2021年03月06日

アベルとは、天使長(洗礼ヨハネ)、カインの心の扉を開いてあげる 《李ヨハネ先生》



210306-Baptist_John.jpg


李ヨハネ先生の「信仰と生活」。
今回は、『カイン・アベル関係』です。

人間関係の基本でもあり、定義がアベル・カインですが、
主従関係というのではなく、
神様の愛が真ん中にくると・・・


教会の兄弟たちの間に、
カイン・アベルという情的な位置が決まらないと、
悩みがすぐに起こってきます。

これは教会だけではなく、家庭的にもそうです。
そしてまた、社会生活においてもそういう面が明らかでないと、
すぐ霊的に暗やみが来て、影になるのです。

カイン・アベルという関係、教会でいえば
教会長と兄弟たちとの間、また兄弟同士の間で、
その位置が決まればいいけれど、
それが原理的に組織できない場合があるのです。


そういう場合は、聖書でいっているとおり、
「他人をみな自分より以上の人と、
謙遜に思いなさい」というのです。

教会長という立場は、天使長の使命をするのです。
というのは、天使長はアダム・エバの言葉を盗んでいったから、
復帰は、天使長がそれらのものをもってきて、
神の息子、娘たちに渡すのです。

だから、皆様に言葉を伝えるとか、
教えるとかという立場は、天使長の立場なのです。
これが復帰です。

今回、私たちがここに来た立場も、それと同じです。
私たちが皆さんに何か自分の体験を証すという
この立場の目的は、皆さんがもっと
この時代の責任をもっていかなくてはならないから、
補助しに来たのです。

だから、私たちが主体者ではなく、
皆さんが主体になっているのです。

教会長も、その立場なのです。
その地方の人のために行ったのだから、
その立場は仲保者であり、結局は、召使だというのです。

だから、自分の主張を、自分以上に、
神に孝行する方面に補助をしなくてはならない。
それが教会長の責任なのです。

天使長は、アダム・エバを神の子女として尊敬し、
侍らなくてはならない立場です。

それだから、韓国でも、教会長が兄弟に
命令したり、怒ったり、自分勝手に
兄弟を指導する時がしばしばあって、
しかられるのですが、
それでは自分も成長できないし、
皆さんの行く道を邪魔することになるのです。


旧約時代には、神が僕の立場で人間に侍ってきたのです。

イエス様も地上にあっては、
ひとり子として暮らしたのではないのです。
精神的秘密では息子の位置にあったけれど、
実際生活においてはそうではなく、
僕としての使命を果たしたのです。

僕の立場として、そうして言葉を伝える時には、
洗礼ヨハネの立場で証したのです。

洗礼ヨハネは天使長の立場だから、
イエス様は三年間、内容はメシヤとして来たけれど、
実際は天使長の立場で尽くしたのです。

そして人々を、天の息子、娘という
子女の立場まで連れていって、
初めてメシヤの位置に立つのです。

教会長の場合もそうです。
教会長も、天使長の使命を三年なら三年、
七年なら七年やって、その間
自分以上に神に対して忠誠なる子女を十二名得てから、
「自分が子女という立場を認められる立場になるか否か」
という問題になるのです。


結論的に言うなら、精神的には
神と縦的な因縁をもつ父の立場で、
実際の生活では僕として
天使長の使命を果たさなければ、
本当の自分の位置に返ることはできないのです。

子女の立場から天使長と落ちたのが堕落ですから、
天使長の立場で侍ることを通して
子女の立場に行かなくてはならないのが復帰の道なのです。

言ってみれば、アベル・カインという立場は、
いつも決定していないのです。


例えば、伝道に行く時、行かなくてはならない
自分の体、それは自分の霊が体を通して
どこかへ行く時で、その肉体はアベルになるのです。

だから、いつも心だけがアベルということにはならないのです。
仕事によって、使命によってその関係が決まるのです。


教会でいえば、経済的に責任をもった人がアベルになる時もあるし、
伝道の時には説教する人がアベルになる時もあるし、
要は、その仕事においてだれが中心になるかという問題になるのです。

家庭に帰ってきても、物事の責任をもった人がアベルになるのです。

ですから、その時間はそのアベルに対して
謙遜に喜びながら侍って、
その人を慰めなくてはいけないのであって、
食事の時でも、いつも自分が上であるという立場には立てないのです。

その時々の仕事によって、中心となる兄弟が
アベルの立場で苦労するのです。

そこに平和があるのであって、「一人だけがアベル」
というように決まった考えをもったなら、
その教会は苦しみ、家庭にも苦しみが来るのです。


だから、そういう考えで解決したなら、
各々教会生活においての自分の位置が分かると思います。
そうすれば、おのずと人の位置を分かってあげなくてはいけません。

そこで自分は自分と、自分だけの道理を通せば、
それは固執になってしまって
従うことにならないし、忠誠にならないのです。

難しい問題は、自分の信仰の秘密を
相談しなくてはならないということです。
これは中心問題なのです。


中心的なことですが、自分の心からどうしてもわき上がらない。
自分の家庭問題とか、人生問題とか、自分の信仰を、
教会長に会う前には率直に言おうと思うのだけれど、
いざ会って話す段になると、本心からわいてこない。

しようがないから話さずに帰ってくるというのは、
それは自分の立場を失ったことになるのです。

それで困って、自分一人で祈る。
しかし天の立場では、その祈りを引き受けることができない。

地上で、自分の兄弟を通してこずに、
自分だけ知っていることを天に話しても、
天は引き受けないのです。
だから、その人は困るのです。


こういう時、教会長がその人の心の扉を
開けてあげなければいけないのです。

そういう秘密を打ち明けたくなる人と、
そうでない人がいるのですが、私たちの先生の場合、
だれでも、会ったら自分が一生涯信仰してきた秘密を、
全部はき出すのです。仏教の人でも、キリスト教の人でも、
儒教の人でも、どんな人でも先生の前に来れば、
もう何でも言い出してしまう。

先生には、そういう人の心の秘密を出させる力があるのです。

カイン・アベル関係

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則
「心情開拓」
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


少し長いみ言でしたが、
「アベルの正道」とはどうあるべきか、
そのことを強調されていたと思います。

「父母の心情、僕の体」である、という姿勢、
その重要性を改めて感じます。

先日、本部主催で「ファミリーサポートコーチング」
という勉強会があり、視聴させていただきました。

人を指導、教育するのではなく、
本心を引き出していく、
本当の「牧会」の姿を
天が願われているのだと思います。

アベルの立場として、
神氏族メシヤとして、家庭人としても
人を愛していく立場の私たちに参考になる内容でした。

最近、Blessed Lifeにも掲載されています。
様々な証しがあるそうですので、
機会があれば、紹介したいと思います。

何よりもお父様ご自身が
食口たちとの授受の中で、
心の扉を開かれるように、
対していかれました。

父母の心情に立つ生活を
心がけていきたいと思うのです。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:08 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする