのです。

河野高志



この時、お母様とお会いされた
レオネル・フェルナンデス大統領は
三期大統領を務められました。

お母様から、祝福結婚の話をされていましたが、
その後はどうなったのか、気になるところですが。。。

フェルナンデス大統領の後、後継者として指名されたのが、
現在のダニーロ・メディーナ大統領であり、昨年末に行われた、
『2019中南米・カリブサミット』において、
その代理として知事が出席しています。

このサミットには、
前・現職首脳18人、国会議長12人、国会議員約30人など
著名な中南米の指導者をはじめ、
ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、グアテマラ、ドミニカなど
中南米33カ国を含む43カ国から500人余りが参加しました。

お母様の名代として、善進様がメインスピーカーとして
おくられました。
(写真参照)

間近でお母様の熱心な姿に接した
河野先生が、ドミニカ共和国に
永住する決意をされた、
本当に素晴らしいことだと思います。

お母様は、今でこそ国家的義人たちを
何人も渉外されていますが、
その当時から、すでに、そうだったのだと
感動しました。

具体的な活動内容はわかりませんが、
おそらく、河野先生の20年間にわたる精誠が、
実りを結んでいるのであり、
お母様の心情が、河野先生の歩みに
引き継がれているのを感じるのです。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:20 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする