2021年02月17日

北海道の最上級メロンを、おいしそうに召し上がられたお母様 《徳野夫人》



210216-20131014.jpg
日本宣教55周年記念 北海道大会 ガトーキングダムサッポロ
【天一国元年天暦9月10日(陽10.14)】


真の御父母様、御聖誕日おめでとうございます!

光言社刊「真のお母様、感謝します」より
徳野久江前会長夫人の証し、
「深く大きな愛と主管力の持ち主」
を紹介します。


2013年10月12日から23日まで、真のお母様は、
真のお父様が聖和された後、初めて
日本を公式訪問されました。

この時、お母様は、
「お嫁に送った娘を訪ねてきました」と語られ、
食囗たちに多くのみ言と愛を与えてくださいました。

この期間は移動時間が長く、(ハードスケジュールでしたが)
お母様がお疲れのご様子もなく、笑顔で喜んで
過ごしてくださったことが、何よりうれしいことでした。

この時、接待を担当させていただき、強く感じたことは、
基元節(2013年天暦1月13日)以降、真の父母様の位置は、
家庭連合だけの父母様ではなく、
全人類の父母様であられるということです。

北海道のホテルのシェフは、お料理を運んでくると、
「こちらがお母様に差し上げるものです」、
またメロンをお出しするとき、
「富良野で採れた最高のメロンです。
お母様のためにお取り置きしておきました」と、
「お母様、お母様」と呼びながら、
お母様にお料理を差し上げることがうれしく、
心から感謝して侍っていました。

お母様は、「そのようなメロンなら、食べないとね」
とおっしゃり、おいしそうに召し上がってくださいました。
お母様はその精誠を敏感に感じ取られて、
必ず受け止めてくださるのです。

北海道のホテルのシェフのように、
真の父母様を十分に知らない人でも、
「お母様」とお呼びしたくなってしまう、
どのような場面でも深い愛で一瞬にして主管される、
偉大なお母様であられることを、改めて実感しました。

深く大きな愛と主管力の持ち主
徳野久江(6000双)


とても短い証しですが、
心温まるエピソードですね。。。

真のお母様は、家庭連合においての呼称ではなく、
まさに人類にとって「お母さん」である、と感じます。

今日は陰暦(天暦)においては、1月6日。
真の父母様御聖誕日になります。
真の父母様、おめでとうございます!

7時半から、記念式典が行われるとのことです。
真の父母様が誕生されたこと、
そして、真の父母として勝利されたこと、
そのことをお祝いしながら、
映像ではあるけれど、
感謝の心情をもって、このひとときを迎えたいと思います。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:17 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする