2021年01月16日

最高のパワースポット、日本の清平・千葉修練所だより 《孝情天寶第1期21修》



210116-20210109-1.jpg


「日本分苑」がスタートし、
千葉中央修練所で21日修錬会が行われています。

小畑所長による修練所だより
「動機と確信を持てる21修になる気がします」
を紹介します。


ご聖恩感謝申し上げます!

緊急事態宣言の発出がなされる中、
孝情天寶第1期21修は順調に進み、
3分の1を超えたところです。

天寶役事を毎朝受け、天心苑に連結されている
特別祈祷室(千葉中央修練所2階)で日々祈りを重ねることもあって、
今までの21修以上に神霊と真理の両面で
引き上げられてきていることに感動を覚えます!

私(小畑)自身も日々役事に参加し祈祷しながら、
まさに韓国のHJ天宙天寶修錬苑にいる感覚を肌で感じています。

1月9日には、徳野英治・日本分苑苑長を迎えました。
今回は、徳野苑長の講話の要旨と、修練生の感想文を紹介します。


【徳野英治苑長の講話(要旨)から】

「二世圏、若者に向けて」というテーマで、
三つのポイントを挙げてお話しします。

第一点は、「動機の発見」ということです。

二世は親に言われてこの道を歩み始めるので、
自分自身の動機がはっきりとしていない場合が多いのです。

この21修を通じて、「自分と原理」「自分と信仰」
というものを見つめ直し、
自らがこの道を歩む動機を発見してほしいと思います。

第二点は、「大きな夢を持つ」ということです。

夢や目標のない人は、寝たいだけ寝て、
食べたいだけ食べて…、最後に残るのはむなしさです。

今からでも「自分はどんな人間になりたいのか」
「どんな家庭を作りたいのか」
「どんな仕事に就きたいのか」を明確にして
挑戦、努力することが大切です。

第三点は、「人生は結婚で決まる」ということです。

一般的には、自分の好きな人と結婚する恋愛結婚が主流ですが、
本当にその先に幸せがあるのでしょうか。

実は恋愛結婚の7割以上の人が
一度は離婚を考えたことがあるというデータがあります。
お見合い結婚以上に離婚率が高いのです。

なぜでしょうか。
それは自分を動機とした結婚だからです。
自分の心、人間の心は気分によって
コロコロと変わってしまうものなのです。

私たちの祝福結婚は、動機の中心が
神様であり、真の父母様です。
そして結婚も自分以上に
相手のために生きるという動機が先です。

「あなたがこの子を幸せにしてあげてくれ」と
神様から託された相手と捉えれば、姿、形、性格がどうであれ、
相手に投入して幸せにしてあげたいと向かえるようになるのです。

相手のために生きる夫になりましょう!
妻になりましょう!


【徳野苑長の講話の感想】

お話が面白く、貴重な時間でした。
また二世の立場を親身に考えお話ししてくださったので、
頭で考えていたことが晴れていく、そんな感覚でした。
(祝福二世 男性 24歳)


本当にそのとおりだなって思いました。
この道を歩む動機は今も探している途中です。
21修に来て数日ですが、何だか
動機と確信を持てる21修になる気がします。
そうしたいです!
(祝福二世 女性 21歳)


210116-20210109-2.jpg

千葉中央修練所だより No.52
「動機と確信を持てる21修になる気がします」
ナビゲーター:小畑守男(千葉中央修練所所長)
(blessed lifeより)


日本の霊的中心、最高のパワースポットは、
まさに千葉中央修錬所ですね。

実際、清平でスタッフをしていた方が、
ここに派遣されているのですが、

「天心苑(分苑の特別祈祷室)で祈祷していても役事をしていても
霊的雰囲気が同じで本苑にいると錯覚してしまうほどです。
本当に霊的に連結されているのだなと感じます!」

というコメントをしているように、
千葉中央修錬所は、霊肉ともに、
「日本分苑」に生まれ変わりました。

ここはかつて、教会に献身したばかりのメンバーたちが、
21日修錬会を受けて信仰の道を出発していったところです。

今は、家庭出発前に学ぶ青年たちや、
再教育のために参加する方が多いですが、
まさに「出発の場」として、日本分苑になったのも、
とても意味があるな、と思わされます。

参加するメンバーたちも清められるとともに、
日本自体も霊的に生まれ変わる、
そういう時を迎えている、と感じます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする