2020年11月01日

祝福でさらに運勢UP お義父さんもただ者ではなかった 《梶栗会長証しその2》



201101.jpg


故・梶栗会長の説教より、続編です。
祝福後の証し、
またお父様のとのエピソードが出てきます。


祝福は偉大なもので、運勢が変わります。
私個人だけでなく、相手の家族の基盤と両方の土台の上に
立つようになるので、大きくなります。

私のほうは筑豊炭田ですから、あまり大きな基台はありません。
しかし私の奥さんのほうはすごいのです。
お父さんは一高、東大の出身です。
お付き合いしているうちに、その価値がわかってきました。

このお父さんは、祝福の前は、5人も家族が
統一教会に入ってしまったので、ひとりぼっちになったのです。
そして家族が統一教会に入ったために、社長になれず、
ずっと専務とか、副の付く肩書きの役職でとどまっていたので、
教会のことを恨んでいたのです。

千葉の千倉の別荘で、一人寂しく、
植物をいじりながら過ごしていたのです。

それでついに怒って、学生時代の後輩に統一教会を調べさせて、
つぶそうとしたのです。
これが最初の反対運動です。
あれが成功していたら、お父さんは
反対父母の会の会長になっていたことでしょう。

ところが、その後輩が調べて報告するには、
「いいことをしているが、悪いことはしていない」とはっきりと言ったのです。
それでお父さんも困ってしまったのです。
孫を連れていったら、孫に目がなくなり、入教してしまいました。

このお父さんが私に、「この運動をするには、
いろいろな人をつかみなさい」と言われ、
自分の友達を紹介してくれました。


一高、東大ですから、名だたる人たちばかりです。

中には、マスコミの情報によって統一教会を
うさんくさい団体と思っている方もいました。

「うさんくさい団体か、どうか見たことがあるんですか」
と聞くと、「いや、ない」。
「自分で見て判断すべきではないですか」と言ったら、
「それは、そうだ」ということで、ホテルで講義を聞いてもらうことにしました。

その講師はだれがよいか、お父様に相談しました。
「相手が付け入るすきがないように理路整然と講義をしたら、
頭の良い者は、かえってカーッと怒って聞かないよ。
だから、おまえがやれ」。

私が「ええ?!」と驚くと、
「おまえは講義がバラバラだからいい」と言われたのです。

私の講義は中間がなくて、結論だけをパッパッパッと
言ってしまうのですが、これが合っていたのでしょう。
その方は、私の講義に結構、感動してくれました。

私が泣いた「メシヤ論」で、彼もさめざめと泣くのです。
この方は仏教徒なのに、なぜ泣くのだろう、
聖書に通じているのだなと感じました。

あとで聞いてみたら、彼は合唱隊に入っていて、
イエスの路程の歌(受難曲)を何度も何度も
原語で歌ったことがあったので、その状況を明確に知っていたのです。

それで、ペテロが三度否定して泣くという場面で、
彼もさめざめと泣いたのです。

聞いた途端、彼は「これは本物である」と結論をぱっと言いました。
「これは応援しなければならない、
世間の誤解を解いてあげよう」ということで、
いろいろと応援してくれるようになりました。

統一教会 第12代会長
 梶栗玄太郎
 <2010 夏季 牧会者説教集 P.31~37>
「真の父母様の軸に合った人間になろう」
世界平和統一家庭連合 公式説教ブログより
(タイトルは編集者がつけました。文責・編集者)


梶栗夫人のお父さんの話が、出てきましたが、
以前、お母さんの証を聞いたことがあります。

いずれ機会があれば、紹介したいと思うのですが、
お母さんが先駆けて教会に導かれ、
5人の子供たちを伝道されました。

北千住にお住まいで、とても有名なお家でしたが、
お母さんは、駅前で伝道活動されるなど、
周囲の目も気にせずに歩まれたので、
お父さんは後ろ指をさされるような状況でした。

そのあとが、梶栗会長が証しされている内容です。

また、お父様が「おまえは講義がバラバラだからいい」
と語られたそうですが、賛美なのか、なんなのか。。。
やはり、タイプというものがあるもので、
「個性を活かせばいいのだな」と、
私自身も、少しホッとしました(笑)

次回、最終回です。
お楽しみに。




200103-1984.jpg
1984年


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:47 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする