2020年10月22日

「聖歌」に対するお父様の接し方 作った人以上に愛される 《金元弼先生》



201022-19650128.jpg
初来日の日に開かれた「大先生歓迎大礼拝」で
聖歌指導される文鮮明先生
(1965年1月28日、渋谷区南平台・東京教会)


1976年に、日本で語られた
金元弼(キム・ウォンピル)先生のみ言
「神を慰める者となりましょう」より、
『聖歌を愛する心情』です。


私たちは、いつも先生をお手本としています。

あるいは夢の中に、あるいは他の形を通して、
世界中の統一教会の兄弟が色々教えていただいています。
きょうは先生から教えられたことを皆様にお話ししたいと思います。

日本の兄弟が聖歌の編集ということで、
韓国へいろいろと聞きに来られましたが、
聖歌には、先生が作られた歌もあり、
我々が作った曲もたくさんあります。

また既成教会でよく歌われている歌もあります。
そして、聖歌を作って、教会から一時離れている人もいます。

私たちは、兄弟の中で何か良いことがあると、
その人の良いこととして考えます。
しかしその人の良いことが、私の良いこと以上の良いこととして、
それを見守ってあげるということが非常に難しいと思います。

先生は、神との触れ合いで、いろいろと感激された喜びを書き表したり、
作曲されることがたくさんあります。
先生御自身が作詞されなくても、作詞したその人以上に、
また作曲したその人以上に、その曲を、その歌詞を非常に愛されるのです。

皆さんが一つの歌を作ったとしましょう。
そうすると、作った人は非常に感激して作ったのですから、
その歌を非常に愛します。
自分が作った歌だから愛するのだろうと思います。

ところが先生は、その歌を作った人がその歌を愛する以上に、
その歌を愛されるというのです。
これは簡単な話ですけれども、非常に意味深い話だと私は考えます。

聖歌の中には、世の中の人が作った歌もあれば、
また既成教会の人たちが作詞した歌もあります。

その歌を作った人で我々の教会に反対するという人もいるでしょう。
あるいはその歌を作って、また世の中に帰ってしまった人もいるでしょう。

だからといって、この歌を作った人はこういう人であるから、
その歌を私は絶対に歌う必要がないと言うのではありません。
その歌を作った人がどういう人であってもかまわないのです。

その歌が神の心を歌ったものであり、
神の心情が描かれているとするならば私は歌う、それでいいのです。

その人は大変神の心情に触れて、その心情を描いたのです。
先生は、その人が神の心情に触れた程度を数字で表すということを
決してなさいませんが、その人が特別、自分の心を表現しようとしたのを、
先生御自身が書く以上のものとしてこれを受け入れるということなのです。

私たちが神のためにささげ物を大事にしたいとする時、
天から見ればこれは非常に低いものですが、
先生はそれを低いものとして見るのではなく、
もっとそれを高めて、そして神のものとして見つめてくださるのです。

私たちは神のためにみ旨のために働いたけれども、
その実というものは、私たちから考えても、そう大きいものではありません。

しかし、先生はそれを受け入れる時に、
天の摂理路程において非常に大きな貢献をしたかのように、
褒めたたえてくださることを、私たちはたびたび見ます。

私が心を打たれたのは、そういうように、
歌を作ったその人以上にもっとその歌を愛されたことでした。

『伝統の源流−主と歩んだ教会創立以前の道』
金元弼
(「神を慰める者となりましょう」 
一九七六年四月四日東京教会)
※本書は、『信仰と生活第二集伝統の生活化』
を改題したもの


人が作った聖歌を愛されるお父様。
本当に素晴らしいですね。。。

離教してしまった人の作った聖歌も
いまだに残っている理由、
以前聞いたことがありましたが、
今回、明確にわかりました。

確かに、聖歌の中には一般の人が作ったものや、
キリスト教で良く使われる讃美歌もあります。

その人自身は、私たちの教会に対して、
いい思いを持たれていなかったとしても、
神様を愛する心情は不変のものです。

その心情を愛するお父様なのですね。

私たちも教会に偏見を持たれる人に対しても、
「神を愛する」という観点においては、
謙虚になっていく姿勢を持たなければ、と思います。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:26 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする