2021年03月05日

良心の声をきき、妻に「ありがとう」と言ってみたら・・・ 《自己牧会プログラム》



210305.jpg
〈天正宮から見える景色〉


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「パパ、グッジョブ!」です。



ある朝の出勤前のことです。
妻がるんるん気分で鼻歌を歌いながら掃除を始めました。

これは以前なら、わが家においてはまずいケースでした。
というのも、掃除が進むにつれて妻は、
それまでの機嫌の良さはどこへやら。

「どうして、ここにこれが置きっぱなしなの!」
「片付けておいてと言ったのに!」
とヒステリックに周辺を責め出すのが、
お決まりのパターンだったからです。

言い返せばさらに言い返されるので、そういうときには
家族全員、黙ってやり過ごすのが習慣になっていました。

でも「自己牧会プログラム」を知ってからは、
私の対し方が変わってきました。

「心の目で見る」ワークをしながら、
「真の愛を中心として、妻の本当の姿を
正しく見させてください」と祈るようになったのです。

そして、その日の朝はこんな良心の声を感じました。
「妻は本当に責任感が強いんだな、ありがたいな」

私は妻に感謝の思いを伝えたくなり、
「いつもありがとう」と素直に言うことができました。
そんな自分がうれしかったです。

すると妻がニコーっと笑ったのです。
娘(小学生)もうれしそうに私を見ていました。
「パパ、グッジョブ!」とでも言っているようでした。

こんなふうに心が転換されてくると、
駅までのいつもの道のりも輝いて見えます。
自然万物の中で生かされている自分というものを新鮮に感じました。

いつもは早く通り過ぎたい駅の人混みも、
その一人一人が慕わしく感じられました。
何だかいいことが起こりそうな一日となりました。

(男性 50代)

私の心の中にいる神様
「パパ、グッジョブ!」
(blessed lifeより)


「相手の心を変えることはできない
しかし、自分の心は変えることができる」

同じ事象を見た場合でも、
どのように捉えることができるかが
とても重要だと思います。

私の見方が変わると、
相手も変わりますし、
夫婦が笑顔なら、家庭にも波及するでしょう。

妻に対する詳細なコメントは、ここでは控えますが(笑)
私も同じような経験があります。

ブログを二人で継続して書いていること、
また、わずかながらですが、毎日、訓読・祈祷を
夫婦で捧げていること、
そういうことも大きいと思いますし、
それで心情が近くなったようです。

そうはいっても、感情の起伏も
山あり谷ありです。

何をするかよりも、
何を動機とするかが重要なので、
さらに良心を求めて行くことで、
心が解放されたり、充電されたりしていくのだと感じています。

今後もさらに良心を先立てる生活を心がけ、
「グッジョブ!」と言われるような歩みを
成していきたいと思っています。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする