2020年10月12日

今年の秋夕は、若者たちとお月見・・ 「皆さんは、宝物の中の宝物、私の息子娘」



201012-20201003.jpg


HJグローバルニュースより、
秋夕の時の様子と、青年指導者たちに
語られた真のお母様のみ言を紹介します。


(♪オンマヤ、ヌナヤ
  ユー・アー・マイ・サンシャイン)

愛の木の広場に場所を移された真の父母様は、
天一国国立大学神学科の3、4学年で構成された
青年世界本部チームと
鮮鶴鮮文UPA生徒の未来指導者達と共に、
お月見を共に楽しまれました。

201012-201001.jpg

天地解怨秋夕節 お月見
天一国8年天暦8月15日(陽10.1) 


秋夕節の2日後である、天暦8月17日、
天正宮博物館では、「天地人真の父母様主管未来指導者 
秋夕節特別集会」が行われました。

尹煐鎬世界本部長の摂理特別講義を通して、
天一国安着の新時代を開いてくださった
真の父母様の天宙的カナン7年路程の心情と実践を相続した、
青年世界本部チームと鮮鶴鮮文UPA生徒たちは、
真の父母様をお迎えし、特別集会の時間を共に過ごしました。

(♪ホルロアリラン)


  真の父母様のみ言

皆さんは一世、二世、三世ですか?
天一国時代において、摂理の完成のために、
中心に独り娘真の母と皆さんがいます。

信出、信興生徒が皆さんのチーム長ですね?
孫であるのもそうですが、
天一国時代においては息子です。
ですから皆さんも私の息子・娘です。

皆さんこそが宝石の中の宝石であり、
真珠の中の真珠です。
皆さんは一人ではありません。

信出、信興は、このように移動する時、
皆さんが共に一つの心、一つの志で、
天に報告しながら、出発する習慣をつけてください。

霊界のあなたたちの父と叔父たちが、
あなた達が動くその道に共にし、
より驚くべき奇跡を皆さんを通して起こしてください。

協助してください、と祈れば、
それがまさに結果として現れるのです。
ようするに、天に報告する思いで、
すべてを始めなさいという話です。

皆さんがきょう帰るという話を聞きました。
ですから真のお父様がいらっしゃった時に好んで
召し上がられた、かぼちゃ飴をあげたいと思います。

アラスカでは9月となり、10月になれば
とても寒いのです。
寒い中で役に立つのは、熱量を出すことのできる
そのような飴が必要です。

韓国に来てみると、鬱陵島(うるるんとう)
カボチャ飴があります。
それでそれを差し上げたところ、本当に気に入られ、
いつも糖分が必要だという時には
お召し上がりになりました。

それを書斎にずっと置いていたのですが、
きょう皆さんが来るという話を聞いて、
それを全部持ってくるように言いました。

甘いので美味しく食べて、
これまであったことを思い返しながら、
皆さんのお母様が素敵でしょう?
いつも考えてください。


天地人真の父母様主管 未来指導者秋夕節特別集会
天一国8年天暦8月17日(陽10.3) 天正宮博物館

HJグローバルニュースより
https://www.youtube.com/watch?v=V6pWDayd9cs


信出様・信興様がリーダーとして、
訓練を受けてきた鮮鶴鮮文UPAのメンバーたち。
お母様も大きな期待を込めておられると思います。

「協助してください、と祈れば、
それがまさに結果として現れるのです。
ようするに、天に報告する思いで、
すべてを始めなさい」

これは、まさに今の私たちにも必要な、
幼いころから天の父母様に報告しながら、
10代で真の父母としての道を歩み始めた
お母様の体験に基づく、貴重なみ言であると思います。

昨日は、全世界の指導者たちを
リモートで集められ、祝勝会が行われました。

内外ともに、新しい出発です。
天に祈りを捧げつつ、
お母様の願いを果たす歩みをしていきたいと思います。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする