2021年03月25日

自己中か神(かみ)中か、創造本性と堕落性本性は紙一重・・・! 《阿部先生》



210325.jpg


阿部先生の「家族の絆づくり」
今回は、『創造本性と堕落性本性は紙一重』です。


二つの本性の分岐点は?

堕落は「神と同じ立場に立てない」
ということから始まりました。

言い換えれば、「神中心ではなく、
自己中心の動機を持つようになった」ということです。

このように動機は「神中心」と
「自己中心」という二つに大別することができます。

この「動機の善しあし」で人生が大きく左右されます。

創造本性でも自己中心になると堕落性本性になり、
堕落性本性のように見えても
神中心になると創造本性になります。

まさにこの二つは紙一重であると言えます。


それって本当に堕落性本性?

「嫉妬心」を堕落性本性のように捉えがちですが、
『原理講論』には「創造本性から誘発されるところの、
不可避的な副産物であり」(122ページ)
と記されているように、創造本性から出てきた心です。

この「嫉妬心」は神中心の動機であれば、
「優れたものに憧れる心」
「優れたものを目指す向上心」になります。

しかし、自己中心の動機になると、
恵まれた人の「足を引っ張ろうとする心」や
「攻撃しようとする心」という堕落性本性に変わります。


また、「自信と誇り」を持つことは
神の子女として大切な創造本性ですが、
自己中心になると自信過剰の「傲慢」になり、
過度に自己主張する「自己顕示欲」という
堕落性本性に変わります。


堕落性本性の2番目の「自己の位置を離れる」
という堕落性本性の例えとして
「血気怒気」を挙げることがあります。

「怒り」は堕落性本性でしょうか。
義憤という正義のための怒り、愛のための怒り、
さらには防衛本能からの怒りなどは創造本性です。

『原理講論』では、
「神は…御自分の性相と形状のとおりに、
喜怒哀楽の感性をもつ人間を創造され、
それを見て楽しもうとされた」(64ページ)
と説明しているように、神にも怒りがあるということです。

しかし自己中心の動機になると、
相手を攻撃したり、裁いたり、要求する
「破壊の衝動の怒り」になり、
その瞬間、堕落性本性になります。

このように動機に敏感になり、
常に創造本性で生きていきたいものです。

家族の絆づくり 160
創造本性と堕落性本性は紙一重
ナビゲーター:阿部 美樹

(blessed lifeより)


私自身に起きる様々な感情も、
神中心か自己中心かによって
評価され、ふさわしい結果が
導き出される、ということになります。

思いが言葉になり、
言葉が行動になることを思うと、
どんな思いを持つかが重要です。

真の父母様は、ご自身の思いすべてを
「神中心」で歩んでこられました。

気がつけば自分の思いばかりになって、
神様のことはそっちのけで歩んで
しまいやすい私たちではありますが、
神中心の動機をもって、
創造本性で歩む、このことに常に
立ち返っていきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2021年03月24日

たった一人が地球を救い、神を喜ばせる! 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



210324.jpg


金元弼先生のみ言。
今回は、「一人が神を栄えさせる」です。


私たち一人一人は、本当に天から見た時には、
相当の希望をもたれます。

神は一人と思わずに、全人類と思っておられるし、
日本全部と思っておられるから、
私たちがそういう立場で天に忠誠を尽くしていけば
いいのですが、そういうふうにならないから、
神と会えないのです。

三十億人類の苦しみとか、その事情を、
神はどのように意識されるのでしょうか。

地上では人間の数で見るけれども、天から見れば、
堕落したアダムの家庭、アダム・エバとの二人しか
地上にいないと見るのです。

男と女の二つの枝が、こんなに繁殖したのであって、
たくさんの人間とは思わない。

一つの主流が、堕落性を根本として流れているから、
だれと会っても、アダムとエバと同じように感じるのです。

だから、その中で特別にこの事情を知り、
歴史的あるいは摂理的な内容をもって涙して祈る人は、
全世界を代表しているから、神はその人に対する時に、
今までの悲しみ全部を忘れるように喜んでいるのです。

一人が神を栄えさせるのです。

だから地方へ行った時には、
全霊界のその地方の先祖たちと、
その地方に生きて地上にいる人の総代理者と思って
摂理しているから、その位置を私たちは
忘れてはいけないのですが、それがうまくいかないのです。

天から見る位置を、地上の人が分かっていないのです。

一人が神を栄えさせる

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則
「心情開拓」
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


1970年代のみ言なので、
「三十億人類」となっていますね。

一人を全人類と見られる神様であり、
全人類をアダム・エバの二人と見る神様であるとのこと。

天の父母(神)様は、
私たち一人一人を愛するときに、
全人類を愛する心情で対しておられ、
さらには、全人類を見つめる時、
初愛を注いだアダムとエバは最愛ですが、
それとまったく同等に、一人一人を愛してくださっている、
ということだと思います。

それは、真の父母様も同じでしょう。
まさに、「One Family Under God」です。

全人類は一つの家族、一つの有機体。。。
そうしたときに、一人一人が死んだ細胞ではなく、
生き生きと、天の父母様の愛にこたえて
希望となっていく、
そんな一人になっていきたいと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

「6千年前も6千年後にもない」貴重な歴史的集団?! 《金元弼先生・平壌開拓時代》



19500000c.jpg


金元弼先生の「伝統の源流」
今回は、『真心で指導される先生』です。


先生はみ言を語られる時、冬は
綿の入った韓国古来の衣服を着ておられました。
説教が終わる時には、その綿の服を絞れば
水が垂れてくるくらいに、汗を流してみ言を語られました。

それゆえに、食口は毎週着物を洗い、
そして作らなければなりませんでした。

また韓国の着物は、洋服のようにただミシンに入れて回す
というのではなく、いちいち手縫いでしますけれども、
その後に、布は布なりに綿は綿なりに、
初めて作るごとくやり始めなければなりませんでした。

このメンバーたちは、長年神に侍り、
イエス様に侍る生活をしていた人です。

それゆえに神からいろいろなかたちで、先生に
どのように侍らなければならないかを教えてもらい、
本当に真心を尽くしたのです。

 
私たちは気軽に握手することもできますが、
当時は霊能者であっても、
先生の着物に触れることは難しいことでした。

先生は何も語られないのです。
もちろん、新しい食口が来た時には、
み言を熱心に語られますが、
個人的にはなかなか語ってくださいません。

皆さんは、私は先生と近くにいるから、
直接たくさんのみ言をいただくだろうと
考えるかもしれませんが、そうではないのです。

私が何も分からず、幼いからでありましょうけれども。


先生は礼拝が終わると、教会から離れた野外とか、
学校の庭とか、そういう所をたびたび訪ねました。

その時に、(私に)「何か聞きたいことがあったら
聞きなさい」と言われました。

しかし、私は先生の言われることを全部信じていましたし、
理解できていましたから、何ら質問の余地はありませんでした。
それで「ありません」と答えました。

先生は、私が何も分かっていないと言ったら、
もっと高い次元のみ言を語ってあげたい
と思っておられたと思います。

しかし受ける体制もなっていない幼い者と
見えたからでしょう、先生は私に

「この教会は六〇〇〇年前にはなかったし、
 六〇〇〇年後にもない。
 そういう集団であるということだけ
 分かればいいですよ」


とひと言だけ教えてくださいました。

その時は、統一教会という名前もなく、集まりであり、
群れであり、集団だと教えてくれたのです。

今考えてみますと、何を言っても私にはよく分からないから、
ただ結論だけ教えてくださったのでした。

短いみ言ですが、深く考えてみればみるほど、
六〇〇〇年という有史以来なく、これからもない集団である
というみ言に原理の結論を示しておられるのです。
私はその本当の意味が分かりませんでした。

 
先生は礼拝が終わると、よく和動の時間をもってくださいました。
当時の韓国の社会では、男女が同じ部屋で
一緒に話し合うということは、非常にまれなことでした。

女性は、男性の前を通るものではありませんでした。
食事も女性は他の所でしました。
そこにキリスト教が入って、そういうことは
徐々になくなっていったのです。

また、教会の建物自体もそのようになっていました。
今は男女が一緒の座敷に座りますが、
韓国のキリスト教会では、女性の席と
男の席が別々になっていました。

そして、男性の説教者は、両側全部を
見れるようになっていました。
しかし、女性の方からは男の人たちが見えないような
造りになっていたのです。

 
クリスチャンは礼拝が終わると、
民族の音楽はなかなか歌いません。
賛美歌だけを歌うのです。

しかし先生は和動する時に、食口たちの中で、
民族の歌をよく歌ってくださいました。
今から三十五、六年前(一九四六年ごろ)の話です。

これは皆さんの国での三十五、六年前ではなく、韓国での話です。
ですから韓国のキリスト教では、このように
民族の歌を歌っても罪のごとく考えたのです。
革命だとしたら、これほどの革命はないと思います。

先生のお心は、たとえどういう歌であっても、
歌って愛する愛の対象が神でありメシヤであるならば、
どういう歌でも歌うことができるというお考えなのです。

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道 金元弼 
I 平壌開拓から興南解放 
第一章 平壌開拓の日々


「この教会は6000年前にはなかったし、
6000年後にもない。
そういう集団であるということだけ
分かればいいですよ」

まだ、「統一教会」という名前の無い時代。
おそらく、お父様に侍る人たちは
本当に少なかったと思います。

しかし、何もない中で
強い心情の絆で結ばれた創設以前の時代の人たち。。。
どれだけ天にとって、お父様にとって
価値のある集団であったでしょうか。

今は、統一教会から家庭連合に名称が変更され、
その当時と比較すれば、多くの基盤ができました。

いくら基盤が大きくなったとしても、
その価値の貴さは、草創期と変わりないことを自覚して、
歩んでいきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:11 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする