2021年01月19日

第六感 神・霊界・メシヤをみんな知っている?!  《李ヨハネ先生の信仰と生活》



210119.jpg


李ヨハネ先生の「信仰と生活」より、
今回は、「勘」です。


「勘」は知よりも先にあるのです。
善悪を分別するのです。

理知的に分からないから、自分たちが感じながら
失敗してしまい、あとでだれでも告白するのが
「どうもおかしかった、そうじゃないかと
思ったのだが失敗しちゃった」という言葉です。

失敗したあとの告白を聞いてみると、
「全然知らなかった」と言う人はいないのです。
「予感した」と言うのです。
「何か不思議だった」と。

 
一九四五年八月十五日、私は愛知県豊橋市で、
ある会社の社長さんたちと一緒に「降伏」の日を迎えたのですが、
その日の幹部の人たちがどう言うかというと、
「これはもう、新聞は全部うそだと思った」、
「いつもいつも新聞にはB―29が何十機、
何百機が落ちたと出たけれども、全部うそだと思った。
それはもう簡単に分かった」と言うのです。

田中さんという事務員がいたのですが、
その人も「戦争は終わったと分かっていた」と言うのです。
結局、勘でみな分かっているのです。


今の時代もそうです。

今の時代、キリスト教の牧師たちはみな分かっているのです。
これではいけないと、こういう聖書の解釈の仕方ではいけないと。

これでは霊的な糧にならない、こういう説教では、
もう若い人たちをリードすることができないと、
みな牧師たちが自分で、その勘から告白するのです。

分かっているのです。
この時期を分かっているのです。


なぜかというと、天から地上の人に、
いつも秘密に摂理するのではないからです。
絶対に神様は、秘密に摂理をするのではないのです。

人間を愛するから、三年前、七年前に、
全人類にもはや秘密を教えているのです。

しかし、人間たちが頑固なのです。
悲観的な考え方で、感ずるけれども、
実際には動かないから、結局、悩みの中に渦を巻いていくのです。

聖書の解釈でも、これではいけないと分かりながらも、
これを捨てて何か新しいものを探そうという
革命的な行動をしないから、
結局、霊的にとても苦しんでいるのです。
勘は神の立場を知っているのです。

メシヤがユダヤ人の中にいて、
人々はその人をメシヤだとは知らなくても、勘では知っているのです。

どこまで?
最後まで知っているのです。

エデンの園、愛の世界をみな知っているのです。
具体的に暮らしたことはないけれども、
情的には、接触しているのです。

だから何か、心が慌てるのです。
肉体は心に遅れているし、
勘はその本然の世界に行っているしで、とても慌てるのです。

信仰者は慌てるのです。
信仰者でなくても、青年たちが今、慌てて、慌てて、
疲れて、疲れて、もうでたらめになっています。

勘/感じても行動しない

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則
「心情開拓」
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


「勘」という題目に接するのは、初めてのような。。。

別の言葉で表現するならば、「霊的直観力」
とでも言うのでしょうか。
俗に、五感とは別のもう一つの感性ということで、
第六感と呼ばれたりしますね。

お母様は、事あるごとに
「私と一つになりなさい」と仰られます。

天運の中心であるお母様と一つになることが、
天運を相続することであり、
霊的な恩恵を受ける立場になるのだ、と思います。

お母様をもっともっと意識していくことを通して、
最高に「勘」の鋭い者になっていけるに
違いないと思うのです。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:11 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする