2021年01月01日

祝・2021 新年あけましておめでとうございます! 《厳選’20み言》



200304-20200206.jpg


新年あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

昨年、お母様が語られたみ言のダイジェストです。



2020 真のお母様 主要み言特集


2020天一国安着を宣布いたします!

天地人真の父母聖誕100周年
天宙聖婚60周年記念行事 天一国安着式2.6


今、私たちは、
創造主・神様が誰なのか分かりました。
私たちは、天の父母様の前に
孝子・孝女、忠臣になる道を
行かなければならないでしょう。

天の父母様の夢、人類の願いである
地上天国を成すにおいて、
皆様全員が主役になるよう祝願します。


ワールドサミット2020総会 2.4

天の父母様が夢見て来られたその愛の実践場は、
天上ではなく地上です。

天苑宮、特に天の父母様に侍ることのできる聖殿である
『天一聖殿(천일성전)』を
奉献して差し上げようと思います。

ですから私は政界、宗教界、財界、思想界、
言うまでもなくすべての人たちが
一つの旗の下に集まることのできる
『天の父母様聖会』として発表します。

77億人類の中の3分の1でも
天の父母様を知って侍ることのできる
地上天国(実現)を実践しなければなりません。


天地人真の父母天宙聖婚60周年
記念特別集会 5.4

共生・共栄・共義です。
統一された人類一家族の共同体。
中心に天の父母様がいらっしゃれば、
すべての問題は解決されます。

天は、創造主・神様は愛であると言いました。
私たちの父母であると言いました。
子供が死んでいく姿を見る父母の心情は
どのようなものでしょうか?

私たちはこの瞬間から、天の前に
悔い改めと矜恤の祈祷を
捧げなければならない時です。

第1回 神統一世界安着のための100万希望前進大会 8.9

科学の発達は、創造の順理(道理)についてみる時、
バランスを失ってしまいました。

人間が無知な立場、本然の価値を失った立場では、
人間の未来はもちろんのこと、
この地球の未来も保障を得ることはできません。

創造主・神様を思う時、
私たちは自然を愛さなければなりません。

第2回神統一世界安着のための100万希望前進大会 9.27


6000年を経て天は、
摂理の完成をもたらし得る独り娘を、
韓半島を通して誕生させました。

その時の環境を見ると、1945年の解放とともに
1950年に6・25動乱が起きました。

どうして世界に知られていなかった
小さな国の動乱に、国連の16ヶ国が
参戦することができたのでしょうか。

さらにそのとき参戦した勇士たちは、
大部分が10代、20代の年齢だと知られています。

私は彼ら一人ひとりの名前を、
永遠に記録されるように
記念碑が設置できなかった所には、
続けて早い時期に建てていくことを約束します。


第3回 神統一世界安着のための100万希望前進大会 11.22



どれほど待ちに待った
この一日でしょうか。

きょう天寶に入籍した家庭は、本然の、
天の父母様が夢見られた純粋で純潔な、
天寶に登載された天一国の真なる民です。

これからは、人類歴史は勿論であり、
代を引き継いで永遠に尊敬され愛される
偉大な名門家たちになるように祝願します。


天地人真の父母聖誕100周年天宙聖婚60周年記念
天寶大祝祭 10.10

真の父母であるので、アメリカに渡って
40年間投入してまた投入しました。

離れられようとする天をつかみ、
最後にアメリカが責任を果たせる機会をくださいと
声を高くあげました。

天が祝福したアメリカが責任を果たして
結実を迎えることで、
新しい歴史を書かなければなりません。

アメリカの為政者の皆様、
許してひとつになってください。
和合統一だけが、アメリカが永存できる道で
あることを分からなければならないでしょう。

創造主が望まれる世界平和、人類一家族、
統一された天の父母様のもとの人類一家族の世界を
つくっていくにあたり、皆様が
声を高めて叫びながら進んでいくことを祝願します。


WCLC創立1周年記念
世界キリスト教聖職者希望前進大会 12.6

天一国8年 天暦11月5日(陽2020.12.19)
HJグローバルニュース


真のお母様のご健康とご安寧を
心からお祈り申し上げます。

よき一年としていきましょう。



にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする