2021年04月21日

(証し)私たち夫婦が霊的体験で出会った父母様・・基元節では一緒に杖を揚げられる



210421-2013-1.1.13.jpg


光言社刊、「真のお母様感謝します」より
今回は、『基元節の式典で聖杖を
一緒に掲げられた父母様』です。


私たち夫婦は、これまでの信仰生活を通して
多くの霊的な体験をしてきました。

1975年に1800双の祝福を受けて、
私の実家に妻と挨拶に行ったときのことです。

家に足を踏み入れたとき、霊的に、
血の海のようなものがパーツと晴れて、
先祖がずらりと並んでいるのが見えました。

先祖はそれぞれ、額に名札を付けていました。
そして「あなたたちのおかげです」と言いながら、
私たちに対して王子・王女に侍るように三拝したのです。
祝福の尊さを実感しました。

また祝福は、真のお父様お一人で
お与えになることはできません。
真のお母様が勝利してくださったからこそ
可能になったことを思うと、
お母様に対する感謝が湧いてきます。

その後、清平で先祖解怨をするたびに、
私たちに三拝した先祖の方と再会しています。

 
妻にはこういう体験があります。
神様王権即位式(2001年1月13日、韓国・天城旺臨宮殿)
の式典に日本の所属教会で参加したとき、
礼拝堂のお写真の中のお母様から
雲のようなものがもくもくと出てきたのが見えたそうです。

妻はイスラエル民族を導いた「雲の柱」を思い出し、
「お母様は本当に聖霊の実体だと実感した」と言っていました。


お父様の天宙聖和式(2012年9月15日)を前後して
清平に十日問、滞在したときは、お父様が
そばにいらっしやるのをしばしば感じました。

ある時、お父様が、「どれくらい成長したの?」と
お尋ねになったので、
「お会いした分だけ成長しました」とお答えしたら、
喜んでくださいました。

また、この期間は大母様も夢に出てきてくださり、
「お父様のお墓の周りをブーゲンビリアで囲みたいのです。
一年中、ブーゲンビリアが咲いているような庭園に
造ってください」とおっしやいました。

私は造園の仕事をしているので、
大母様が励ましてくださったのだと思います。


お父様を霊界にお送りした後に迎えた天一国基元節の式典
(2013年天暦1月13日)でのことは忘れられません。
私はそのとき、日本でインターネットを通して
参加させていただきました。

映像で見る会場はまばゆいばかりに光り輝いていて、
無数の天使が頌栄を捧げていました。
その中を、五十代の若いお姿のお父様が、
お母様と共に入場されるのが見えたのです。

おふたりは、金の光を放つ聖杖を一緒に持っておられました。
そしてお母様が聖杖を持ち 上げられるときは、
お父様の動きに合わせていらっしゃるのが、
はっきり分かったのです。

真の父母様は本当に一つでいらっしゃるのだと
確信した瞬間でした。



「五十代の若いお姿のお父様が、
お母様と共に入場されるのが見えた」
とありますけれど、
霊人体は、一番お元気なころのお姿である、
と伺ったことがあります。

ですから、霊界におられる
お父様、そのものだったのだ、と思います。

お母様がおられるところには、
お父様もともにおられる。

そのことをもっと意識して、
父母様に侍る心情をもって
生活しなければ、と思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:40 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする