2021年04月11日

「いちばん悲しいときは笑うのよ」 私が見たお父様とお母様



180428.jpg


光言社刊【真のお母様感謝します】より
阿部公子先生の証し。
「狭い家の中でも捜し合われた父母様」です。


夫と私は一九八〇年に渡韓し、
真の父母様の館で生活させていただきました。

父母様は、狭い家の中でも「オンマは?」「アボヂは?」
とお互いに捜し合っていらっしゃいました。
喧嘩をしないという次元ではなく、
いつも一心一体でいらっしゃったのです。

真のお母様は、家の中でも決して大きな声は出されず、
低く落ち着いた声でゆっくりと話されます。


ある時、お母様がお出掛けの問に、
真のお父様が利川に行かれたことがありました。

戻られたお母様が私に「アボヂは?」とお聞きになったので、
「利川に行かれました」とお答えすると、
日頃静かなお母様がばたばたとスリッパの音をさせて
二階に上がられたのです。

しばらくして下りてこられたお母様は、
「イサラム(この人)」と言われて、
私のおしりをぽんと叩かれました。

私は「이천(イチョン・利川)と言ったつもりだったのですが、
お母様には「이층(イチュン・二階)」と聞こえたのです。
                                          
そのときお母様は私を、「韓国に来て何力月経ったの? 
まだ利川と二階の発音もできないの」
とお叱りになりながらも、おもしろそうに
「二階に上がってみなさい」とおっしゃいました。

不思議に思って上がってみると、
夫が大の字でいびきをかいて寝ていたのです。

当時、父母様が帰国されると、
私たち夫婦の部屋はスタッフの部屋になり、
夫は先輩の先生方と一緒に二階で休んでいました。

その先生方がお父様と一緒にお出掛けになったので、
一人になった夫は久しぶりにゆっくりと寝てしまったのです。
その姿をお母様に見られてしまったのでした。

お母様はいたずらっぽく笑いながら、
「見た?私も見たわよ」とおっしゃいました。

お母様は、権威があって近寄り難く感じる一面もお持ちですが、
ユーモアを解されるお方です。
ジョークを言って、皆を笑わせてくださることもあるのです。


一九八三年十二月、興進様がアメリカで交通事故に遭われました。
この知らせは、韓国八力都市勝共大会で
光州におられた父母様のもとにも届けられました。

光州大会の後、お父様は皆がいる前でお母様に、
[オンマ、絶対に悲しみの涙を流してはいけない。
泣くんじゃないよ。自分の部屋に入ってはいけない。
みんなとここにいるんだよ」と言われ、
お母様はそのとおりにされました。

その後、お父様は大会の報告を受けたり、
み言を語ったりされました。
お父様は大会の勝利に大満足され、
満面の笑みで勝利を祝われました。

そして初めてぽつりと、
「興進君はどうなの?」とお尋ねになったのです。
報告を聞かれると、お母様のほうをご覧になり、
「オンマ、偉いね、泣かないで」と言われました。

父母様がアメリカに戻られる日、
泣かないでお見送りしようとみんなで決めました。

お母様は玄関先で、「いちばん悲しいときは笑うのよ」と言われ、
にっこり笑って出発されました。
その後、残った私たちは抱き合って泣きました。

父母様の行かれる道がどれほど厳しく、
天情に徹する道であるかを垣間見た出来事でした。

阿部公子(七七七双)


お母様と阿部先生とのやり取り。
とても微笑ましいエピソードですね。

さらには、興進様の証しは壮絶です。
「泣いてはいけない」とお父様が
お母様に語られたことはあまりにも有名ですが、
その前後の経緯を阿部先生は見ておられました。

どこまでも公的に、
天を愛し、私たちを愛するために、
ご自身とご家庭を犠牲にされる、
真の父母様の深い真の愛の心情を
感じさせられるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:29 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする