2021年03月03日

初心者にも、上級者にも、ブランクのある方にも・・・! 《自叙伝書写のすゝめ》



210303 (2).jpg


自叙伝書写のパイオニアは、浅川勇夫先生です。
すでに10年以上続いていると思いますが、
多くの証しが続いて起こっていますし、
書写を通じて、教会に導かれた人も数多くいます。

Blessed lifeでは、「自叙伝書写のすゝめ」ということで、
初心者向けに、意義などを紹介しています。


  「自叙伝書写について詳しく知りたい」というご要望にお応えし、
  自叙伝書写の意義や手順、書写の言葉を
  順番にご紹介してまいります。
  ぜひご活用ください。


  〈真の父母様の自叙伝とは?〉
 
2009年3月に、真のお父様(文鮮明総裁)の自叙伝
『平和を愛する世界人として』が、
2020年2月に真のお母様(韓鶴子総裁)の自叙伝
『人類の涙をぬぐう平和の母』が発刊されました。

自叙伝は、真の父母様(文鮮明・韓鶴子総裁)の
人生を記録した本です。
そして、その人生とは、天の父母様(神様)の夢を
かなえてさしあげるための生涯でした。

ですから、2020年2月4日に行われた真のお母様の
自叙伝出版記念式で、お母様が

「微力ではありますが、この一冊をもって
 天の父母様について紹介できることが
 無限にうれしく感謝いたします」


と語られたのです。

真の父母様の歩みの中に神様の真の愛が溢れているからこそ、
お母様は、

「皆様にお願いしたいことは、(自叙伝を)
 たくさん読んでくださいということです。
 そして隣人に愛を分け与える、そのような
 愛の伝道者となってくれるようにお願いします」


と語られています。

  〈自叙伝書写をするということは?〉

真のお父様は自叙伝の中で、
「言葉には魂があります」と語られています。

書写を通して、天の父母様と、真の父母様の真の愛を
自分の心に書き写すことで、心を善の方向に導いてくれます。

そのために、身の回りを整理整頓し、心を落ち着かせ、
一文字一文字を天の父母様に祈る心で書写をすることが大切です。

(『ムーンワールド』より)

  次回は「自叙伝書写の意義と手順」をお届けします。



実は、韓国にいる知人から「書写に対する意義を知りたい」
という要望をいただいていたので、
まさにタイムリーだと感じています。

「書写」は、そもそも亡くなられた森山操先生が、
天心書写などの名称で、
真のお父様のみ言をピックアップし、
そのみ言を心に書き写すということで、
現在と同じような縦長の書写の用紙を使い
すすめておられました。

清平の祈願書がなかった当時には、
私の願いを書くページがあり、
毎月書き上げた書写をお焚き上げしたり、
祈願書的な役割もあったかと思います。

自叙伝が刊行されてから、
浅川先生がそれに倣い、自叙伝・心の書写
「自叙伝書写」として
全国を巡回され、素晴らしい講話とともに
すすめてくださるようになりました。

自叙伝のみ言も、出発はお父様の自叙伝でしたが、
お母様の自叙伝が発刊されてからは、
お母様のみ言に移行されています。

どちらも「勝利された真の父母」のみ言なので、
父母様のみ言を書写する、ということは、
父母様の勝利圏を私の心に書きうつすこと、
なのだと思います。

松戸教会においても、小規模ではありますが、
毎月継続して、書写会を行っています。
参加しているメンバーは「守られている」
と恩恵を感じているようです。

今回の特集を紹介させていただき、
原点に返って、再出発していきたいと思います。



mikolaboさんのブログより
写真を拝借しました(TOP画像)



にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:03 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする