2020年10月19日

天一国の門が開かれた! 最高の後ろ盾をもつ私たち 《天寶大祝祭 祝勝会のみ言》



201019-20201011.jpg


先週日曜日に行われた
『天寶大祝祭 祝勝会』における
お母様のみ言を紹介します。


天が主管され得る天一国の門が開かれました。

そうであれば、天一国の民として、
資格を備えた人々がいなければなりません。
祝福を受けたからと言って、
すべて資格を備えたということではないのです。

成長期間があります。
義務と責任です。
責任をどの位、どのように果たしたのかによって、
その家庭の格位が決定されるのです。

そのために全世界の祝福家庭は、
氏族メシヤの責任を果たさなければならず、
天寶に入籍する家庭にならなければならないことは
勿論であり、そこで留まってはいけません。
代を引き継いで進まなければなりません。

現在自分が天寶家庭として、この地上で、
特に独り娘・真の母がいらっしゃるこの瞬間に、
自分の生涯でどれだけ領域を広げたのかというのです。
それが永遠なる世界の皆さんの財産になるのです。

天の父母様の夢と願いが何であるのかが分かるので、
私はこの7年の間、皆さんは映像を通じて見たでしょうが、
「行くことはできません」
「行ってはいけません」
という所にも行ってきました。

孤児のような人類を、真の父母は天の父母様の前に
再祝福を通して、天の父母様の子女として立つことの
できる門を開けてあげなければならないからです。

77億人類を2027年までの間に、すべて
復帰すれば良いでしょうが、7年路程をかけて
歩んできながら、いまだに多くの越えなければならない
境界線があるということが分かったので、
少なくとも天寶に入籍した家庭と祝福家庭が
私とともに、人類の3分の1でも
復帰しなければというのです。

それで2027年、天の父母様が、
「天の父母様の日」(制定)60周年を迎えるその日、
「不足でしたが最善をつくしました」と報告できる
皆さん全員になるように願います。

この国の既成勢力は衰退していっています。
皆さんは天の父母様、真の父母のバック(後ろ盾)を
持っているのに、何が恐ろしいのですか。

本来、天が祝福しようとされたこの国と民を、
責任を果たせない国と民として
そのまま放っておかなければなりませんか。

あらゆる町や村のすべての民が天の父母様の傘の下、
真の父母に侍らなければなりません。
そのような民族になればこそ、
真正なる統一韓国になることができるのです。

誰もがそのようになり得ないと思った環境を、
7年以内に私がつくりました。
この国の統一教会の歴史は60年を超えます。

今こそ死生決断、全力投球して実績をおさめ、
「天の前に約束したとおりにしました」
という結果をつくってくれるように願います。



天地人真の父母聖誕100周年・天宙聖婚60周年
文鮮明天地人真の父母・天宙聖和8周年記念
天寶大祝祭 祝勝会
天一国8年天暦8月25日(陽10.11) 
清心平和ワールドセンター


この祝勝会は、教会長・婦人代表のみ、
リモートで参加しました。

教会長は、
「とても厳しいみ言で、人事も発表されたり、
祝勝会、というより、出発式のような感じだった」
そのように語られていました。

お母様は7年路程を通して、
特に昨年末の40日路程を通じて、
多くの奇跡を起こしていかれました。

これからは私たち、
子女の責任を果たす時です。

「天の父母様、真の父母のバック(後ろ盾)を持っている」
このみ言を胸に刻まなければならないと思いました。

私だけが歩んでいるのではない、
神様と真の父母様がともにおられるのだ、
そのことを強い意識をもって歩むこと。
今、私たちに願われている内容だと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする