2020年10月05日

損な役回りだなと思ったとき、実は「神」になるチャンス?! 《自己牧会プログラム》



201005.jpg


毎回恒例の「自己牧会プログラム」
今回は、『天が呼んだら無条件に行く』です。


青年のホームで共同生活をしています。
 
ある日、朝の慌ただしい時間に、
出掛けたはずの先輩(社会人)から電話がかかってきました。
「定期券と財布を忘れたから持ってきてほしい」というものでした。

一瞬、「うわあ、困ったな」と思いましたが、
とにかく忘れ物を持って自転車を飛ばしました。

途中、「朝のルーティンが乱されて嫌だな。
いつもこういう役回りがオレだ。
暇だと思われてるのかな……」など、
いろいろとネガティブな思いが湧いてきました。

そこで、自転車を走らせながら、
「自覚を取り戻す」ワークをして、
自分本位の思いを手放すように努めました。

すると、「忘れ物を届けてあげると、
二人で喜びを分かち合えるね」という
良心の声を感じたのです。

このとき私は、
「先輩の最大のピンチを救ってあげたい」
という思いが「本来の自分の思い」であることに
気が付きました。

駅に着いて忘れ物を渡すと、先輩は
「神様が来てくれたようだ」と、とても喜んでくれました。

この出来事を通して、
「天が呼んだら無条件に行く」という
真の愛の主人になりたいと、改めて思いました。

(男性 大学生)

私の心の中にいる神様 37
天が呼んだら無条件に行く
 良心との対話で、ワクワク感が止まらない!
 真の父母様が、「第二の神様」であると言われた“良心”。自分の心の中にいる神様―良心―と対話(瞑想、祈り)することによって、自己中心的な思いに囚われていたことに気付き、本然の自分を取り戻していくことができます。
 そんな真の父母様のみ言と解説、それに基づいた実践(ワーク)を軸に展開されている自己牧会プログラムの中で多くのかたが感じた体験をお届けします。
(blessed lifeより)


マイナス的な思いになった時、
すぐに良心の声を聴くべく、
『自覚を取り戻す』ワークをすることで、
転換されていく、という、
とても率直な、純粋な証しでした。

私の肉心の思いというものは、
肉体がある限り、
生涯つきまとっていくのではないでしょうか。

常に、良心を中心とした生活を送る、
というのは、とても難しいことだと思います。

だから、どれだけ心情転換できるか、
切り替えることができるかが、
重要なのだと思います。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:12 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする