2021年01月22日

お父様との思い出と悟り:もしもボートが沈没したら・・・ 《中村信一牧師》



210122-20010421.jpg


中村牧師の証し、
「忘れられない清平での思い出」です。


清平で文先生にお会いしたことがありました。
そのとき、文先生は「これから山に登ろう」と言われ、
モーターボートに乗って、山の方に向かいました。

ボートに乗ったのは、文先生とわたしと運転手の三人です。
文先生は運転手に、「もっと速く走れ」と檄を飛ばされます。

ところで、ボートには救命胴着は
一つしかありませんでした。

その救命胴着は文先生が身に着けられ、
わたしと運転手は救命胴着を着けることができず、
不安を感じながら乗っていたのです。

文先生はボートの中で、
「もし、このボートが引っ繰り返ったら、
この湖の下は水が渦を巻いているため、
死んでしまうことがしばしばある。
非常にここは危ないところだ」と言われるのです。

ボートは、浅瀬を避けるため何度も急カーブを切ります。
そのたびに、ボートが横転しそうになるのでした。

すると、文先生はわたしに
「非常に危険だから、しっかりしろ」と言われるのです。
そのように言われても、わたしはどうしていいのか分かりません。


そのとき、ボートの中で考えたことがあります。

それが、一九五四年に日本の津軽海峡で起きた
青函連絡船洞爺丸の事件です。
この海難事故は、皆様もご存じかと思います。

救命胴着を身に着けていたある神父が、
ある青年のために自分の救命胴着を脱いでその青年に与え、
そのため神父は死亡し、その青年が助かったという事件です。

キリスト教の自己犠牲の美談として、話題となった出来事です。

ところが、文先生の場合は、
「危険だから気をつけろ」とだけ言われて、
自分だけ救命胴着を着けておられるのです。
キリスト教の精神からすれば、理解しがたいことでもあります。


ところが、このとき、ある悟りが与えられたのです。

かつて、米国のハドソン川の近くで、
修練所建設の調査をするために、
文先生ご夫妻と一緒に小高い丘に登ったことがありました。

しかし、丘を登るところに笹が生えて、
そこに雪が積もっていたため、
登ろうと努力しても靴が滑って登ることができないのです。

ところが、文先生だけは簡単に登られたのです。
わたしと文夫人は、どうしても登れません。

そのときです。
一番先に登られたはずの文先生が、
いつの間にかわたしの後ろにおられて、
わたしの背中をひと突きされたのです。

すると、九十キロもあるわたしの体が、
ポーンと空中に跳ね上がったのでした。
そうして、その坂を無事、登ることができたのです。

この出来事を思い出したのです。


この湖でボートが沈没したとすれば、
救命胴着を着けられた先生であれば、
その胴着を利用してわたしたち二人を
救ってくださるに違いない、と、
そのときに確信したのです。

しかし、わたしだけが救命胴着をしていたとすれば
どうかを考えてみました。

自分自身のことが精いっぱいで、
二人を救うどころではありません。
もしかして、自分自身の命さえ救えず、
湖水の中に沈んでいったかもしれません。



山登りの中で、
お父様が中村牧師の背中をポーンと押してくれ、
空中に跳ね上がった・・・

この証しは、かつて、中村牧師から聞いたことがあります。
「自分でもわからないんだけど、奇跡が起こったんだ・・・」
そんなことを語られていました。

救命胴着の証しでは、
中村牧師が、人間的に見つめずに、
背後のお父様の心情を悟られた世界は、
本当に素晴らしいと思います。

真のお父様の精神、救いの心情は、
今も真のお母様を通して、
私たちにも注がれていることを信じ、
父母様と一つになっていきたいと思うのです。






にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:50 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

神様がたった一度だけこの腕を動かして下さるとしたら *『平和の母』から学ぶ:浅川先生



210121.jpg


しばらく浅川先生の講話を紹介していませんでしたが、
再開したいと思います。
今回は、「『平和の母』から学ぶ 人生の道しるべ」より
『温かい心の持ち主になる』をお届けします。


幸せになるために、何を持ったらいいのでしょうか。

ある人は「それは、健康な体でしょう」と答えました。
では、健康でなければ、
幸福は、夢のまた夢、なのでしょうか。


群馬県に、名誉県民として尊敬されている、
星野富弘さんというかたがいらっしゃいます。

群馬県勢多郡東村に誕生し、
健康でスポーツマンで、
中学校の体育教師をしていました。

放課後、前方宙返りの指導をしている時に、
星野さんは頭から床に転落して首の骨を折ってしまいました。
そのため、足が動かず、
天井を見るだけの人生になってしまったのです。

もし「健康な体を持たなければ、幸福になれない」
というなら、彼の人生は絶望です。

しかし彼は、絶望ともいうべき状況の中で、
三つの光を見いだしたのです。


第一の光は、母の愛でした。

彼は若い頃、毎日愚痴ばかり言っていた母を
軽蔑していました。

しかし、動けなくなった彼の世話をしたのは、
その母だったのです。
母の献身的な愛に目覚めて詩を作りました。

  神様が
  たった一度だけ
  この腕を動かして下さるとしたら
  母の肩をたたかせてもらおう


 
発見した第二の光は、咲く花たちの美しさでした。

  私の首のように
  茎が簡単に折れてしまった
  しかし菜の花はそこから芽を出し
  花を咲かせた
  私もこの花と同じ水を飲んでいる
  同じ光を受けている
  強い茎になろう


彼は花の美しさに感動し、
筆を口にくわえて花たちの絵を描いたのです。

 
そして、第三の光に出合いました。

神の愛によって生涯の伴侶と出会ったのです。
妻の愛の光を見いだしたのです。
 
アジサイの絵と共に、妻の愛を詩に託して添えました。

  結婚ゆび輪は
  いらないと
  いった
  朝、顔を洗うとき
  私の顔を
  きずつけないように
  体を持ち上げるとき
  私が痛くないように
  結婚ゆび輪はいらないといった

  今、レースのカーテンをつきぬけてくる
  朝陽の中で
  私の許(もと)に来たあなたが洗面器から冷たい水をすくっている
  その十本の指先から
  金よりも
  銀よりも
  美しい雫(しずく)
  落ちている


彼は結婚して、すでに40年がたちました。
母がしていた絵作業を、今は妻がしています。
彼の詩画には夫婦愛が溢れています。

幸福になるために持つべきものは、
愛に溢れた、温かい心、だったのです。


「平和の母」、韓鶴子夫人は言われます。

「幸福は、あらゆるものがそろっている状態で
 訪れるとは限りません。

 不足なものがある中でも感謝の思いを持てば、 
 知らず知らずのうちに訪れてくるものなのです。
 
 …本物の人格を備えた、
 温かい心の持ち主となることが、
 最高の配偶者になる道なのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう
平和の母』280〜281ページ)

温かい心の持ち主になる
浅川 勇男
「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」


星野富弘さんの詩画は、
本当に心を打つものがありますね。。。
今回、紹介した詩と絵ですが、
何度見ても胸が熱くなってきます。

人は、心と体からできています。
そして、心が主体であり、体が対象であるのです。

星野さんの姿を通して、
たとえ体が不自由であっても
心を通して、人を感動させることができる
そのことを改めて感じます。

お母さんの献身的な愛がなければ、
星野さんの人生はどうなっていたでしょうか。

親の愛、母の愛、というのは、
見返りを求めない、無償の愛です。

その愛を私たちに与えてくださっているのが、
真のお母様なのです。

人類の母、平和の母、
真のお母様を求め、その愛を受けて、
多くの実を実らせる、
そのような者になっていきたいと思うのです。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2021年01月20日

「正しい人の口は、生命の泉」、愚か者の言葉は・・・ 《奈田壽美子先生》



210120.JPG


奈田壽美子先生の「神と共なる生活」より
『言葉がもつ意味』です。


言葉は目には見えないけれど、実に重要な働きをもっています。

人と人とのコミュニケーションを保つためばかりではありません。
その言葉は、神と自分の関係を生み出してくれるし、
同時に自分自身を造りあげてくれるものでもあります。

「善人は良い心の倉から良い物を取り出し、
 悪人は悪い倉から悪い物を取り出す。
 心からあふれ出ることを、口が語るものである」
(ルカ六・四五)
とあるように、良い言葉を語ろうと思えば、
良い実が結んだ良い心をもっていなければなりません。

特に伝道者にとっては、相手に応じた、
また時や場所に適った言葉が必要であります。

たいていはその言葉によって、
その人の人格や価値が判断されてしまうからです。
そこに伝道者たる者の生命線があるといっても過言ではありません。


聖書外典の中に格言の書というのがありますが、
そこでは人の語る言葉の影響が
いかに大きいかについて、このように述べています。

 おろか者のくちびるは、争いをおこし、
 その口は、むち打ちをよびよせる。
 おろか者の口は、ほろびのもとであり、
 そのくちびるは、生命のおとし穴である。
 つげ口する人のことばは、うまい食物のようで
 人の心の深みにまでしみこむ

 人は、自分の口の実で腹をこやし、
 自分のくちびるの実に満腹する。
 生死は舌に支配される。
 舌のつかいかたで、その実ができる
(格言一八・六〜二二)


実に「舌は火」(ヤコブ三・六)であります。

舌というのは口の中に備えられたごく小さな器官ですが、
時として大言壮語して人を陥れ、
傷つけることが少なくありません。

そうして一言吐いたその言葉によって、
「全身を汚し、生存の車輪を燃やし、
自らは地獄の火で焼かれる」(ヤコブ三・六)のです。

堕落した私たちにとっては、確かに口は災いのもとであります。
しかし、ひとたび神の知恵と霊を受けた者の舌は、
人を生かす力を発揮します。

聖書に出てくる多くの預言者たちがそうでした。
今、私たちも神の召しを受けた者として、
聖別された口をもちたいものです。

「正しい人の口は、生命の泉である」し、
「分別のある人のくちびるには知恵があり」
「正しい唇は憎悪をだまらせる」そして
「正しい人の唇は、おおくの人をやしない」
「正しい人の口で、知恵は花ひらき」
「正しい人のくちびるは、慈愛をしたたらせ」
るのです。

そのようにして、神の正しい真理を語る口は
「精製された銀」であると聖書は評価しています。
(ソロモンの格言一〇章)


このように、古くから聖書は至る所で
言葉の重要さを述べていますが、
「霊とまこととをもって父を礼拝する時」(ヨハネ四・二三)に生きている
私たちは、一日も早く、古い慣習の生活から抜けきって、
神によって生かされ、同時に神のみ言(自分の言葉ではなく)
によって、人を生かすことのできる
人格と心情の持ち主とならなければなりません。

そうでなければ、どうして神のみ言を伝える
伝道者であると誇ることができるでしょうか。

奈田壽美子
補助教材シリーズNo5
神と共なる生活 信仰生活講座(前編)
(1986年6月1日発行)
一 言葉がもつ意味
「父母と共なる生活」として
紹介していましたので
訂正しました

三重苦として知られているヘレンケラーは、
サリバン先生の指導もあり、
言葉を覚えることを通して、
人生が大きく開かれて行きました。

「ことばというものがあるのを、はじめて悟った日の晩、
ベッドのなかで私はうれしくて、このときはじめて
『早く明日になればいい』と思いました」
と表現したそうです。

言葉を話すことができるのは、人間だけです。
神様から与えられた貴い言葉。
奈田先生が仰られるように
正しい言葉、神のみ言を使い、
宣べ伝える者になっていきたいと思うのです。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:13 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする