2020年11月18日

今でも覚えている珠玉の一章 「見物人」になるな?! 《李ヨハネ先生「信仰と生活」》



201118-Gustave-Dore-Peter.denying.Christ.jpg
キリストを否定するペテロ☆


李ヨハネ(イ ヨハン)先生の「信仰と生活」より、
『見物人になるな』

ヨハネ先生の「信仰と生活」は1冊まるごと
宝物のように貴重ですが、
今回紹介するのは、その中でも印象深い
選りすぐりの内容です。


自分の立場で伝道する人、自分の事情によって、
趣味によって働く人は、
結果が良くなければ気落ちしてしまいます。

だから、結果が悪かった場合に気落ちする人は、
その動機において、
自分の立場で出発したことが露見するのです。

信仰は、立場が問題です。
動機が問題なのです。


コツは神の立場にあるのに、
この立場をしっかり結ばずに信仰する人が多いのです。

こういう人たちを先生は、
「見物人」と言われます。

公園に見物に行くというように、
教会に見物に来た人たちには、
信仰の立場を離れた人が多いのです。


例えば、モーセが六十万の民を連れて
カナンに行く時には見物人がたくさんいたし、
イエス様が奇跡を行った時にも見物人がたくさんいたし、
イエス様の弟子たちですら見物人だったのです。

そのことはどこで分かったかというと、
イエス様が捕まって十字架を担いでいく時、
ペテロにおいては三回もイエス様を否定したことから、
結果が分かったのです。


同じように、私たちが主のために献身的に働いて、
結果が思いどおりにいかなかった場合、
気落ちする人は、結局、この動機が違うのです。

落ちても上がっても、喜ぶ必要もないし、
悲しむ必要もないのです。

なぜ神が、私たちを使っているかを
理解しなければならないのです。
それを、神の仕事を自分がやっていると
錯覚してしまうのです。

自分の仕事は自分自身がやっているのではないのに、
人間は知らずに、うれしがったり、
悲しがったりしてしまうのです。


それは、神の立場に固く結ばれていないからです。
その時は、動機が違うのです。

ここが、信仰者の一番の秘密です。
すなわち、神の立場と自分との関係、
これが「原理」を利用する人の秘密なのです。

だから神のほうで、手を出して捕まえてくださり、
いつも神のほうで、信じなくてはいけない
という証拠を下さるのです。

だれでも信仰を出発した日には、
何か説明できない不思議な力を与えられたはずです。
証拠がなければ、信仰するはずがないのです。
そこにおいて結んだ立場を、
もち続けること、それが信仰なのです。



私がこの道に来たのは、
私自身もいろんな理由があったかもしれませんが、
考えてみたら、自分が動機ではありません。

自分が来たくて来たのではなく、
天が導いてくださったのです。

そのことを感じていながらも、
与えられたみ旨の中で、
あるいは生活の中で
よい結果が出ないと、落ち込んでしまったりします。

そういった意味では、
私たちは原点に返る、
基本に返ることが重要なのでしょう。

見物人にならないよう、
常に動機を意識していきたいと思うのです。







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:56 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

新しい世界が無限に広がる! 海外からの喜びの声 《自己牧会プログラム》



201117.jpg


自己牧会プログラムは、海外でも
紹介されています。
ヨーロッパからの報告です。


私はこれまで、み言や聖書を学び、
訓読、祈祷、通教(教会に通うこと)と、
信仰生活をしてきましたが、それが
自分とどう関係してくるのか、分かりませんでした。

真の父母様が平和と地上天国実現のために、
その全生涯をささげ続けていらっしゃることは
よく分かるのですが、それを自分のこととして
実感することができなかったのです。

ですから、いつも信仰生活と
日々の習慣との間に矛盾を感じていました。

そんな私が、最初に「自己牧会プログラム」の
セミナーを受けた時、
「これは真の父母様の教えの実践法を教えてくれているものだ」
と思い、とても希望に感じました。

そして実際、このプログラムに取り組むと、
いろいろな変化が訪れてきたのです。


職場に人間関係でうまくいかない人がいて、
早急に解決する必要に迫られたときのことです。

自己牧会プログラムのワークに従って、
私の中に平和を感じる努力を続けた時、
相手も平和を感じ始めたことに気が付きました。

驚くべきことに、こういうことが、
毎回とは言いませんが、起こったのです。

このプログラムは、内面の平和を勝ち取ることを
助けてくれることを体験しました。


良心の声を聞く練習を始めてみると、
私がいかに良心の声を聞いていなかったか、
そして良心の声がいかに弱いかが分かりました。

それでも必死に良心の声に耳を傾けていくと、
「心と体を一つにしなさい」という意味の
真の父母様のみ言が少しずつですが、
理解できるようになりました。

真の父母様は、私たちが自分の肉身を自由に主管し、
善良で信仰的で原理的な方法で、
人々に影響を与えることを望んでいらっしゃると思います。

そのためには、心を強くする必要があると思うのですが、
それをこの自己牧会プログラムは助けてくれます。

スポーツや音楽の習得など、心を強くするのに
役立つ方法は他にもあると思います。
しかしそれらは神様の原理に沿って心を整えることはしません。
そこが自己牧会プログラムとの決定的な違いです。


私たちは、偉大な宗教指導者や預言者たちのみ言の土台に立つ、
とても光栄で大きな祝福を受けた立場にありますが、
平和は実践が伴わなければ意味がありません。

真のお母様が「私たちが平和をつくり、
実現させなければなりません」と語ることはできますが、
お母様が私たちを強制的に動かすことはできません。
それは私たち自身が自分の意志と力でやるしかないのです。

そのためには、平和をつくり出すための力、
いわば“平和の筋肉”とでも言うべきものが必要です。
ところがこの“平和の筋肉”は、そのままではうまく機能しません。
訓練が必要なのです。

その訓練をしてくれるのが自己牧会プログラムだと、
私は思っています。
ですからこのプログラムは、
神様の摂理にとても役立っていると感じます。


このプログラムに取り組む中で私は、
信仰と生活が少しずつですが近づいていることを
感じるようになりました。

そして平和な世界、天一国の創建は
実際に可能であることを確信するようになりました。

神様とつながっている良心に私がつながりさえすれば、
新しい世界が無限に広がっていくのです。

(イギリス人女性 二世 20代)

私の心の中にいる神様 43
「自己牧会プログラムは
真の父母様の教えの実践法」


今、自己牧会プログラムは、全国だけでなく、
海外でも用いられています。

韓国、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア・・・
先日、特別セミナーがあり、各国での活動の証しがありました。
マレーシアの姉妹が涙ながらに体験談を話していました。

み言は万国共通ですが、
自己牧会プログラムも同じく、万国共通だと思います。

誰にも良心があるし、
良心を目覚めさせる方法も
同じだからだと思うのです。

ワークも地道な作業だと思います。
小さな精誠の積み重ねにより、
多くの証しが生まれることを思って、
少しずつ紹介させていただきます。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:24 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

深刻で厳粛に決意しました! ご聖婚記念日までに・・・ 《お母様のみ言11.11》



201116-20201111.jpg


韓国全国牧会者特別集会における、
真のお母様のみ言(要約)です。


新しく決意して、
真の父母様の夢と天の父母様の夢を
実体的に成して差し上げるために、
深刻で厳粛に決意しました。

宣布だけではなく実体的に私たちは
結実を刈り取らなければなりません。
天一国の民を作らなければなりません。

天が保護され、天の父母様の夢を
地上で成して差し上げることのできる
独り娘と独り子が、真の父母の位置に
進むことのできる環境を作ってくださいました。

これが如何にとてつもない天の祝福であるのかを
知って、ひざまずいて
感謝しなければならないのがこの民族です。

ところで、この民族を目覚ませて
必ず立てなければならない
緊迫するこの時を逃して良いのですか?

私の年齢は低くありません。
一寸先も見えない状況で、一歩も
踏み出すことのできない体の状態で
行かなければならなかったのです。

結果を作り出さなければなりませんでした。
見せてあげなければならなかったのです。

地上で天の父母様に侍って暮らしたという
環境を作っておくべき責任が真の父母にあります。

ところで真の父母の垣根となり、後ろ盾と
なるべきこの民族、この国は、
いまだ天の摂理を知らずにいます。

そのような状態で、祝福家庭だけ、
祝福の子女たちだけ天寶に入籍したと言って、
それで終わる生涯として
締めくくらなければならないのですか?

私が懇切に話しました。
真の父母が地上にいる間に78億にもなる
人類の中で、3分の1でも
天の父母様を父母と知って侍る、
天一国の民にならなければならないというのです。

毎日毎日、骨の髄まで沁みるように
天の父母様を喜ばせて差し上げると、
慰めて差し上げると言わなければなりません。

そのような人生を生きなければならないのが、
祝福を受けた者の道理です。
それは、皆さんだけの祝福として
終わってはなりません。

この国が世界の前に天の祝福を受けた国として、
世界人類を抱けるように、
天一国の民になれるようにしなければなりません。

そのようにするためには、皆さんが
責任を果たさなければなりません。
牧会者の中で43家庭をできなかった
牧会者には私が時間を与えます。

「100日以内に、2021年に迎えるべき
聖婚記念日までに、必ずやり遂げます」と言って
決意を誓う皆さんにならなければなりません。

これからは返事だけではだめです。
必ず果たさなければなりません。
そうしてこそ、この国を動かすことができます。

これから私たちが進む道には、
天の父母様と真の父母が共におられるので、
地上にいる独り娘・真の母と一つとなって
進むところには坦坦大道(順調な道のりのこと)、
祝福が永遠にあるので、その結実を
刈り取る中心人物になるように祝願します。


韓国全国牧会者特別集会
天一国8年天暦9月26日(陽11.11)
HJ天宙天寶修錬苑大講堂
(HJグローバルニュースより)


この日、お母様は約50分、
涙ぐみながら語られたそうです。
とても厳しい内容もあったとのこと。

「100日以内に」と語られているように、
100日路程は、日本での指示だと思っていましたが、
お母様が定めてくださったのですね。

お母様は「焦っておられる」
と先日の集会で、会長は語られていました。

「私によって蕩減復帰摂理は終わらせる」
と語られておられる真のお母様です。
どれほど深刻な思いを持たれているでしょうか。。。

天から与えられた責任を果たす、
そして、天寶入籍に向かって歩んでいきたいです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする