2021年03月21日

お父様の実験、極と極のカップル 777で一生分のみ言を頂きました 《大谷先生》



180106 1970.10.21 777 2.jpg


統一思想研究院副院長をされていた故・大谷先生の証しを
いつか書きたいと思っていましたら、
先日、ある婦人から、コピーを頂きました。

777双の大谷明史(あきふみ)・よし子夫妻のお話です。


よし子さん
1970年10月に行われた七七七家庭のマッチングは
朝から始まり、私たちは午後の三番目に決まりました。

マッチングが全て終わり、二日後に
真の父母様がお見えになって、み言を語ってくださいました。

このとき、真の御父様はみ言の途中で突然、
「大谷、立て!その相対者も立つんだよ』とおっしやったのです。

真のお父様は、「この男は学者なんだよ。
学者はね、机さえあれば満足している。
しかし、この女は強いんだよ。
男の一人や二人は問題なく食べさせていく力が
あるんだよ」とおっしゃいました。

この七七七家庭の祝福で訪韓した期間に、
真のお父様に夫婦で七回立たされ、み言を受けました。
一生分のみ言を頂いたようなものです。


明史さん
私は統一教会に出会う前、りっぱな科学者に
なることを夢見て、大学院で学んでいました。

ですから、み言を聞いて教会の活動を始めるようになっても、
科学への志は捨てがたく、科学と宗教(大学と教会)の
二つの道を行く決意で歩んでいました。

三年間の学生部での歩みの中で、
「科学は確かに人類に豊かな生活を与えたけれども、
人類の幸福を実現することはできなかった。
今、重要なことは、これ以上の科学の進歩よりも、
人間の心に作用する悪(邪心)と闘って
真の幸福を実現することだ」と悟り、
全ての本や実験データを処分して
教会で献身的に歩むようになったのです。

真のお父様はそのような私の過去をご存じでした。
それで、お前は本と机だけあれば
満足しているような男だが、生命力に乏しい。
この女は雑草のようにたくましく、生命力がある」
とおっしやったのです。

また、「皆は、このふたりはとても合わない
と思うだろうが、先生はそうは思わない。
必ず良い夫婦になるだろう。

極と極が一つになれば、
その間にあるものは全て含まれる。
互いに足りないところは補い合いなさい」
と語ってくださいました。


よし子さん 
真のお父様は、「束大の博士課程修了者と
中卒の女性の極と極を合わせて、
そのふたりがどのように勝利していくか、
先生は見てるよ」とおっしやいましたね。

私は、「私は高卒なのに、どうして?」と思っていました。


明史さん 
何年後かに、妻が真のお父様に「私は高校を出ています」
と申し上げると、「そうか、そうか」と
言いながら聞いていらっしやいました。

ところが、その後も何回か、「束大の博士課程と
中学出の女を祝福したんだ」とおっしやったのです。


よし子さん 
それは、これの一つの摂理だからだと思います。

実は、韓国でも、男性が中学出で、女性が最高の教育を受けた
というカップルが既に二家庭くらいあったのですが、
それらの家庭は壊れたのです。

それで、私たちは三組目で、必ず勝利しなければなりませんでした。
摂理は本当に不思議なものです。

七七七家庭でも、真の御父様が「この家庭は兄妹だよ」と
言われるようなカップルもあります。
本当に兄妹のように心情が近く、
夫婦が一つになっているので、うらやましかったです。

私たちは真のお父様から
「三十年すれば、うまくいくよ」と言われたのです。

お父様の語られた三十年とは、
生涯を通して一つになりなさいということだと思います。

ですから私は地上生活だけを見てはいません。
霊界に行けばうまくいくだろうと思っているのです。
これが、私の中にある真の御父様の世界です。

今はやっと、お父様に「ありがとうございました」
と言えるようになりました。
それが何よりも宝です。
ここまでは本当にいばらの道でした。

「永遠」に責任を持たれるかた
大谷明史(あきふみ)・よし子

慕わしきわが主、わが父母
(真の父母様との思い出)
TODAY'S WORLD JAPAN 2015.9より


大谷先生は、生前、
千葉中央修錬所の21修において、
統一思想の講義を担当されました。
とてもわかりやすく話され、
また意外にも、ユーモアのある方だな、
そんな印象を受けました。

約2年前の、2019年4月18日に聖和されたのですが、
直前まで、重いがんを患っていることは
一切、誰にも話されませんでした。

「極と極の祝福」
お父様が「実験するから見ていなさい」
そのように語られて、マッチングをされた
大谷先生ご夫妻。
このあとの証しもお楽しみに。。。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:48 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする