2021年01月23日

原理講論の一節一節に込められた精誠・・! 《劉孝元先生の執筆日誌》



210123.jpg


先日、2日修錬会の講義を担当した際
史吉子(サ キルジャ)先生の証しを読みました。

原理講論を執筆された劉孝元(ユ ヒョウウォン)先生が、
真のお父様に一つひとつ確認しながら
書かれていったやりとりが掲載されていました。

当時の劉先生の日記の部分を
紹介します。


1966年1月31日(月)

陰陽の調和で性相と形状が、
形成されるのかを質問した。
先生の答えは、反対だった。
性相と形状の調和で、
陰陽が生じるといわれた。

青天の霹靂だ。
すべての存在が陰陽の調和で成されるという、
従来の説が覆された。

これは結果の世界ではそのように見えるが、
神様においては不然(そうではないの意)であり、
神様に陰陽がすでに成されているなら、
創造がないのであるとおっしゃった。

神様には本性相と本形状があり、
それが男性と女性の関係をもっているので、
二性性相の調和で被造物が創られる時、
陽性と陰性、性相と形状が生まれたと
表現しても良いかという質問に同意され、
本意がわかるようになった。


1966年2月3日(木)

創造原理第1節を、
もう一度書かなければならない。
性相と形状がすべての存在の
根本になるという論証だ。

先生は真理の本体であることを、
もう一度悟らされた。

史吉子
『原理に関するみ言の証』より


劉孝元先生がこのように
真のお父様と一問一答しながら、
原理の探求をされ
原理講論を執筆された様子を
うかがい知ることが出来ます。

一つ一つの言葉の背後に
血のにじむような精誠と
涙が綴られていることを
改めて感じました。

劉孝元先生は、お父様の原理原本を
1ページ読まれる時、数百回涙を流されたそうです。
また、1ページ書き上げるのに、
1週間かかったこともあったそうです。

「原理の復権」が叫ばれる今日。
み言の貴さを改めて感じつつ、
精誠を込めて、語っていきたいし、
多くの人たちに伝えていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 08:24 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする