2021年05月28日

現代の使徒行伝?! 真の父母・見聞録、主なしで語れない人生 《小山田先生自叙伝 発刊》



210528-2021.0427.jpg


最近刊行された、小山田先生の自叙伝
「真の父母様の御跡を慕って」より、
序文の部分を紹介します。


  はじめに

季刊『祝福家庭』に二年半にわたって連載していただいた
私の半生を自叙伝としてまとめさせていただきました。

「わが人生は真の父母様との出会いがなければ何の意味もない」
と思っていましたから、私の自叙伝というよりは、
真の父母様との出会い、言わば
「私が見聞きした真の父母様の言行録」
と言ったほうがよいかもしれません。


あえてその要点を挙げれば、次の四点くらいになると思います。

第一は、わが人生の出発は満十四歳の中学二年のとき、
受験地獄と人生問題に悩み抜き、一大決断をして
田舎の田んぼのど真ん中にある神社の境内で、
人生の三大疑問に対する答えを求めて、徹夜祈祷をしました。

@ 人生を生き抜く永遠の真理と出合いたい、
A それを教えてくれる永遠の師と出合いたい、
B 人生を共に歩む永遠の伴侶と出合いたい−というものです。


第二は、『原理講論』との出合いです。

1967年真の父母様御一行が十数名の幹部とともに御来日され、
原理大修練会と一連の行事を行われました。
私はこれに人生を懸けていました。

その時、原理講義をしなさいとの命を受け、
真の父母様、原理講義の神様のような名講師たちを前にして
拙い講義をさせていただきました。

この経験がその後の、大学教授、牧師、神父、宗教家、
首相、大臣、国会議員などのVIPに講義する原点となりました。

その背景には徹夜祈祷を通して
「神様に講義せよ」と言われたことがあります。

アブラハム、モーセ、イエス、その他の人々と交流していました。
それゆえ、私か講義するときには、我ならぬ我が行うのであり、
真の父母様、イエス様によって導かれ、
絶対善霊たちの協助があったことを実感するのです。


第三は、三十歳を超えた新年の早朝、松濤本部の
礼拝堂で祈っているときに
「おまえの祈りは聞かれた」という、
はっきりとした天来の声を聞きました。

十四歳の時以来、祈り続けてきた
人生の三大疑問に対する十六年ぶりの回答でした。

@ 永遠の真理とは「統一原理」である。
A 永遠の師とは真の父母様、文鮮明先生・韓鶴子御夫妻である。
B 永遠の伴侶とは、わが妻、儀子(のりこ)である。

そのことを誰にも言わなかったのに、
天の父母様、真の父母様は、はっきりと分かっておられたのです。


第四は、真のお父様と真のお母様が
完全に一体であることを実感したことです。

ブラジルの国家メシヤとして足掛け十数年歩み、
その任を終えて二回目の日本の会長として赴任しようとした時、
真のお父様から次のように言われました。

@ 本来のおまえの分野は教育・啓蒙分野である。
A 久保木條己初代会長が担当してきた超VIP、
  国会議員の渉外と思想教育を継承し、拡大発展させなさい。
B 民団・朝鮮総聯の一体化、その渉外と教育をし、
  南北統一を日本から果たしなさい。
C 神氏族メシヤの目的を完成しなさい。

その後、二回目の会長職を降りて世界巡回師、
東北大陸圈、中華圈の特命総師などを務め、
それを終えて日本の天議苑苑長として帰る時、
真のお母様の指示は真のお父様の指示と全く同じでした。

真のお母様から、
「真のお父様からたくさんのことを習ったでしょう。
それを後輩たちに相続させるように」
と言われたのです。


イエス様は、自分に対して逆らう者は許されるが、
聖霊に対して逆らう者は
「この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない」
(マタイによる福音書十二章32節)と語っています。

キリスト教の歴史を見ても、イエス様の生涯は
わずか三十三年間ですが、その後の約2000年間は
聖霊によって導かれたのです。

真のお父様の残された道を完遂しようとしてこられたのは
真のお母様、独り娘、聖霊の実体、天宙の母であられます。

1991年6月15日カナダのクリアストーンでの
「顧命性宣誓宣布式」で、たとえ真のお父様が
亡くなられたとしても、真のお母様を中心としてなせば、
み旨には何の支障もないと言われているのを見ても明らかです。

本来、弟子たちがこれらのことを証しすべきなのに、
なしてこなかったので、真のお母様が自ら語られなければならないという
悲しい背後の事情があったのです。 
         

真の父母様から自叙伝を書きなさいと指導されて久しくなります。
生涯を振り返って記録に残すだけでなく、次の世代に伝え、
伝統として残すことが願われているように感じます。
(以下割愛)
光言社 刊
「自叙伝 真の父母様の御跡を慕って」 
小山田秀生


小山田先生の証しは何度か紹介していますが、
自叙伝という形でまとまった書籍が発刊された、
というのは、とても嬉しいことです。

先日、各国の大陸会長たちが
お母様とお会いされたときに、
万年筆をプレゼントされ、お母様は、
「自叙伝を書くように」と語られたそうです。

真の父母様に直接侍られた方たちは、
成約時代の使徒行伝に値する証しを持たれていると思います。
その先駆けとして、小山田先生の自叙伝が
今回発刊されたのです。

少しずつ紹介しようと思うので、
お楽しみに。。。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:02 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月27日

堕落した痕跡を消すことも、祝福を受けた皆さんの責任です! 《釜山でのみ言5.23》



210527-2021.0523.jpg


5月23日に韓国・釜山教区聖殿で行われた
「神統一韓国安着のための天地人真の父母様特別集会」
その時のお母様のみ言(抜粋)を紹介します。


  ■韓鶴子総裁が30分にわたってメッセージ

「神統一韓国安着のための天地人真の父母様特別集会」は、
会場となった韓国の釜山教区聖殿に
韓鶴子(ハン・ハㇰチャ)総裁をお迎えして行われ、
神韓国の指導者、神韓国第5地区の代表食口(家庭連合教会員)約120人が参加。

集会の様子はPEACE LINK(インターネット)を通じて配信されました。

韓総裁はこの日、30分にわたってメッセージを語られながら参加者を激励。

その後の神韓国の5人の大陸会長や指導者らの特別報告の時間では、
5月9日の「シンクタンク2022出帆希望前進大会」や
釜山と九州をつなぐ日韓海底トンネルプロジェクトについての報告がなされました。


  ■韓鶴子総裁のメッセージ(抜粋/文責:編集部)

  堕落したという痕跡を消すこともまた祝福を受けた皆さんの責任
 
聖書にも
「人には、その犯すすべての罪も
神を汚す言葉も、ゆるされる。
しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない」
(マタイによる福音書 第12章31節)とあります。
最後です。

私は天の父母様のために、
堕落した人類の中から、堕落したという痕跡を
全てなくしてしまいたい心情です。

それで、一筋の道をそのように走ってきたのですが、
各自が責任を果たさなければなりません。

堕落したという痕跡を少しでも消すことができれば、
それもまた祝福を受けた皆さんの使命であり、
責任であるということを知らなければなりません。

それで、私が地上にいる間に、毎日毎日
天の父母様の前に、本然の園で夢見られた
それらを一つ一つ成して差し上げながら、
今まで無知だった人間が荒廃させてしまった創造物、
この地球を、本来の状態に戻すことのできる
私たちの精誠と努力が必要です。



  神様が私たちの天の父母であることを教育しなければならない


今、全世界的に解決できない多くの問題が起きています。
中東では宗教対立が続き、
アブラハムの兄弟たちが争っています。

また強大国の国々は、天の摂理を知らずに、
自国の利益のために無駄なところへ
数億、数兆のお金を浪費しながら、
肝心な民たちは飢えているというのが現実です。

これを誰が整理してあげなければなりませんか?
誰が教育をしなければなりませんか?

水不足、酸素不足といわれて、この地球には
これ以上人口が増えてはいけないと言い、
多くの意見が出ていますが、
そこに使われる天文学的なお金で、この地球を
再生させて環境を豊かにさせるのに使うならば、
どれだけ良いでしょうか。

問題は何か。
宇宙の主人であられる創造主神様が、
私たちの天の父母であることを
教育しなければなりません。

父母の前に親孝行を尽くす孝子、忠臣だけが、
永遠にその名が歴史に残るようになります。
愚かな行動と判断をこれ以上しては
いけないと教育しなければなりません。


統一運動情報
韓国・釜山で韓鶴子総裁を迎えて特別集会を開催
★神統一韓国安着のための天地人真の父母様特別集会★

(blessed lifeより)


「堕落したという痕跡を全てなくしてしまいたい」
お母様の切実な思いの表れだと思います。

神様の心情、神様をお慰めしていきたい・・・
そのことで頭がいっぱいであり、
一刻も早く、何とかして差し上げたい、
そう思っておられるお母様だからこそ、
このようなみ言が出てこられたのだと思います。

また、日韓トンネルの話をした後、最後に
「日本の最高指導者と韓国の最高指導者に
教育しなければなりません。
その道だけが、この国(南北朝鮮)が神統一韓国として
一つになることのできる道であることを
知らせなければなりません」
と、語られています。
(下記に全文を紹介しています。)       
                                                                                                                                                                                                                                                       
つまり、韓日が一つになることが、
統一韓国に向かう道であり、
そのための架け橋が日韓トンネルの実現でもある、
それしかない、と話されているのです。

お母様は本当に深刻であり、
切実であると改めて感じました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



“創造主神様が私たちの天の父母様であるということを大胆に教育しなさい”
神統一韓国安着のための天地人真の父母様特別集会 真のお母様のみ言


また会えて嬉しいです。
創造主・神様は、天地万物と人間始祖になり得る男性と女性、アダムとエバを創造されて、人間に成長期間を通した責任をくださいました。その責任を完成する日、創造主・神様は人間とともに創造本然の摂理の春を迎えようとされました。
しかし、人間の堕落によって、天の父母様が夢見られた摂理の春は訪れませんでした。天は創造原則を変えることはできません。それで、切なくも救援摂理歴史を出発されます。人類歴史6000年の期間は冬の季節です。暗くて何も見えない、物寂しく寒い冬です。天はこの闇の世界を再び明るくしてくれる、勝利した人間始祖になり得る救世主を探し求めてこられました。

  天一国の環境圏を開拓しなければならなかった真のお母様の心情

その間に人口がたくさん増え、多くの国々が生じました。天はイスラエルという選民を選ばれ、救援摂理歴史に終止符を打とうと、困難で大変な4000年という時間が掛かりながら、「私の息子だ」ということのできる独り子イエス・キリストを送ってくださいましたが、イスラエル民族(ユダヤ民族)は受け入れませんでした。イエス様は十字架に架からざるを得なくなり、亡くなられる状況の中で「また来る」と言われ、また来て「小羊の婚宴」をするというのです。「また来る」と言われたキリストを待ちながら出発したのがキリスト教の歴史です。

しかし彼らは創造主の本質が分かりませんでした。イエス様がなぜ「また来る」と言わざるを得なかったのかさえも分からなかったのです。人間中心に待つ心で過ぎてきたので、彼らは一つになることができませんでした。それでカトリックから始まり、プロテスタントの多くの教派が生じました。このような現実に対して再臨のメシヤが来られるとすれば、どこに行かれるでしょうか? 一つになれなかったキリスト教、多くの分派に分かれた所には行かれることができないのです。

今でもキリスト教は目的地がどこなのかが分かりません。本当にもどかしいことです。「また来る」と言われ、また来て「小羊の婚宴」をするというので、今日の人類、またキリスト教の聖徒たちが探さなければならないのは、独り娘です。独り娘がどこから現れたのか、どのように来られるのかを知らなければならないのに、そこには関心がなく、お互いに「私が正しい、あなたが間違っている」と言い、異端(注、「二段」と韓国語の発音が同じ)だ三段だと言いながら、教派がたくさん生じました。言い替えれば、この分裂したキリスト教には、メシヤが来ることはできません。

ところで、天はご苦労されながら、韓民族を選ばれて独り娘を誕生させました。それでは「また来る」と言われた再臨のメシヤの責任を果たさなければならない方は、何をしなければならないでしょうか? イエス様が亡くなられながら「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは、今はそれに堪えられない」(ヨハネ16・12)と言われたそのみ言を探さなければなりません。そして「小羊の婚宴」ができる環境圏をつくらなければなりません。多くの聖徒を探さなければなりません。言い替えれば、天の摂理を知っている民をたくさん探し立てた位置で、独り娘に出会わなければなりません。

皆さんの中には草創期のお父様に対して知っている人もたくさんいるでしょう。本当に困難な環境でした。私は生まれながらにして天の摂理が分かっていました。私の父母は神様であるということを知って育ち、その方の願いが何なのかを知っていたので、私が進み出なければならないと思い、私が出で立ったのです。

1960年、その時の世界人口は 30億人程度でした。ところで今日の人口は、その2倍を超えました。真の父母の誕生については、環境圏がつくられませんでした。そのために私は耐え忍び、忍耐しながら待ちました。言い替えれば、天一国を宣布するまでの、真の父母摂理60年は、冬の季節でした。寒くて凍えてまっ暗でも、希望に向かって絶えず努力して環境を開拓しなければならない、冬の季節でした。春を迎えるためには、天の父母様に侍り得る環境圏をつくらなければなりません。それが真の父母の責任です。それが分かるので、私は数えきれないほど多くの堪えなければならない路程を歩み来ながら、一時を待ちました。

天一国の宣布は誰がしましたか? 天一国を宣布したので、天の父母様に侍ることのできる環境圏をつくらなければなりません。60年間努力しました。その天一国の環境圏を7年以内に天の前にお返しすると誓って進み出る時のその心情を、皆さんは分かりますか?

  堕落したという痕跡を消すこともまた祝福を受けた皆さんの責任

きょう釜山教区長の感動的な祈祷、ありがとうございました。そうです。私は神様の娘なので、私の父母の夢を必ず成して差し上げなければならない孝女であり、人類の独り娘であり、真の母なので、耐えに耐えて待ちながら、最終的に、世の中が認めてくれることのできる環境圏をつくりました。それで、全世界的に多くの義人たちと、宗教界から、私を独り娘、真の母として侍りながら、息子になる、娘になると決心する多くの聖職者が現れました。

天の摂理は春の季節を迎え、未来に大きく実を結ぶことのできる環境圏をつくりつつあるのに、本当にもどかしくも、草創期にともに難しい環境で歩んできた祝福家庭たちは、真の父母を通して子女として生まれましたが、彼らが成すべき責任が何であるかを知りませんでした。天の前に絶対信仰・絶対愛・絶対服従すべきなのに、天の前には中心が独り娘、真の母であるということが分かりませんでした。

聖書にも「人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない」(マタイ12・31)とあります。最後です。私は天の父母様のために、堕落した人類の中から、堕落したという痕跡をすべてなくしてしまいたい心情です。それで、一筋の道をそのように走って来たのですが、各自が責任を果たさなければなりません。その責任に対して、責任を果たせない立場でああだこうだと言うのでは、未来がありません。彼らは米粒にもならず、もみ殻にも劣る、跡形もなくなる生涯を生きていきますが、彼らがかわいそうではありませんか? かわいそうでしょう。(はい)

もう一度機会を与えたいのです。天の摂理の発展が全世界的にどのように展開されているのかが分からなければなりません。さらには6000年間一度も夢見ることのできなかった創造主神様、天の父母様を、地上で真の父母が侍ることのできる聖殿を奉献する! これがいかに奇蹟のような今日であるかということを皆さんは知らなければなりません。そのように多くの人類、特に宗教界の人々が夢見てきたことです。しかし一つになることのできない環境では、天の父母様が来られることはできません。真の父母と一つになった位置、その位置にだけ来ることができるというのです。

それでは、思い違いをして進んでいる彼らに、正しいことを話してあげなければいけませんね? それで、堕落したという痕跡を少しでも消すことができれば、それもまた祝福を受けた皆さんの使命であり、責任であるということを知らなければなりません。
それで、私が地上にいる間に、毎日毎日天の父母様の前に、本然の園で夢見られたそれらを一つひとつ成して差し上げながら、今まで無知だった人間が、この創造物、この地球を荒廃させてしまったことを、本来の状態に戻すことのできる私たちの精誠と努力が必要です。

  創造主神様が私たちの天の父母であることを教育しなければならない

いま全世界的に解決できない多くの問題が起きています。中東では宗教対立が続き、アブラハムの兄弟たちが争っています。また強大国の国々は、天の摂理を知らずに、自国の利益のために無駄なところへ数億、数兆のお金を浪費しながら、肝心な民たちは飢えているというのが現実です。これを誰が整理してあげなければなりませんか? 誰が教育をしなければなりませんか?

私は理解できません。この地球がこれほどに荒廃して未来がないと思ったのか、強大国は宇宙を開発するといっています。宇宙を開発して何をしようとするのか分かりません。そこに投入されるとてつもない費用を使って、日ごとに荒廃していく砂漠をアマゾンのような樹林に変えるとすれば、どれだけすばらしいでしょうか。水不足、酸素不足といわれて、この地球にはこれ以上人口が増えてはいけないと言い、多くの意見が出ていますが、そこに使われる天文学的なお金で、この地球を再生させて環境を豊かにさせるのに使うならば、どれだけ良いでしょうか。どれだけ良いと思いますか。

問題は何か? 宇宙の主人であられる創造主神様が、私たちの天の父母であることを教育しなければなりません。歴史に、父母の前に親孝行をつくす孝子、忠臣だけが、永遠にその名が残るようになりますが、愚かな行動と判断はこれ以上するなと教育しなければなりません。天の父母様聖会の中の各機関、特にUPFと家庭連合が、これからは大胆に話さなければなりません。教育しなければなりません。それで、家庭連合は5つの地区に分けて、私が力を与えました。この UPFも、5つの地区長に(分けて)力を与えるでしょう。李現榮会長は本部において、首都圏で青瓦台、政界と国会を愛で占領しなさい!(はい) そして、今朝も私は韓日トンネル財団で仕事をしている方々に会いましたが、韓日トンネル財団の中心軸は5地区が担当して、日本の5地区とともに決定しなければなりません。

朴榮培!(はい) 日本の5地区の地区会長である朴鍾泌と一つになって、日本の最高指導者と韓国の最高指導者に教育しなければなりません。その道だけが、この国が神統一韓国として一つになることのできる道であることを知らせなければなりません。分かりますか? (はい) それでは、きょうは良い日ですね。

天一国 9年天暦 4月 12日
(2021.5.23)
天の父母様聖会 釜山教会



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月26日

義人が立つまで 多くの反対を受けた霊能者たち 《金元弼先生・平壌時代》



181228 pyonyan.jpg
1940年代の平壌市内☆


金元弼(ウォンピル)先生の
平壌開拓時代(1946年頃)の証し。

先回までは、腹中教についてでしたが、
その続き、「霊能者の入信と悩み」です。


先生は直接街頭に出て伝道されたのではなく、
先生に出会った人が伝道をして連れて来ていました。

その伝道も、その人たちはお祈りをして、
神のただ一つの言葉を聞いただけで、
神のお告げで入信するという状態でした。

その人たちは既にそういうお祈りの準備をしていたからです。
ですから心を決めるのが非常に早いのです。

しかし、神の啓示によって入信しても、難しい問題がありました。


その人たちは家族を持ち、また既成教会の中心者でした。

それゆえに、神の啓示によって
真理が分かって統一教会へ入ったけれども、家庭の反対、
その次に教会からの反対を免れることができませんでした。

家の中で、いてもいなくてもいい
という存在であればまだいいのですが、
家の中心者になっていて、また尊敬されている人たちでした。

また教会のすべての人たちがその人によって伝道され、
育てられたのであり、彼らによって教会が建てられたという人たちです。

ですからこそ迫害が最も大きかったのです。

教会に入ると決めたのですけれども、迫害が大きかったので、
どのようにこれを調和していくのか、
縁を切るのか妥協するのかという点で悩んだのです。


それは私たちが最初にみ言に触れて決心したその当時を考えてみれば、
少しくらいは理解できると思います。

皆さんは、今お話ししたような人たちとは事情が違い、
家族の(中心というわけではなく)一員でありますし、
また教会の中心者でもないのですから、
その人たちとはやや事情を異にすると思います。

しかし、自分がいままで情を結んでいた
その友達と離れなければならないことや、
深く関係している学校を辞めることや、
職業を辞めなければならないということもあったりして、
その人たちとは事情を異にしているものの、
今まで情を結んでいたのにその縁を切るという点においては、
全く同じ内容をもっていると思います。

皆様がかつて学校をどうするかと悩んだことを考えれば、
その人の事情が理解できると思います。

親から離れるのか、友達から離れるのか、
それとも学校を選ぶのか、職業を選ぶのか
職を離れるのか悩んだ過去があったと思います。


その人たちは霊能者たちです。
そういう人たちは、そのような悩みを
どのように解決したらいいのか分からないときに、
先生を訪ねるのです。

先生はいちいち牧会しなければなりませんでした。
その悩みは、その人にとっては非常に深刻なものです。

天の啓示は、いつもいつも自分が困難な局面にいるときに
教えられるというものではありません。
天の啓示は、そんなにいつもいつも与えられるものではありません。

もしそのように啓示をすることができるならば、
そもそも人間の堕落はありえないのです。

ですからそういう人が訪ねてきたときに、
先生がもしそれをテイク・ケア(*世話、この場合は牧会)しないならば、
彼らは悩みのために教会活動を
長く続けることができなくなってしまいます。

I 平壌開拓から興南解放
第一章 平壌開拓の日々
「霊能者の入信と悩み」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


私たちは、それぞれ、導かれ方も違いますし、
使命もその大きさも違うところがあります。

私たちなりに、み旨を最優先するために、
過去の事情を振り切って、
み旨にやってきた一人一人ではないでしょうか。

昨日も長谷川みつゑ先生の証しで書いたように、
昔の大先輩たちは、様々な事情を乗り越えて、
み旨に献身していかれました。
その困難は壮絶なものだったと思います。

また、特に霊能者の方は、
困難な時ほど、霊界からの協助がなく、
自ら決めなければならなかった、
いわゆる責任分担というものが、
一人一人に課せられているのだと思います。

最近、ハデベ預言者をはじめとして、
義人たちが立ち上がってきていますが、
自らの責任分担5%において、
この道を優先し、お母様を優先したがゆえに、
義人として立っておられるのだと思います。

この道との出会いが短かったとしても、
過去の信仰を土台としているし、
迫害を超えてきているので、
お母様との結びつきが、とても強いのでしょう。

私たちは、それぞれ天と真の父母さまから、
願いをかけられています。
5%の責任分担をかけて
その願いに生きていくことを通して、私たちも
小さな義人になっていくことができると思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:58 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする