2021年04月24日

1ページ1ページに数百回の涙、劉先生 創造・堕落・復帰を変えてはいけないワケ  



210424-1966.0501.jpg
原理講論が初めて発刊された1966.5.1


篠崎先生の「喜びと幸せの生活伝道」より、
「『原理講論』の価値」です。


『原理講論』は体系的に編集されています。
もし、講師が自分のタイプに合わせて自分なりに講義をすると、
創造原理と堕落論と復帰原理が混ぜこぜになってしまいます。

ですから、劉孝元先生は、
「マスターしてしまったなら自分のスタイルに変えてもいいが、
それまではこれを骨として完全に理解するまで、
このとおりに講義しなさい」と指導されました。

そして自身も『原理講論』のとおりに講義されたのです。

劉孝元先生は、「『原理』は
全世界に長らく伝えなければなりません。
ですから、自分が完全に理解できていなければ、
どうして自信を持って講論を書くことができるでしょうか。

それで先生の『原理』を完全に自分がつかむまで、
自分の意見を述べて確認したのです」と語られました。

自分が理解できるまで、お父様と何時間でも討論し、
一つ一つ確認を受けたのです。


劉孝元先生は「原理」をノートに一冊書くごとに
涙を数百回流したといいます。

「原理」に接する時には、その「原理」の前に恍惚(こうこつ)となり、
涙なしには記録することができなかったのです。

そのような背景を持って『原理講論』はまとめられました。

お父様は、「この膨大な『原理』をこのように理論化し、
体系化させた劉協会長の頭はすごいものだ」
と称賛されました。


私たちは、この『原理講論』ができるまでの
エピソードを通して、真のお父様が
「原理」のみ言をもって人類を導き生かそうとされた
熱い願いにもう一度立ち返らなければなりません。

そして自らの心情を爆発させて、み言を誇り、
自信と確信を持って爆発的伝道をしていきましょう。

篠崎 幸郎・著
(光言社・刊『氏族伝道講座 喜びと幸せの生活伝道 み言の原点に立ち返る』より)
第一章 原理のみ言があなたに届くまで
二、『原理講論』のできるまで
『原理講論』の価値

氏族伝道講座
喜びと幸せの生活伝道〜み言の原点に立ち返る(8)
(blessed lifeより)


劉孝元先生に関してこのように詳しくうかがうと、
原理講論を体系化された
先生の精誠、その貴さを深く感じられます。

改めてではありますが、
劉孝元先生に心から感謝いたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)