2020年11月05日

「蕩減よ、ありがとう」?! 新幹線で山頂へ行ける特権を得るには 



200725-19720915.jpg


秋の行楽シーズンを迎え、
山登りを楽しむ機会もあることでしょう。

人生は登山に例えられますが、
真の父母様は、人類歴史を背負っていかれました。

史吉子先生の「原理に関するみ言の証」と、
真の父母様のみ言を紹介します。


ある日、私たち食口がお父様にお供して、
白雲台に登りました。

その時、お父様が杖を持って、
お父様が立っておられた所を中心に、
一回りぐるっと回りながら
円を描かれました。
そうしながら、

「先生もこの蕩減という枠の中から、
一歩も抜け出すことができない」


と言われました。

史吉子先生「原理に関するみ言の証」より

真のお父様のみ言

「きょうあなた方は、
『蕩減』という言葉に対して、
お詫びをしなくてはなりません。

『蕩減さん、私はいつもあなたを軽蔑してきました。
私はあなたを嫌ってきました。
しかし、あなたは私の最良の友です』

と、あなた方は蕩減と仲直りしなくてはなりません」


(1980年7月1日)

真のお母様のみ言

神様の摂理歴史は、蕩減を経ずしては
発展がありません。
それは皆様が『原理』のみ言を
きいた人ならよく分かるでしょう。

蕩減は悪いことばかりではありません。
未来を約束してくれるものでもあります。

蕩減復帰摂理は、簡単に来るものではありません。
大きく段階的に蕩減を払っていかなければ、
発展していくことができないのです。


「蕩減」と題して語られたみ言
2012年11月24日

*み言を紹介したブログ記事 ↓ 
蕩減とは未来を約束するもの 〜真のお母様のみ言〜


今日から教区のスタッフ研修があり、
明日には、登山も予定されています。
歩いて登る人、そしてケーブルカーで行く人もいます。

以前、みた夢を思い出しました。

修行している人たちが、白装束を着て、
勤行(ごんぎょう)を唱えながら、山を登っています。

そこをなぜだか、私は、新幹線に乗って、
山を登っているのです。
このような、ちょっと、不思議な夢です。

今、私たちは、真の父母様が、
荒れ地を開拓し、整理してくださったので、
困難な道も簡単に通ることができる。。。
また、かつては登っても登っても、見えなかった
山頂を見ることができる。。。

そのような時代に入っているということを
改めて、真の父母様に感謝していきたいと思うのです。 





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:15 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする