2021年03月12日

「自分なんて必要ない」と10年間口走っていた私に、妻が… 《橘先生・夫婦愛講座》

『自分を愛することは、家族を愛すること』



210312.JPG


橘先生のコラム「夫婦愛を育む」
今回は、『自分を愛することは、家族を愛すること』です。


日本語検定委員会の「日本語大賞」入選作の発表がありました。
存在すら知らなかった私ですが、小学生の部
入選作を新聞で読み、目頭が熱くなりました。

つられるように他の部の入選作の概要に目を通すと、
一つの言葉が私の興味を引き、ネットで全文を読みました。

一般の部で入選した、10年間心身の病と闘う
30代男性の作品です。
テーマは「私を動かした言葉」。
抜粋してまとめたものを紹介します。

 
原因不明の体調不良が続き、やがて心が折れた。

長引く中で、心の病の方が酷くなった。
頑張っている、よそのお父さんたちの話を聞くと、
自分と比較して落ち込んでしまう。

「自分なんていない方がましだ」
「もう無理だ。消えたい」と口走ったりしてしまう。

そんな自分を一生懸命励まし支えてくれたのが、
妻や子供たちだった。

ある日、私が「自分なんて要らない。
終わりだ」と口走った。

すると、いつもは黙っている妻が私に向かって静かに言った。
「もう聞きたくない」
 
常に私を受け入れてきた妻が、初めて否定の言葉を口にした。
そして意を決したように話し出した。

「私はあなたが病気になってずっとそばにいるから、
あなたが頑張っていることも、
それでも報われずに辛いこともよくわかる。

でも、あなたが自分を蔑む言葉を発し続けることで、
支えている私や子どもたちまで
価値を下げられているように感じてしまうの。

もしも、本当にそんなに価値のないあなただったら、
それを必死で看護している私や子どもたちは一体何なの?
私たちまで辛くなる...... 」

自分で消化できずについ口走る衝動で、
妻子までも傷つけていることが全くわからなかった。

家族は運命共同体、互いの自尊心や自己価値を共有していて、
自分の価値を下げることは、相手の価値までも
下げているということに初めて気づかされた。

病気になって以来、「自分を愛してあげて」と
言われることは稀にあったが、どうしてもできなかった。

「自己を愛する」ということが、何か後ろめたく、
自己中心的な考えのように思えたからだ。

しかし、妻が教えてくれたこの考え方なら、
「自分を愛すること」は、「家族を愛すること」と同じになる。

たとえ自分を愛することが苦手でも、
支えてくれる家族を愛することはできる。

自分と家族がイコールなら、家族を愛することが
私を愛することにつながる。
これは、新しい発見だった。

私はできる限り前を向いて、家族と共に闘ってゆく。

 
10年間、夫を否定せず支えてきたなんて、素晴らしい女性です。
その土台があればこそ、響いた言葉なのかもしれません。

ちなみにこの作品のタイトルは「妻の否定」。

自分が嫌い、自分を受け入れられない、自分を許せない…
そんな葛藤を抱えている多くの人に
力を与えてくれるメッセージではないでしょうか。

夫婦愛を育む153
自分を愛することは、家族を愛すること
ナビゲーター:橘 幸世


橘先生がつけられた題目、
「自分を愛することは、家族を愛すること」
まさにこの言葉がピッタリですね。

以前、心理学を紹介していましたが、
愛されてこなかった人、愛を感じてこなかった人は、
自分に価値をもてない、つまり
自尊感情が低いのだそうです。

そうすると環境に立ち向かっていく力をもちにくく、
心の病も治りにくいといいます。

どんなに自分に自信がなく、
自己を蔑(さげす)んでいる人でも、
自分を愛してくれる人がいて、
そのことを心から感じたならば、
自尊感情が生まれてくるのですね。

そう考えた時、
私のことを常に愛し、見守ってくださる、
神様、そして、真の父母様がおられること、
どれだけ素晴らしいことでしょうか。

さらには、そのことを頭で知るだけでなく、
心から信じ、実感していくことが重要だと思います。
また、具体的に家庭や社会で
為に生きていく、愛の実践をしていく。。。

そうして、万民が心から愛を感じていったなら、
素晴らしい世界が到来することは間違いありません。
そんな日が早く来ることを願ってやみません。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:12 | Comment(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする