2020年10月30日

お父様に、「キスしなさい!」と言われたら?! *6500双10年目、ジャルジンで



20090928115836.jpg
☆6500双の祝福式☆


6500双祝福32周年、おめでとうございます!

今回は、6500双の方の証しを紹介します。
以前、松戸教会に来られて講話をしてくださいましたが、
そのうちの一部です。

真のお父様にまつわる心に残る証しです。


南米ジャルジンの修練会に夫婦で参加をしました。
第3回目の修練会で、もの凄く人数が多かったのです。

妻と相談して、「明日は、前の方に座ろう」
ということになり、
朝の3時におきて、
前から3番目に座ることが出来ました。

お父様のみ言が始まります。
お父様が、
「この中で夫婦で来ている者、手を挙げて」
もちろん、基本的にジャルジンは
夫婦で参加するわけですから、
ほとんどの人が手を挙げるわけです。

ふと、お父様は私たち夫婦の前に近づきました。
そして、突然両手を出して、頭をつかみました。
そのあと、「キスをしなさい」
と言われて、キスをしたのです。

この時、本当に解放されたんです。
それは、キスをしたことが良かったというのではなく、
隠されたエピソードがありました。


6500双の祝福のとき、
お父様に初めてお会いした喜びがあり、
そして、貴いみ言を受けたにも関わらず、
疲れて眠くなってしまいました。
実は、妻も同じでした。

ふと、何か全体が盛り上がっている、
騒がしい雰囲気に気づきました。

一体何があったのか、
そう思って、周囲に尋ねてみると、
お父様がカップル全員に、
キスをするように言われたのです。

それを聞いて、とても悔やみました。
それは、「妻にキスが出来なかった」ということではなくて、
初めてお父様にお会いして、
初めてお父様から指示されたみ言を成就できなかった、
そのことがお父様に申し訳ない・・・
心から申し訳ないと思ったのです。

その思いを10年間持ち続けていました。

そして、ジャルジンでのお父様との出会いがあったのです。

文責:ten1ko2


お父様が6500双の時に、
「キスをしなさい」と語られたのは、有名な逸話ですよね。

まさか、こんなところで、
10年間負債に思っていたことを
成就できるなんて、考えもしなかったことでしょう。

ずっと負債に思っていた、というのですから、
お父様はご夫婦のところに来たときに、
当然、何か感じられたのだと思います。

また、朝の3時から起きて、前の席を取った
その精誠もよく理解されたに違いありません。

今は、実体のお父様はおられませんが、
真のお母様がおられます。

私たちの過去の負債や、勝利できなかったことを
親として、清算する道を与えてくださっているのだな、
そのように感じさせていただきました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


  お父様のみ言

神様が人間を堕落のなかった世界に
回復させるということは必然的なことです。

神様は、堕落のなかった完成したアダム世界のために、
すべての怨讐を収拾しなければなりません。
そこには怨讐がありません。
すべてが兄弟であり、
一つの家庭であるという概念しかありません。
のみ込むのです。

パンタナールの魚世界では、
大きいものが小さいものをのみ込んでしまいます。
そこに何かの汚いものがあろうとなかろうと関係なく、
すべてのみ込むのです。
内臓の糞だろうと何だろうと
丸ごとのみ込んでしまうのです。


環太平洋摂理 より



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:11 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする