2020年10月13日

イエスの十字架を嘆き悲しむ牧師は(ほとんど)いなかった?! 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



201013-Gustave_Dore_The_burial_of_Christ.jpg


李ヨハネ先生のみ言。
今回は、「自分を失うな」です。


イエス様が来られて、このように哀れな路程を
歩まれましたが、今日私たちの生活はどうでしょうか。

巡回伝道団活動をすると言いながら、自分を失ってしまう人がいます。
伝道活動をすると言いながら、ただ年月だけを送る人もいます。

他人と調和せず無関心であり、涙もなく、
ただ世間の人と同じように、ご飯を食べ勤務するのです。
結果に得意になり、組織の中でふらふらしているというような
すべての行為は、自分を失って生きることです。


牧師が説教台の上で説教しながらも、
聖書を信じる人でない場合もあります。

聖書を教える人であって、自分が信じるから
ほかの人々に信じてみろという人ではありません。
自分の生活の手段として話すのです。
そうだとすれば、ご飯のための牧師ではありませんか。

牧師たちがどのような人たちなのかということが、
統一教会の超教派活動を通して明らかにされました。

統一教会で原理をいくら聞かせても、
主の十字架がやるかたないと嘆く人が一人もいません。
涙を流す人がいないのです。

これはどういうことですか。
胸を打って慟哭すべきではありませんか。
本当に主を愛するのなら、主の
やるせない事情を知って目が丸くなるでしょう。

統一教会のセミナーに参加するのに、
往復の旅費をもらって行き、一流ホテルで過ごし……。
そして、またいつセミナーをするのかと言い……。
統一教会から受ける外的恵みにだけ目がくらんだのです。
原理に刺激を受けて涙を流す牧師は、一人もいません。


これは他人の話をしているのではありません。
父母の心情が分からなければ、
今日の私たちもそうなってしまいます。
皆さんはどんな人ですか。

今年教会では、学舎教会の学舎長たちと、
神学校の四年生の卒業生たち四十数名が
牧会に出ることになったということで、期待をかけています。

初めて四年制の神学校の卒業生たちを送り出す学校としては、
心配にならざるをえません。

四年間、白塗りをうまくやり、ペンキ塗料の中でも、
高級の塗料を塗ったのです。
これからこの人たちが出ていって、
もしも説教も原稿を書いてし、祈祷も祈祷文を書いてし……
となったら、これは偽物です。

自分の心があふれ、相手と相対基準を結びながら
感銘を与えてこそ、本物ではありませんか。

心情のこもっていない祈り、愛着心のない祈り、
説教だというのでする説教……。
まかり間違えば、このような人を育ててしまいやすいのです。

この世では、偽物で商売をすれば、すぐにばれてしまいます。
偽しょう油、偽豆腐、偽ごま油……。
かえって宗教界は、生涯偽物であっても、だれも見破る人がいません。
偽の指導者を使われる神が罪人になってしまうのです。


これをどこから改善していかなければなりませんか。
自分からしていかなければなりません。
ですから反省し、告白するのです。
そして真実でなければなりません。

自分が真実でないのにだれが指摘してくれますか。
指摘する人も、全く同じようになります。
自分が自分をチェックしないかぎり、だれが指摘するのかというのです。
神もできません。
神がどうしてされるでしょうか。

統一教会の食口たちは本当に純真です。
先生が立てられたといえば、
心情がなくても牧師様、教会長様……、となります。

このようになると、どれほどだましやすいでしょうか。
私は教会から人事された教会長だと言えば、だませるのです。

生活の中の心情復活」
 (『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題) 

信仰・希望・愛の路程  
一九八五年十月二十九日(火)統一神学校
この説教はチャペルの時間に語られたもの


とても厳しいみ言ですね。

韓国のキリスト教の牧師たちは、
イエス様の十字架に涙を流す人はいなかった。。。

実際にセミナーに参加した牧師たちの姿を
ヨハネ先生が見ておられたと思うので、
本当だったのではないでしょうか。

しかし、そのことを牧師に指さすのでなく、
自分自身に指をさしたらどうでしょうか、と言うのです。

形式的な信仰、祈り、説教であってはならない、
私たちは、「生きる者」にならなければいけない、
そのように思わされます。

お父様は、開拓期時代、とくに平壌で活動した時、
「泣く教会」と言われるほど、
イエス様のために涙を流されました。

私たちも、無念な死を遂げたイエス様を思って涙し、
真の父母様の苦労の道があったことを思って、
孝情の心情を持って涙の道を歩む、
私たちにならなければならないと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 07:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

今年の秋夕は、若者たちとお月見・・ 「皆さんは、宝物の中の宝物、私の息子娘」



201012-20201003.jpg


HJグローバルニュースより、
秋夕の時の様子と、青年指導者たちに
語られた真のお母様のみ言を紹介します。


(♪オンマヤ、ヌナヤ
  ユー・アー・マイ・サンシャイン)

愛の木の広場に場所を移された真の父母様は、
天一国国立大学神学科の3、4学年で構成された
青年世界本部チームと
鮮鶴鮮文UPA生徒の未来指導者達と共に、
お月見を共に楽しまれました。

201012-201001.jpg

天地解怨秋夕節 お月見
天一国8年天暦8月15日(陽10.1) 


秋夕節の2日後である、天暦8月17日、
天正宮博物館では、「天地人真の父母様主管未来指導者 
秋夕節特別集会」が行われました。

尹煐鎬世界本部長の摂理特別講義を通して、
天一国安着の新時代を開いてくださった
真の父母様の天宙的カナン7年路程の心情と実践を相続した、
青年世界本部チームと鮮鶴鮮文UPA生徒たちは、
真の父母様をお迎えし、特別集会の時間を共に過ごしました。

(♪ホルロアリラン)


  真の父母様のみ言

皆さんは一世、二世、三世ですか?
天一国時代において、摂理の完成のために、
中心に独り娘真の母と皆さんがいます。

信出、信興生徒が皆さんのチーム長ですね?
孫であるのもそうですが、
天一国時代においては息子です。
ですから皆さんも私の息子・娘です。

皆さんこそが宝石の中の宝石であり、
真珠の中の真珠です。
皆さんは一人ではありません。

信出、信興は、このように移動する時、
皆さんが共に一つの心、一つの志で、
天に報告しながら、出発する習慣をつけてください。

霊界のあなたたちの父と叔父たちが、
あなた達が動くその道に共にし、
より驚くべき奇跡を皆さんを通して起こしてください。

協助してください、と祈れば、
それがまさに結果として現れるのです。
ようするに、天に報告する思いで、
すべてを始めなさいという話です。

皆さんがきょう帰るという話を聞きました。
ですから真のお父様がいらっしゃった時に好んで
召し上がられた、かぼちゃ飴をあげたいと思います。

アラスカでは9月となり、10月になれば
とても寒いのです。
寒い中で役に立つのは、熱量を出すことのできる
そのような飴が必要です。

韓国に来てみると、鬱陵島(うるるんとう)
カボチャ飴があります。
それでそれを差し上げたところ、本当に気に入られ、
いつも糖分が必要だという時には
お召し上がりになりました。

それを書斎にずっと置いていたのですが、
きょう皆さんが来るという話を聞いて、
それを全部持ってくるように言いました。

甘いので美味しく食べて、
これまであったことを思い返しながら、
皆さんのお母様が素敵でしょう?
いつも考えてください。


天地人真の父母様主管 未来指導者秋夕節特別集会
天一国8年天暦8月17日(陽10.3) 天正宮博物館

HJグローバルニュースより
https://www.youtube.com/watch?v=V6pWDayd9cs


信出様・信興様がリーダーとして、
訓練を受けてきた鮮鶴鮮文UPAのメンバーたち。
お母様も大きな期待を込めておられると思います。

「協助してください、と祈れば、
それがまさに結果として現れるのです。
ようするに、天に報告する思いで、
すべてを始めなさい」

これは、まさに今の私たちにも必要な、
幼いころから天の父母様に報告しながら、
10代で真の父母としての道を歩み始めた
お母様の体験に基づく、貴重なみ言であると思います。

昨日は、全世界の指導者たちを
リモートで集められ、祝勝会が行われました。

内外ともに、新しい出発です。
天に祈りを捧げつつ、
お母様の願いを果たす歩みをしていきたいと思います。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

昨日行われた「天寶大祝祭」、双方向通信に選ばれました! 《お母様のみ言》+裏話



201011-20201010.PNG


昨日は、真の御父様聖和8周年特別精誠40日路程の
フィナーレを飾るべく、
『2020天寶大祝祭』が
清心平和ワールドセンターで開催されました。

その時に語られたお母様のみ言と、
わが教会における裏話を紹介します。


どのくらい待ちに待ったこの一日でしょうか。
私たちの天の父母様はその夢を地上で
子供たちと一緒に成し遂げようとされました。

しかし、人間の堕落は天の父母様を
あまりにも苦痛にしました。
どのくらい辛く、耐え、待ってこられたこの瞬間でしょうか。

今日、天寶に入籍した家庭は、
本然の、天の父母様が夢見てくださった
純粋で純潔な天寶に登載された天一国の真の民達です。

待ってこられた天の父母様に、
私たちが地上にいる間に、天の父母様の願い、
真の父母様の願いは世界人類が父母様に侍る
人類一家族です。

その日を迎えるにあたって、今日、
天寶に登載された家庭たちは
天一国の民としての責任があります。

地上にいる間にどのようにしてこそ私の隣人に、
氏族に、国に、世界に天寶家庭としての領域を
広げるかによって、私たちが帰っていく
天上世界で永遠に自由になることができる
幸せな天寶に登載された責任を果たす家庭としての、
これからは人類歴史はもちろんであり、
代をついで永遠に尊敬と愛を受ける
偉大な名門家になることを祝願します。




お母様が待ちに待たれた天寶家庭。。。
神様もどれほど喜ばれておられるでしょうか?
お母様は心から祝われ、さらに発展することを願われています。

ここで、ちょっとした裏話をお伝えします。

今回、リモートで行われたわけですが、
わが松戸教会は、双方向通信をすることになりました。
こんな感じで映りました。


201011-20201010 (2).PNG


たとえ小さな画面だったとしても、
お母様の前に私たちの姿が届くことになり、
心して備えていくことになりました。

ところが、前日のリハーサルにおいて、
なぜか、こちらの映像がうまく届かないことが発覚しました。

教会のノートパソコン、青年部長のノートパソコン、
さらには、教会長のノートパソコンを試しましたが、
現場の映像は見れるのに、こちらの映像が送れません。
リハーサルどころではなくなってしまいました。

私自身のPCスキルの足りなさといったら、それまで、ですが、
教会長は、これは『意味があること』と受け止めてくださり、
翌日が導かれるように、
そのばにいたスタッフで祈祷と敬拝をすることにしました。

敬拝の途中、一人の婦人が、
嗚咽しながら、「胸が痛い、一つになっていないと感じる」
と告白したり、
33拝目で、突然ロウソクの灯が消えたり、
ただならぬ状況になりました。

やはり、私たちの「天寶に対する認識が足りなかった」
「お母様が備えておられる心情には程遠いと感じた」
とみんな悔い改めて、当日に臨みました。

結局昨日は、教会長がご自宅から持ってきてくださった
ノートパソコンでこちらの映像を送ることができ
無事参加することができました。

さて、エンターテイメントのとき。。。
現地で双方向の案内をするスタッフが、
「盛り上がってください。踊って下さい」と指示がありました。

こういう時にいつも盛り上がってくれるある婦人を中心に、
踊り始めたところ、現地のスタッフより
「松戸教会、いいですね~」と声があがりました。

さらに何人もの食口が踊りはじめ、2回目、
教会長夫妻も踊られて、結果的に三回も
「松戸家庭教会」の名がコールされたのです。

その言葉だけで、昨日の苦労と疲れから、
一挙に解放されてしまいました。

教会長も
「このために昨日のハプニングがあったのかもしれないですね」
と、慰労の言葉をかけてくださいました。

お母様は、天寶家庭を軸にして、
世界を回そうとしておられることを感じます。

私たちもお母様の願いに応えるべく、
微力ながらも投入していきたいと決意させられます。

そして、縦横の430代を見事に勝利された天寶家庭の皆様。
心より、お祝い申し上げます。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする