2021年05月30日

「真の父母様の誕生」前後に吉兆があらわれた?! 〜小学生と共に主の生涯を学ぼう〜



210530.jpg
真のお父様が生まれる前後には、
多くの吉兆が現れました。
金鶏が庭のねずの木に留まり、
鳴いて飛び去ることがよくありました。



小学生向けの
ムーンワールドに連載されている
「真の父母様の歩まれた道 汗と涙の歴史

イラスト入りでとても分かりやすいので、
皆様と共に父母様の幼少期からの路程を
振り返ってみたいと思います。


  13人兄弟の次男で5番目にお生まれになる

真のお父様は、1920年天暦1月6日(陽暦2月25日)に、
現在の北朝鮮にある、平安北道
定州郡徳彦面上思里2221番地で生まれました。

お父様の父親の名前は文慶裕、
母親の名前は金慶継といいました。

6人の男の子と7人の女の子がいる13人兄弟で、
真のお父様は次男でした。
上には3人のお姉さんもいましたから、
5番目に生まれた子供ということになります。


アダムとエバが神様との約束を守り、神様の願いどおりに
大人になっていれば、人類の真の父母となって、
そのとき天国ができていたはずでした。

しかし、アダムとエバは、約束を守ることができなかったので、
神様は4000年たってから、アダムと同じ役目を持った
イエス様をイスラエルの地に送ってくださいました。

ところが、イエス様も真の父母になることができなかったので、
神様は、それからさらに約2000年後の
1920年に真のお父様を地上に送ってくださったのです。


真のお父様が生まれた当時の韓国は、日本に支配されていました。

ですから、韓国の人々は、もともと自分たちが話していた
韓国語ではなく、日本語を使うようにさせられたり、
韓国の名前を日本の名前に変えさせられたりするなど、
自分の国がなかったため、とても悲しい思いをしていました。

また、世界を見ると、1914年7月から1918年11月にかけて
繰り広げられた第一次世界大戦という戦争で、
ヨーロッパの国々を中心に1600万人以上の人が死に、
とても広い土地が焼け野原になるなど、世の中が大きく乱れていました。

どこを見ても、未来に対する希望がなく、暗い世の中でした。

真のお父様は、そのように自分の国も世界も、
最も大変なときにお生まれになったのです。

210530 (2).jpg
出産の日が近づいたある日、暴風が吹き、
村全体が雲に覆われました。
そこに一筋の光がさすと、帝釈山の頂上に黄金の龍が現れ、
山腹を回りながら登っていきました。



真の父母様がこの地に誕生されたということは、
神様がどれだけ喜び、人類にとっても
どれだけの慶事であるでしょうか。

その喜びがあふれにあふれ、吉兆という形で
表れたのかもしれません。

真の父母様がおられるこの時に、
私たちもともにいるということ、
さらには、ともにみ旨を歩めるということに
改めて感謝を捧げていきたいと思います。

真の父母様の路程を知ることは、
私たちにとってとても大切なことですし、
喜びでもあります。
続きをお楽しみに。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする