2020年11月21日

平和を愛する世界人、釣りの世界でもNo1 になれた理由 《金元弼先生》





1976年に、日本で語られた
金元弼(キム・ウォンピル)先生のみ言
「神を慰める者となりましょう」より、
『誰が主人となるか』です。


昨年のことです。
海に出て、魚釣りをしたことがありました。

この魚釣りに関しては摂理的意義があったことは
御存じのことですので話しませんが、
ニューヨークの幹部の人たちを連れて出掛けられました。

もう本当に元気な人でもそれが十日、二十日と
何日も続きますと、先生が今釣っているのに
部屋の中に入ったり出たり、休んだりするのです。

この船の中で誰が最後まで残るのだろうか、
と心の中で思いながら、熱心に釣っていました。

ところが、その連れ立った者は全員くたびれて、
「海に行こう」と誘うと「何か用事がある」
と言って行かなかったり、行っても
疲れて休んだりしているというのです。

ずっと見つめてみたら、船長がいました。
その一人の人がいつも同じ顔ぶれなのです。
その人だけが残ったのです。

そこで先生は岸に着きました。
そうしたら彼は、まあこれで休むことになった、
と気を楽にしたらしいのです。

ところが先生は、陸に着いたらすぐにお食事を終わらせて、
すぐまた船に帰っていきました。
するとさすがのその人も、本当に疲れたということで、
もうよしましょう、ということになったというのです。


先生は、そういった人々に比べますと、
年を取っておられますが、
若者がいくら力を尽くしても耐えきれないという
その限界を超えるまでは、
御自分からはやめなかったというのです。

そのように、私たちから考えてみたら
くだらないことのように思うかもしれませんが、
先生は釣りをするにしても何をするにしても、
すべてのことに対して心を尽くし、
あるいは力を尽くされます。

誰にも耐えることのできない心をもって
尽くさなければならないと思われて対しておられるのです。


先生は、すべての国にたくさんの宣教師を送って、
命令だけをして黙っておられるのではありません。
先生は、世界の人々が心を尽くす以上の高い次元で、
休まず心を尽くしておられるのです。

家庭では誰が主人になるかといいますと、
主人は中心であり、親ですから、普通は親がなっています。

しかし、もし子供の中で、他の兄弟よりも親よりも
家庭を大切にし、家庭のために尽くす子供がいるとすれば、
その家庭の主人、その中心は、その子供になるわけです。
親があっても、親の責任を子供が果たしうるというのはそのことをいうのです。
幼い子供であっても、親がその家の中心になれずして、
あるいは兄さんがなれずして、末っ子の弟がなることがいくらでもあるのです。

同じように、み旨を知っている私たちは、
教会長だから教会の主人であると言います。
もちろん形状的にも性相的にも主人でしょう。
しかしもしその教会長が、中心でありながら、
その教会を大事にすることができなかったとします。
教会の人々も全部がそうであるとするならば、
その教会の主人は誰がなるでしょうか。
誰もなれません。
その主人は、サタンがなるというのです。

世の中でも、親兄弟がみんな家を大事にしないとしたら、
他の人がその家を大事にします。
下僕が大事にしたら、その家の主人は誰がなるのですか。
下僕がその家の主人になるというのです。
世の中には、そういうことがいくらでもあります。

教会長であるからこそ、誰よりもその教会を愛さなければいけません。
ところが、それをせずに、その教会を支えるために
教会長以上にその教会を愛し大事にする兄弟がいるとするならば、
その人によってその教会は支えられていくのです。

『伝統の源流−主と歩んだ教会創立以前の道』
金元弼
(「神を慰める者となりましょう」 
一九七六年四月四日東京教会)
※本書は、『信仰と生活第二集伝統の生活化』
を改題したもの


お父様の精誠の基準というものは、
本当に頭を下げざるを得ないものだと思います。

かつてアブラハムが象徴献祭に失敗したのは、
鳩を裂くのは、僕に任せたからだということでした。
牛や羊は裂いたのに、鳩は裂かなかった・・・
本当に小さなことをおろそかにした、というのです。

真の父母様は、大きな摂理を動かされる方ですが、
半面、コツコツと小さな精誠を積み重ねていかれました。

私たちも主人意識をもって、
精誠の積み重ねをなしながら
教会を愛するものになっていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:14 | Comment(0) | お父様と海・釣り 自然・万物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

ご子女様を感動させた質問の答えとは?! 《神明先生のUTS時代の神体験》



201120-1980.0515.jpeg


神明先生のエッセイ、今回は、
「あるご子女様との対話:悪をどのように解決するのか?」です。


あるご子女様が1994年の春学期にUTSに入学されたときのことでした。
それは私が総長になる直前でした。

その日は、そのご子女様は私の「キリスト教組織神学」の授業を
受けられた後、教室から出た私を呼び止めて、
次のように言ってこられました。

「あなたは神学者でしょう。
だから、この質問に答えてほしい。
私たちが不十分な人間なので、
私たちの組織の中にさえ悪が起こっているようであるが、
それをどのように解決したらいいですか」

この問題について相当深刻に考えておられたらしく、
真剣なお顔でした。
私もこの問題については自分なりに考えてきたので、
具体的にどのような悪を指しておられるのかを
訊かずとも、すぐにその意味が分かりました。

神学においては、道徳的悪 (moral evil) と自然的悪 (natural evil) の
二種類の悪を考えるのですが、
そのご子女様は、地震やハリケーンなどの自然的悪のほうではなく、
利己主義や権威主義、傲慢、汚職などの
道徳的悪のほうを心配しておられたのです。

それで、私はご子女様の顔を見詰めながら、
泣きそうになってしまいました。
そして、答えをしっかりと書いてさしあげることを約束して、
そこでは別れました。

週末に家に帰ってから、タイプライターに向かって書き始めましたが、
この問題に対する思いが高まり、
神様の臨在を感じつつ、次のように書きました。


「悪をなくす最良の方法は、その悪を行う人を憎まずに
愛をもって接してあげ、その人の所に赴いて、
その悪をあたかも自分自身の悪だと思って背負ってあげ、
責任を持って解決の努力をすることです。

その犠牲的な行為には神様も必ず感動されて、
神様の愛の力が無限に働くようになり、
もはや、この地上では誰もその神様の干渉を
食い止めることができないようになります。

そのようにして悪がなくなり、
その悪を行った人までも変わって行くようになります」


次の週の月曜日にUTSに出勤したときに、
その書いた答えをご子女様に手渡しました。

それを読まれたご子女様はいたく感動されたらしく、
「私はこのような答を今まで聞いたことがなかった。
でも実はこのような答えを知りたかったのだ」
と言われました。


キリスト教でも、今まで悪とは何かという定義は
それなりにされましたが、
悪は消えずに依然として存在する、
という新たな問題にぶつかっていました。

ところが、1970年代頃からようすが変わってきて、
実際に悪をなくすには、その悪の現場に赴いて
責任を持ってそれを背負うという
新しいアプローチが提案されるようになったのです。

それは 「実践的神義論」(practical theodicy) と呼ばれています。
例えば英国の神学者ケネス・スリンによる
『神学と悪の問題』(Theology and the Problem of Evil)という本がそうです。
その本を見つけたとき、私は跳び上がって喜んだものでした。


話を元に戻しますと、そのご子女様は
イーストガーデンにその週末に帰られて、
私との対話の内容を真のお父様に興奮しながら報告し、
私の名前をしきりにお父様に向かって
口にしておられたとのことです。

それが、私がUTS次期総長になるように
お父様が推薦される一つのきっかけになった、
と金孝律先生から後で聞きました。

ドクター神明の信仰エッセー:UTS時代の神体験
神明忠昭
(*ただいま「世界家庭」に連載中です)


神明先生の真摯な信仰と
純粋で温かい心情が、
ご子女様に通じ
それが、真の父母様の耳にまで届き、
この後、UTSの総長になられたわけです。

このようにして悪がなくなっていくと、
断言された神明先生ですが、
これはいつも、学生や教授たちに対しても
そのように実行しておられたからこその
実感のこもった言葉だったことでしょう。

このようにあきらめない姿勢は、
真の父母様の信条にも通じるものがあると思います。

「たとえ だまされたとしても 信じなければなりません。
 たとえ 裏切られたとしても 赦さなければなりません。
 憎む者までも ことごとく愛してください。
 涙を拭いて 微笑みで迎えてください……」

お父様の詩、「栄光の王冠」を思い起こした
今日の証しでした。
神明先生、ありがとうございました。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

お父様が北韓訪問に携帯した聖書?! ダンベリーで通読、33日3時間33分…の奇跡



201119-1991.1206.jpg


真の父母様による電撃的な北朝鮮訪問から
もうすぐ29年がたちます。

金日成主席との会談を終え、
中国経由で帰国されたご父母様の御一行。
そのあとのエピソードを紹介します。


  元香港、ソウル世界日報特派員だった竹谷文夫さんから、
  ダンベリーで聖書を読まれた文先生のレポートが届き、
  その内容に驚きと刺激を受けています。

  以下、文先生が金日成に会うため
  北朝鮮を中国経由で行かれたその時の内容です。



北京の後、私以外の日本人食口は
全員帰国したのですが、
私は御父母様とともに中国に残り、
広東省恵州のPanda自動車社に移動し、
香港に抜けました。

途中、恵州で置き忘れられていた
アボニムのアタッシュケースを、
一行とは別に3時間遅れで私一人で運ぶことになりました。

そのアボニムのアタッシュケースの中には、
アボニムがダンベリー刑務所の中で読まれた
韓国語の聖書が入っていました。

その聖書には創世記から黙示録まで
全ての行が赤鉛筆で線が引かれていました。

裏表紙には韓国語で
「開始1984年12月11日午前0時、
 読了1985年1月13日3時33分34秒」

「読むのに要した期間、33日3時間33分34秒」
さらに「神の御旨をすべて明らかにした」
と書き込まれていました。

アボニムがこの聖書を読み通された期間は、
アボニムが御一人でダンベリーに残っていられた期間でした。

そして、私がこのアボニムの聖書を
恵州から香港に一人で運んだ日、
即ちアボニムがダンベリーで
聖書を読了された事実を知った日は、
アボニムがダンベリーでこの聖書を読み始められた時点から
丁度7年が満了するまさにその日、
1991年12月10日のことでした。

ポーランド国家メシヤ
吉田宏先生が
LINEグループに
紹介したものです
ホームページはこちら ↓  
「令和リバイバル」
(素晴らしい記事がたくさんありますので、
皆様も良かったら、読んでみてください。)


聖書の通読をダンベリーでしておられたお父様。。。
真理を解明され、原理を発表されたにも関わらず、
なお、聖書を読まれていたのです。

読了を3数で終わられたわけですが、
最後、1秒くらいずらして、33秒にしてもいいのに、
あえて、34秒にされています。

3数を越えるとか、何か意味があったのか、
あるいは、時間を意識せずに読まれて、
たまたま34秒になったのか。。。
ちょっと興味深いですね。

ちなみに、聖書の通読は、
休みなしで約100時間だそうです。

お父様は33日で通読されたので、
「一日3時間」と決められて、読まれていたのでしょうね。

お父様の精誠に対して、
改めて感服しました。

さらに、そのダンベリーでの精誠がつまった
聖書をもって、北朝鮮に命懸けで行かれました。

もしも荷物を置き忘れることがなければ
わからなかったことですね。

それからちょうど7年目の日だったというのも、
感慨深いものですし、
数理性の神様を味方につけておられる
お父様の生活、生涯であったと
改めて知ることができました。

素晴らしい証し、
ありがとうございました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:24 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする