2021年02月10日

オキナグサの歌を歌われたワケは?! お父様とのコラボ映像 《希望前進礼拝第2報》



210210-20210207.png


一昨日行われた希望前進礼拝。
方大陸会長のメッセージ(要約)と
お母様のみ言を紹介します。
(お父様が歌われる映像も)

さらにオキナグサ(翁草)に
関するお父様のみ言を紹介します。


方大陸会長は、
「真のお母様と一つになって神日本に奇跡を起こそう」
という題目で説教をしました。

方大陸会長は最初に、日本において
2月7日は「梅の日」であることに触れ、
梅の花言葉は高潔、忠実、忍耐。
また、美と長寿、約束を守るという意味もあること、
そして「美しい真のお母様の長寿を祈願し、
同時に真のお母様との約束を守る私たちになるということを
お伝えしたいと思います」と語りました。

続いて、天の摂理を進める重要な要素として、
時と方向性は天の父母様・真の父母様から来るものであり、
そのスピードを速めるのは中心人物であるとして、
祝福家庭の責任を強調しました。

さらに方大陸会長は神日本の祝福家庭が起こすべき奇跡として、
以下の5項目を挙げました。

@全祝福家庭の天寶家庭化の奇跡を成し遂げる

A教区1万名の基盤造成の奇跡を成し遂げる

B韓日家庭を通じた奇跡を成し遂げる

C自叙伝を通した伝道の奇跡を成し遂げる

D青年・学生たちを伝道する奇跡を成し遂げる

最後に方大陸会長は、「真のお母様と完全に一つになって、
神日本に奇跡を起こしましょう!
真のお母様、信じてください。
私たちは必ず誇らしい息子・娘になります!」
と力強く訴えて説教を終えました。

統一運動情報
「神統一世界安着のための神日本第一地区希望前進礼拝」開催 
〜オキナグサの精神で天への忠誠をもって進む日本に〜
(blessed lifeより)


今回の真のお母様のみ言、その間に
「裏山の 翁草」(オキナグサの歌)を
歌われるお父様の映像が挿入されている
秀逸動画です↓



お母様のみ言の翻訳は改めて下に掲載します。
(動画の訳は若干違うかもしれません)

かつて韓国の会誌「統一世界」に掲載された
お父様のみ言を紹介します。


歌をひとつ教えてあげよう。
先生が歌をひとつ教えてあげるとしたら、
その歌学びたいの?「はい。」
何の歌?“裏山の 翁草(オキナグサ)”。

時々歌うのを聞いた者はいるだろうけど、
おしえてあげる時間がなかったんだね。
その“裏山の 翁草”ってなんだろう?

先生を愛する、先生が愛する曾おばあさんが
亡くなって三年が過ぎてみて、花が咲いたんだけど
(それが)翁草だったんだ。

花の名前が翁草という花なんだけど、
その翁草のやつが正面にではなく、
西の後ろ側に立って、ひとりで翁草が・・・。

それを見て先生が泣いたんだよ。
おばあさんの墓に菊とかバラならわかるけど、
なぜ翁草が咲いたのか。

ところで(曾おばあさんが)霊的に現れて
「やぁやぁやぁ、翁草はどうだい?
わたしの事縁(事情、いきさつ)に代わってこの場所に咲くとき、
おまえに会うために翁草になったのを知っておきな。

これからわたしがお前を守ってやるから。
難しいことがあれば、途方に暮れることがあったら、
園の横でお前が(花になったわたしを)
つかんで泣いた心情がわかるから、
お前の行く道をわたしが守っていることを
知っておくれ。」というんだね。

そのとき(それから)、小学校(に入って)、
日曜学校の幼児クラス2年に初めて入った時に
“翁草”を習ったんだ。
初めて知ったよ。

教えてくれたんだね。
どうして忘れられるか。
おぼえていたよ。

生涯で難しいことがあったら「お前が行く道に
憂い(心配)も多いし、とげ(いばら)が
はえているし・・・翁草の事縁において
(より)何百倍も大変だろうに。

わたしがこれから守ってあげるんだが、
おまえが落胆するかもしれないと思って、
お願いして(こうして)翁草になって待っている。」
っていうんだ。
忘れられると思う?


世界指導者原理本体論特別教育修了式のみ言
2010年7月10日
天宙清平修練院
「統一世界」471号8月号より
(NISIMURAさんの訳を参考に少し編集しました
文責:ten1ko2)


方大陸会長のみ言と祝祷は、
本当に決意に満ちた、
涙ながらの熱いメッセージでした。

オキナグサの歌ですが、
今回お母様が歌われたのは、
お父様も愛する歌であった、
それも一つの理由だったと思わされます。

お父様はオキナグサを通して、
ひいおばあさんに愛されたこと、
お父様がひいおばあさんを恋しく慕う孝情、
その深く通い合った心情を思い出されたことでしょう。

オキナグサの翁は、おじいさんのこと。
今はお父様が私たちを見守ってくださっているという
メッセージも感じました。

歌を愛される真の父母様。
その背後の深い心情世界の一端を
知ることができました。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



  韓鶴子総裁のメッセージ(文責:編集部)
  「世界の前に奇跡を見せることのできる日本に」

愛する神日本の祝福家庭、指導者、食口の皆さん! とても愛しています。

特にきょう、礼拝で方相逸大陸会長の恩恵深く、決断に満ちた、「必ずや勝利します」というメッセージを聞いて、本当にありがたく思い、涙が出ました。

そうしてふと、聖和される前のお父様(文鮮明総裁)のことを思い出しました。私の世代とは違い、お父様は童謡をあまりご存じではありませんでした。そのような中で、唯一ご存じだったのが「オキナグサ(ハㇽミコッ)」です。

皆さんも覚えていると思います。和動会の時に何度も拍子を取りながら歌ったので、覚えていることでしょう。(お母様が「オキナグサ(ハㇽミコッ)」の歌を歌われる)

 裏山のオキナグサ 
 曲がっているオキナグサ
 芽が出た時に老いたのか 
 真っ白い髪のオキナグサ

歌詞がもっとあるのですが、うまく出てきませんね。

なぜ(お父様は)この「オキナグサ」を愛されたのかと、考えてみました。
オキナグサの(花)言葉は「忠誠」です。忠誠! 若くても年老いても、変わらない忠誠です。
その他にどのような言葉があるかというと、「悲しい記憶」というのもあります。

堕落した世界の人類は、天の立場から見ると、かわいそうで悲しい過去を持っています。しかし真の父母によって勝利すれば、天の父母様の前に進み出ることができるようになり、その過程において変わらずに忠誠を尽くした立場は祝福とつながります。希望的ではないですか。

ですからお父様は、日本が母の国、エバ国としての使命を果たすに当たって、このオキナグサのような精神で変わることなく天に対して忠誠を尽くして進んでいくことを願い、日本に向けてこの歌を下さったのだと、私は記憶しています。

日本の責任が重要です。
時というのはいつもあるのではありません。今回、皆さんが決心し、国家の復帰という大勝利の高地を奪還すれば、母の国として世界の前に見せてあげることができます。私と共になせば奇跡を起こせると示すことのできる、日本の為政者と祝福家庭になることを祝願いたします。
統一運動情報
「神統一世界安着のための神日本第一地区希望前進礼拝」開催 
〜オキナグサの精神で天への忠誠をもって進む日本に〜
(blessed lifeより)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

最強の「鬼滅の刃」は、真の愛の心から生じる?! 見えない鬼の存在 《浅川先生》



210209.jpg


サンデー世界日報に浅川先生の
「家庭円満を招くいのちの言葉」が掲載されています。
今後、不定期に紹介したいと思います。
今回は、『鬼滅の刃は真の愛の言葉』です。


漫画「鬼滅の刃」が空前のヒットとなっている。
アニメも大人気で、2020年はコロナと
「鬼滅」の年だった、と言っても過言ではない。
 
「鬼滅」は、鬼に親を惨殺され、
妹を鬼にされた主人公・炭治郎が、
妹を元の人間へ戻すために鬼たちと戦って、
数々の試練を乗り越えていく物語だ。

そもそも「鬼」とはどんな存在だろうか。
人間の幸せな姿を見るといたたまれなくなり、
不幸に落とし込め、地獄の底に叩き込んで、
立ち上がれないようにして、ほくそ笑む存在である。

なぜ、主人公は鬼に勝てるのか。
簡単に言うと、目に見えるからである。

鬼がいかに凶悪な存在でも、
目に見える限りは退治できる可能性がある。
動きが見えれば対応できる。
左右であれ上下であれ、鬼の動きを防ぎ、
攻撃することができる。


しかし、「鬼」が目に見えず、心の内にいたらどうか。
「鬼滅の刃」のように、人の目に見える「鬼」だけならば、
人類はとっくに平和と幸福を享受したであろう。

ところが、2021年現在でも、世界的に対立や葛藤は消滅せず、
家庭の悲劇は続いている。

SNSの普及は新たなる犯罪を生み出している。
科学の驚異的発展にもかかわらず、
なぜ不幸は絶えないのか。


人の目に「鬼」が見えず、そして
その「鬼」は人間の心を住処としているからである。

人間の自己中心性、嫉妬妬み、憎悪、怨み、
蔑視などの心に住み着き、
その居心地の良さに根を張っているのだ。

しかも、「鬼」は生命力があるので、取り憑いた人間が死ねば、
子供に、孫にと、先祖代々移行していくのである。

しかも、人間の心が醜悪でさえあれば、
場所をどこでも移動できる。
「鬼」には国境がない。
人を不幸にするためなら、いつでもどこでも、
誰の心の中にでも侵入する。

嫉妬心や憎悪の火種があれば、燃え上がらせ、
囗から暴言を出させ、手足を操作して暴行を働かせ、
破滅させていくのである。
夫婦、親子、嫁姑を喧嘩させ、
心と体を傷だらけにしていく。

このように「鬼」は古今東西、
悪と不幸を人々に感染させてきたのである。
有史以来、戦争と殺戮がない時代は無かったと言うほど、
人類は見えざる内なる「鬼」に翻弄され、苦しめられてきた。


では、どうしたら、難攻不落の見えざる
「鬼」を退治できるのだろうか。

「鬼」が恐れるものがただ一つだけある。
それが、真の愛である。
与えて忘れる無我無心の真の愛である。

人間の心に「我」が少しでもあれば、「鬼」は入り込むことができる。
しかし、全く無心無我の真の愛には、入り込む隙がない。
退散するしかない。

真の愛のこもった言葉はまさに、「鬼滅の刃」なのである。


あらゆる「鬼」の攻撃でもひるまず、
真の愛を実践された文鮮明先生は言われている。


「神は、愛の心を持って生き、
 苦難にぶつかっても
 愛の刀で苦悩を断ち切れる人を求めて、
 私を呼ばれたのです」

(文鮮明自叙伝67P)


自叙伝書写とは、真の愛の言葉で
内なる「鬼」を滅して、幸福の道を開く実践である。

家庭円満を招くいのちの言葉237
自叙伝書写講師 浅川勇夫
鬼滅の刃は真の愛の言葉


確かに鬼は目に見えますが、
悪魔(サタン)さらに、悪霊は、
目には見えない存在です。

昨年は、コロナと鬼滅の刃の年だった、
よく言われますけれど、
コロナが厄介なのは、
コロナウィルスが目に見えない、からですよね。

霊的存在、というのは、目に見えません。
ある意味、コロナウィルスよりも厄介だといえます。
コロナウィルスは、ワクチンもできるでしょうし、
いずれは、消滅するのではないでしょうか。

悪霊、サタンは、いまもなお存在しています。
歴史始まって、今日に至るまで、
私たちの心に働くのです。

浅川先生のご指摘の通り、
根絶させる唯一の方法は、一つ、
『真の愛』を持ち、実践するしかない、というのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 07:53 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

昨日の速報! 踊る7人の新牧会者 VS チウ様ゆめ様?! お母様を笑わせたのは



210208-20210207.jpg


昨日の希望前進礼拝の模様、
そこで、語られた、お母様のみ言を紹介します。

み言のあとのエンターテイメントは、
素晴らしい競演となりました。

昨日予告した、新牧会者たちの踊りもありましたし、
お母様を喜ばせ、私たちも共に楽しむ時間となりました。

お母様を一番笑わせたのは、
また、涙させたのは──


『天の父母様聖会 神統一世界安着のための
神日本第1 地区希望前進礼拝』が開催されました。

司会は、竹内大陸副会長。
開会宣言のあと、花束贈呈、礼物奉呈、
田中会長の代表祈祷、孝情スピーチ。

孝情スピーチでは、3名の方の証しがありました。

ある宗教団体の三世が
教会に導かれた証しをしました。
オンラインで原理を知り、神様を知ったことで、
大きく人生観が変わった、という素晴らしい証しでした。

また、ある仏教の住職、地方議員も
祝福結婚を通して、
理想家庭、理想社会を築くことを願う、
家庭連合のすばらしさを証ししました。

そのあと、方大陸会長のみ言、祝祷。

そして、お母様のみ言がありました。(以下)


愛する神日本祝福家庭、指導者、食口の皆様、
たくさん愛しています。

特に今日の礼拝での方大陸会長の恩恵深く、
決断に満ちた、必ずや勝利します、
という話を聞いた時、あまりにも
感謝しましたし、涙が出ました。

それで私は、しばし聖和される前の
お父様のことを思いました。

私の年と違って、お父様としては、
童謡をたくさん知ることはできませんでした。

その中で、唯一、御存じだったのが、
ハルミッコ(オキナグサ*)の歌、
皆さんも覚えていると思います。

和動会の時、何回もうたわれていたから
覚えているはずです。
(歌われる)

 後ろの丘に翁草 曲がった翁草
 芽が出る時に老いたのか白髪の翁草

歌詞がもう少しあるのですが、
今出てきません。(拍手)

どうしてこの翁草を(お父様が)
愛されたのか考えてみました。

このオキナグサというのは、
忠誠という花言葉があります。忠誠。
若くても老いても、いつでも忠誠をもつ。
その次にどんな花言葉があるか、というと、
悲しい記憶、というものもあります。

堕落した世界人類、というのは、
天の立場から見るときに、
かわいそうで悲しい過去を持ちました。

しかし、真の父母によって、勝利をするならば、
天の父母様の前に、進むことのできる道があるし、
その過程を通じた変わることのない、
忠誠たる位置というのが、祝福と連結されるので
希望的ではないでしょうか。(拍手)

それで私は、お父様が、日本が母の国、エバ国としての
使命を果たすにあたって、
このオキナグサの精神で変わることなく、
天に対する忠誠で進むことができることを願い、
おそらく日本に向かって
この歌をくださったことと記憶しています。(拍手)

日本の責任がとても重要です。
時はいつでもあるのではありません。

今回、皆さんが決心して、国家復帰という、
大勝利の高地を奪還するならば、
母の国としての世界の前に見せることのできる
私とともになすならば、奇跡を作り出す
ということを見せてくれることのできる日本、
為政者たちと祝福家庭皆さんになることを祝願します!


(文責:ten1ko2)

210208-20210207.PNG


そのあと、孝情文化エンターテイメントがありました。

・方大陸会長ご夫妻の歌
・祝福二世の「ふるさと」
・アップルヘブンジャパンの韓国歌謡。
・祝福二世(姉妹)のピアノ連弾
・千葉鮮鶴合唱団の歌
・サックスと太鼓の演奏
・在韓日本婦人たちの「あかとんぼ」
・1地区7名の二世牧会者たちの歌と踊り
・全体で、み旨の応援歌

どれも素晴らしいエンターテイメントでした。

先日、新しく赴任される教会長が、
初めて松戸教会に来られ、会議をされたあと、
「これから本部で、踊りの練習です」
と本部教会に行かれたのですが、
まさかこんな踊りをされるとは。
みんな大爆笑でした。

7人の代表が、「ちょっと年のいった
孝情郎(ヒョジョンナン)です」と
挨拶したとき、真のお母様も
吹き出すように笑っておられました。


210208-20210207 (2).jpg

最後に信出様、信興様と祝福を受けられたお二人が、
日本食口に心のこもった挨拶してくださり、
お母様の前で、歌を歌われました。

「日本の祝福家庭、食口の皆様こんにちは。
現在、私は天正宮で真のお母様に直接侍りながら
生活させて頂いて本当に感謝です。
また、お母様のすぐそばで侍る生活をすることができて
本当に本当に幸せです。

日本の食口の方々が、どれほどの
精誠を捧げられているか、
その精誠があったがために、
日本の祝福家庭を代表して、
私が今、ここにいる、ということを思います。
この場をお借りして、本当に感謝し、
心から尊敬しております。

これから、日本の二世、三世が祝福を受けて、
一緒に真の御父母様に孝行して
差し上げたいという一心です。
真のお母様と一つとなって、一緒に歩んでいきましょう。
ありがとうございます」(入山有恵(ゆめ)様)

「一緒にがんばりましょう」(チャン・ジウ様)




有恵様の言葉には、
みんな感動し、涙していました。

私たちの歩みは、たとえ小さくても、
このような形で実っていくのだ、
そのように感じました。

ジウ様も日本語を交えて話してくださり、
感動しました。

お二人が歌い始められると、
お母様は、サングラスを取られ
涙をぬぐっておられました。


さて、み言の中で、お母様は
オキナグサの歌を歌われ、
忠誠の貴さを語ってくださいました。

神日本・第一地区の花というわけではなかったようですが、
日本に対して「オキナグサの精神」
として伝えて下ったことを感謝します。

真のお母様がおられる今この時が、
本当に黄金期であり、
共にみ旨を歩めることが
どれだけ感謝なことなのか、
そのことを感じつつ、忠誠の精神で
歩んでいきたいと、強く実感する
今回の希望前進礼拝でした。




*オキナグサ(翁草)
 花言葉:「何も求めない」「奉仕」「清純な心」
     「華麗」「心の闇は内に隠して」など
 別名:白髪のような綿毛をつけることから、
    ウバガシラ・オジノヒゲ・カワラノオバサン・ユーレイバナなど


真のお父様の歌↓(YOU TUBEに入ると見られます)


にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする