2021年06月30日

父の奇跡的な快復の噂を聞き、相談者が続出、3年後には家が教会に 《北谷先生》



210630.jpg


北谷先生の「死んだらわかるけど、それでは遅い」

北谷先生がまだ小学校に上がる前、お父さんが交通事故に遭い、
とても助からないような状況の中、
突然、お母さんが霊通しました。

「夫が通常の生活ができるようにしてあげる、
そのためには、保険金を受け取らないように」

そんな霊界からのメッセージを受けて、
お母さんはその如く実践していかれ、
お父さんは、奇跡的に快復されたのでした。

それでは、以前に紹介したところの続き
『三年後、家が教会に』です。


父は百日近く入院した後に、退院しました。
自分のことは自分でできるようになるのだったら、
霊界から引き戻すと言われていましたが、
実際にそのようになっていったのです。

切断するしかないと言われていた左手でしたが、
その手に茶碗を置いてご飯を一人で食べられるようになりました。

右手は無事でしたから、車の運転もできるようになりました。
足は少し引きずりはしますが、歩けるようになり、
後には小走りができるまでに快復しました。

ただ、皮膚の感覚だけは十分戻らなかったようで、
行火(あんか・布団に入れて直接手足に当てて暖をとる暖房器具)
火傷をしても気づかないほどでした。

医者から死ぬと言われていた父が奇跡的に助かった、
母を通して神様、が示してくださることは、
そのとおりに実現されるといったうわさが広まりました。

それを聞きつけた人が、恩恵にあずかろうと、
続々と母を訪ねて来るようになりました。

私の家は小さな商売をしていたのですが、
母は、父の命を助けてもらった恩返しをしたい一心で、
喜んで人々の相談に乗っていました。

「自分を見てほしい」、「どうしたらよいか教えてほしい」
という人たちに、母は、霊界と交信しながら、
解決策を提示していったのです。
また求められれば、夜でも嫌な顔一つせず出掛けて行きました。
このようにして、 人助けの生活が始まったのです。

三年ほど経った頃、’神様’が「家を教会にしなさい」
と言ってきました。
それで、大きな家ではありませんでしたが、教会にしたのです。
その時、私は小学生になっていました。

「死んだらわかるけど、それでは遅い」(光言社刊)


お母さんが霊通して、神様が予知のごとく、
様々なことを教えてくれ、
お父さんも神様の言うとおりに快復していきました。

神道においての「神様」は、「天使である」と、
北谷先生は語られています。
さらには、お母さんに働いている「天使」は、
神道では、高い位の「神様」、
すなわち、高級霊だと思います。

私たちにも、絶対善霊がともにいることを思うと、
もっと霊的に敏感になれば、
声を聴くことができるし、
たとえそうでなかったとしても、
様々なことを教えてくれるはずだと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:37 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする