2021年03月02日

(2世の証し)お母様がくれた生涯最高の誕生日 親孝行の夢が叶いました!



20160515_01.jpg
2016.5.15


光言社刊「真のお母様感謝します」より、
2世の証し、題目は、
『人生最高の誕生日』です。


2016年5月15日に天正宮博物館で行われた
「真の父母様招請日本天一国青年宣教師特別午餐会」で、
真のお母様が、遠く離れた地で真の父母様を慕って活動した
姉妹の証しを聞いて、感動の涙を流されるのを拝見しました。

その時、私は、「ただ宣教師として歩むのではなく、
父母様の心情を慰労してさしあげたい。
そして、少しでもお力になりたいというこの心を、
直接お伝えしたい」と強く思うようになりました。

「真の父母様、愛しています!」
「真の父母様への孝の生涯を歩んでいきます!」
「真の父母様のために歩めることが最高の幸せです!」
この心情を証ししてお母様に喜んでいただくことが、
私の夢の一つになったのです。


210301-2019.0623.jpg
(ラスベガスの希望前進大会で踊る青年たち)


そのような思いを胸に秘めながら
アメリカ・ラスベガスで歩んでいる時、
お母様とお食事をする機会が与えられました。

私か宣教3年目にして、霊の子女が5人いることなどを、
宋龍天総会長が紹介してくださいました。

お母様は、私が韓(ハン)氏であることに関心を持たれ、
両親のことなど、いろいろと聞いてくださいました。

そして、自分がなぜ3年間、宣教を続けているのかを
証しすることになったのです。


お母様の前に出た途端、あまりの感動に手が震え、声も出ず、
ナプキンを握り締めながら椅子に座りました。

あふれる涙を堪えながら、父母様への親孝行が
人生の軸であり、お母様の心情と共にいたいという思いで
ここまで来たことを証しました。

緊張で、お伝えしたい心情の十分の一も
お話しできませんでしたが、
お母様はじっと耳を傾け、理解してくださいました。

それから笑顔で、「そのような心情で、
多くの人々を伝道しなさい。
430家庭を勝利しなさい」と激励してくださいました。

このとき、お母様が私の氏族すべてを祝福してくださったと感じました。
何よりも、お母様が喜んでくださったことで、
自分だけでなく、功労を積んだ先祖たちが
共に喜びの宴を挙げていることを強く感じました。


また、その日は私の誕生日でした。
お母様は、誕生日プレゼントとして、手ずから数珠を下さいました。

すべて天が私を思い、準備し、愛してくださったのです。
喜びをお返ししようと思っていましたが、それ以上に、
とてつもない愛と祝福を受けました。

今でも信じられない出来事の連続でした。
孝の人生を改めて決意する機会となり、
夢が叶った最高の誕生日でした。

韓希周(ハンヒジュ)二世


とても素晴らしい証しですね。
み旨を歩む動機の中心は、「孝情」である、
そのことを改めて教えていただきました。

きっと、お母様もこの証しを聞きながら
彼女の姿を通して、
大きな癒しを得たことでしょう。

真の父母様に喜んでいただくこと、
それが私たちにとっての
最大、最高の願いでもあります。

誕生日にお母様の前で証しをする、
本当に素晴らしいことであると同時に、
とても羨ましい限りです。。。

実体的に真の父母様の前で、
証しをすることができるのは、
ほんの一握りでしょう。

毎週、前線活動をしている婦人たちがいます。
懸命に歩む姿を思うと、
「真の父母様、この姉妹たちの精誠を
受け取ってください」
そう願わずにはいられなくなります。

私たちの孝情を束ねて、
真の父母様の元に届けていきたい、
そんな思いを持たせていただきました。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:34 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする