2021年03月13日

不登校、対人恐怖症の妹が変わった不思議な理由・・・ 《自己牧会プログラム》



210313_2021.0224.jpg


自己牧会プログラム
今回は、『対人恐怖症の妹に光を送り続けました』です。


私が大学1年の時、妹(当時、中学1年)が
不登校になりました。

私は中学、高校と頑張って勉強して大学に入りました。
勉強は一生懸命するのが当然だと思っていましたから、
そんな妹を理解することができませんでした。

「学校に行かないで、社会に出たらどうなるのだろうか。
この子はこれからどうなるのか?」という
不安や恐れが次々に湧いてきたのです。

私だけでなく家族全員がそういう思いで妹に接するので、
妹はどんどん追い詰められていきました。

やがて、家族のちょっとした一言にもキレて、
部屋に閉じ込もるということを繰り返すようになったのです。

その後、何とか遠方の高校に受かったものの、
なかなか登校できず、通信教育で卒業の単位を取りました。
 
しかしその後も、自動車学校の入校式で「もう無理」とやめるなど、
挫折の多い人生が20代の後半まで続いたのです。


そういう中、私は自己牧会プログラムに出合いました。

同プログラムには「固定観念に気付く」ワークがあります。

私の妹に対する固定観念は何かなと考えたら、
「ちゃんと社会に出て普通の生活をしないと、妹も苦しいし、
親も苦しい」という気持ちだということに気付きました。

そこで、その固定観念を手放して、まずは、
ありのままの妹を受け入れるよう努力したのです。
そして、妹の気持ちに寄り添い、
妹の幸せを祈りながら、光を送り続けました。

すると不思議なことに、妹のほうから
「私、こうだったんだよね」と、
過去のいろいろな気持ちを話してくるようになりました。

妹が変わったというよりも、
私が固定観念を手放すことで、
それまで見えなかった妹の本性が
見えるようになったのだと思います。

こうして、家族の接し方が変わったことで、
妹は少しずつですが元気を取り戻していきました。


その後、妹は「ビーズ刺繍」に出合い、
急スピードで上達していきました。
才能が一気に開花したのです。

今では自ら店に出掛けていって、
「これを置かせてください」と、
委託販売の交渉をするまでになりました。
最近は、その道の有名なかたと一緒に
カフェで展示会を開く話まで出ています。

対人恐怖症だったのがうそのように、
好きなことを通してどんどん輝きを増していく妹に、
周りが驚いています。

(女性 30代)

私の心の中にいる神様 59
対人恐怖症の妹に光を送り続けました


とても素晴らしい証しですね。

私自身も含めて、
問題のない個人、家庭など、
存在しないのだと思います。

「〇〇でなければならない」
という固定観念に縛られていることも、
一つの要因かもしれません。

詳細は控えますが、私も子供に対して、
同じような思いがありました。

まず、ありのままを受け入れ、
気持ちに寄り添い、幸せを祈り続ける。。。

誰にでも創造本性があることを信じて、
見つめなおしていこうと思います。
私も、光を送り続けます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


posted by ten1ko2 at 08:38 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする