2021年07月22日

「統一原理」との出会い、キリスト教会から3年の猶予をもらって… 《小山田先生自叙伝》



210722.jpg


小山田先生の自叙伝。
続編です。


 聖書研究を機に「統一原理」を学ぶ

人生と宇宙の根本問題は、神様への理解なくして
解決できるのかという問題がありました。

それまでに習ったのは、神様の理解に対する二つの方法です。
一つは、歴史的なユダヤ教、キリスト教を
中心とする一般啓示です。
もう一つは、イエス・ キリストを通した、
特殊啓示による理解です。

私は、大学三年から四年にかけて、専門分野とは別に、
歴史的な神との出会いを中心に研究しました。

イエスの弟子たちゃパウロ、アウグスティヌス、
ルター、カルヴァン、キルケゴールとか、
日本では内村鑑三や賀川豊彦が、
どのようにして神様に出会ったのかを調べました。

そして、仙台東一番丁教会(日本基督教団)を訪ねました。

そこは「東一とういち教会」
と言っていました。
その東一教会から、のちに統一教会に来たわけです。


私は、YMCAの活動として聖書研究もしていました。

一九六三年に星野一夫(郭勝鎬クァクスンホ 、七七七双)さんが、
その聖書研究会に訪ねてきました。

それを機に、彼から「統一原理」を学ぶようになり、
二週間で三回聞きました。

その当時、私が最も引っ掛かっていた内容が、
「十字架の贖罪による救いの限界とメシヤの再臨」
という問題でした。

私が「そのことに悩んでいる」と言うと、
彼は「おめでとうございます」と返してきたのです。
そして、「堕落論」に強い衝撃を受けました。

私は、埼玉県の戸田修練所で行われた特別修練会の、
第10期、第11期、第12期の
三回の修練会に参加しました。

当時、講師の周藤健先生から
「何回来るのですか?」と聞かれたので、
私は「分かるまで来ます」と答えたのです。

その後、大学と教会と下宿を舞台に、
知人や友人との間で、教理を中心に大問題になりま した。
東一教会の長老でもある私の指導教官は神学の先生で、
次のように言いました。

「それでは三年間ぐらい予備的にやってきなさい。
三年間たって(『原理』が)間違いだと思ったら、
いつでも戻ってきなさい」と。

私は「分かりました。三年間、時間を下さい」
と言ったのです。


 「統一教会で本格的に歩んでみよう」

特別修練会に三回出たあと、周藤先生から、
「田舎に行って三日修をしてきなさい」と言われました。
それで私は高知県に行き、二日間、高知教会で修練会を担当したのです。

将来、私の妻となる(岸本)儀子さんがそこの出身だとは、
当時は知る由もありませんでした。

その帰りに見た吉野川に、
「この川はどこから始まって、どこに流れていくのだろう?」
と思い、「わが人生はどこから始まって、どこへ流れていくか」と、
それまでの二十数年間の人生を振り返ったのです。

「統一教会に出合う前の二十数年間よりも、
その後の三年間のほうが、はるかに中身が濃い。
よし! 統一教会で本格的に歩んでみよう」 このように考えました。

そして、私は二十三歳のときに献身的に歩むことにしたのです。


私が二十歳になったとき、東京・渋谷にある松濤本部の礼拝堂で、
早朝祈っていると、突然、どこからともなく、
「おまえの祈りは聞かれた」という声が聞こえました。

周りには誰もいません。
私の内心からの働きかけだったと思います。

それは、忘れていた、かつて私自身が捧げた祈りに対する、
天からの答えだったのです。

そのようにして導かれた私の三大課題の解答が、
第一に、永遠の真理が「統一原理」でした。
第二に、永遠の先生とは文鮮明先生です。
第三に、永遠の相対者は、のちに祝福を受ける
妻・儀子ということになるのです。

自叙伝「真の父母様の御跡を慕って」
小山田秀生


小山田先生は、ご自身の疑問を解決されるために
徹底していかれたのだ、と感じました。

また、先生の通われたキリスト教会も
「三年間ぐらい予備的にやってきなさい」
なんと寛大なアドバイスだったでしょうか。。。
先生の背後で、神様が人を介して、
導いてくださったのだ、と思います。

そして、先生が悩まれていた
三つの疑問が解かれました。

『求めよさらば与えられん』
小山田先生の歩みを通して、
その聖句が浮かんできました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

幼い姉弟に任せられた、毎朝晩の神へのお祀り(お供え) 《北谷先生》



210721.jpg


北谷先生の「死んだらわかるけど、それでは遅い」
今回は、『守り神を祀る役目』です。


そんな姉と私に、霊界から特別な使命が与えられました。

“神様”をお祀りする祭壇は、
教会と家にそれぞれあったのですが、
それとは別に、姉と私に
「あなたたち二人は特別に“神様”をお祀りしなさい」
という指示が与えられたのです。

神道では、一人一人に、守ってくれる
“神様”(守り神)がついているのですが、
姉と私は、その守り神をお祀りすることになりました。

神様を祀るというのは、具体的にどうするかといいますと、
毎朝、水とお酒を供えます。
食事も供えます。

また、私の守り神である金剛龍王大神(こんごうりゅうおうおおがみ)
卵が好きなので、
卵も欠かさず供えていました。

それが毎日の日課です。
朝も夜もします。
何か買い物をしたら、まず買った物をすべてお供えします。
そうしてから頂くのです。


小学五年の時、石の階段で転んですねを打ち、
傷口がパカッと割れたことがありました。
普通ならすぐに病院に行くところですが、
こんなとき、わが家ではまず、
母を通して“神様”に尋ねるのです。

その時の“神様”の答えは、
「消毒して、傷薬を塗って、
包帯を巻いておいたら大丈夫だ」というものでした。
実際、それで治ってしまいました。

もちろん、 病院に行かなければならないときには、
病院に行くよう言ってくれます。


そのように、私たち姉弟の生活のすべては、
霊界の指示どおりに動いていました。
私にとって霊界は親のようで、
「育てられた」という実感があります。

怖いとか気持ちが悪いとかという感覚は
全くありませんでした。

時には、母が人の悩みを聞いている時に、
恨みの霊が母を通して出てくることもあります。
しかし、それはほんの一部で、
総じて霊界は私たちを温かく守ってくれる存在でした。

北谷 真雄・著
「死んだらわかるけど、それでは遅い」(光言社刊)


神道で言われている「神様」は、
私たちからするなら、善なる霊(霊人または、天使)
ということになると思います。

善霊が具体的にお祀りするように
言ったといいますから、
北谷家では幼い頃から、
善霊たちが、姉弟を教育してきた
といえるかもしれません。

『善霊』ですから、
私たちに善なる協助をしてくださいます。

私たちも、同様に
『善霊』に喜んでもらえるような歩み、
原理原則、本心に忠実な歩みをすることが
願われていると思います。

『善霊』へのお供えをすることがあれば、
実体的にその方がいる、
という前提で、捧げる必要があるでしょう。

神様と善霊がともにある私。。。
もっと意識して生活していきたいと思います。

北谷家の守り神(善霊)たちのお話は
次回に続きます。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:51 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

ダンベリーのお父様、現る?! 〜ある刑務所で伝道された囚人の奇跡の証し〜



20080416154754.jpg


今日は7月20日、かつて真のお父様が
ダンベリーに収監された日です。

この日にちなんで、
アメリカの刑務所にいる囚人が、
不思議な経緯で伝道された証しを紹介します。

彼は、一度も会ったことのない
真のお父様と、夢で話したとのこと。

真のお父様聖和1周年の頃の証しですが、
伝道した日本人宣教師(6500双)が、
真のお母様にも、手紙で報告されました。


アメリカ・テネシー州のある教会に
見知らぬ人から手紙が届きました。

その人は、教会から5時間ほど離れた
刑務所に収監されている囚人でありました。
「統一教会と文先生に関心があるから、
書物を送って欲しい」と書いてありました。

日本人宣教師のY.S.さんは、
最初に自叙伝とレベル4、霊界からのメッセージを送りました。

その後、原理講論も送りました。
彼は、原理講論が到着すると
夜中まで読み続けました。

すると、何と、お父様が夢に出てこられました。
お父様が、彼に親しげに語りかけて下さったそうです。
彼も、最初は、恐る恐る応対しているうちに、
心が嬉しくなりました。

「文先生、あなたはメシアですか?」
「私は、救世主です。」
そして、話が終わると、
びっしょり汗をかいて目が覚めたそうです。

また、宣教師は、お父様がダンベリー収容所にいた時に、
全米の聖職者たちに送られた
牢獄からのメッセージの赤い本を送りました。

その本を休憩時間に一人で読んでいると、
他の囚人が寄ってきて、「何を読んでいるのか?」と聞かれたので、
すかさず、「統一教会の文鮮明師のメッセージだ」と答えました。

そして、引き続き、声を出して、その本を読み続け、
気がついたら、そこに7、8人の囚人の輪ができていて、
皆が聞き入っていたといいます。

そして、翌日から午後2〜3時の休憩時間に、
原理講論の勉強会と祈祷会が始まりました。


その後、宣教師は、初めて囚人である男性に会いました。
刑務所に入った経緯や家族のこと、色々なことを話しました。

宣教師が最も驚いたのは、原理講論を何回通読したかと、
尋ねた時に、彼は、「もう17回は読んだ」というのです。
原理講論を送ったのが、半年前なので、
たった半年で17回読んだのです。

宣教師と出会ったあとに、彼は復活論を全部勉強した後に祈り、
瞑想していたら、朴正華(パク・チョンファ)という人物が、
自分が犯した過ちを申し訳なく思っていることを、
真のお父様に伝えてほしい、と伝えてきたそうです。

(※彼は、少々、霊的に敏感な兄弟のようです。
今までも、彼が知るはずもない、
統一教会の先輩の方々の名前が、
彼からの手紙の中に、何回か出て来ました。)


210720.jpg
(牢獄の信徒が描いた真のお父様の似顔絵)

彼の手紙を紹介します(一部省略)。


親愛なる家庭教会の皆さまへ

私は、ずっと祈祷会を行ってきたのですが、
そこには自分を含め、自分の二人の霊の子たち、
そして時々参加する何人かの囚人たちがいます。
そして、ある時こんなことが起こりました。

私が昼食を終えて戻って来ると、
誰かが私のロッカーをこじ開けて、
中にあった40ドル相当の衛生用品を盗んだのです。

私は、大変、腹がたちました。
自分が信頼している人々がこんなことをするなんてと思うと、
たいへん心が傷つきました。

さて、誰がやったかはわからないので、
私は腹が立ってもどうすることもできませんでした。
夕方までに、私はそのことからかなり立ち直りました。

翌日、三人が別々に、誰が私のロッカーをこじ開けたかを
私に言いに来ました。
私は、彼に制裁を加えたくなりました。

でも、私は、この一年以上の間、彼らに原理を教えてきました。
どうしたらいいか? 
私は祈りました。
私のものを守るために戦うのか、それとも赦すのか?

私は、その人たちにこう言いました、
「私はその泥棒を許そうと思う、
そして、私は原理と真のお父様の教えが正しいと信じている」と。

それから、私はその泥棒と公然と向き合いました。
そして、彼に「私は、あなたが盗んだことを知っています。
でも、私はあなたを赦します」と、伝えました。

数週間がたちましたが、その人は私の祈祷集会に
毎回、参加しています。

真のお父様は、いつもいろいろな方法で働いていらっしゃいます。
ありがとうございます。
真のお父様!

もし、あなたが毎日、愛の道を歩みたいならば、
そのような決意をし、
いつも新たに決意しなければなりません。

赦すことを選択しますか? 
それとも、心に重荷を追って怒りと憤りを抱きますか? 

神様と真のご父母様の赦しが、あなたの心と
人間関係に宿るようにして下さい。
すると、あなたは真のご父母様と統一原理の力が
あなたの人生のみならず、あなたの周りにいるすべての人々の人生をも
何度も変えていくのを目にするでしょう。

真のお父様の赦しの恵みが天から大きな滝のように
あなたに注がれています。
もし、あなたが滝から離れて立っているのならば、
落ちてくる滝の水からくる霧だけが見えるでしょう。

もし、あなたがその滝の水の近くか、下にいるならば、
びしょ濡れになるでしょう。

こちらに来て、神様と真のご父母様の溢れんばかり、
慈しみ深い、赦しの愛の中で、
今日も明日も、毎日、びしょ濡れになりませんか。

親愛なる真のお父様、私たちの主であり、
救い主でいてくださることを賛美し、感謝いたします。

あなたが私たちを天の父母様と和解させてくださり、
あなたの子女となれたことを心から喜んでいます。

どうか、私たちが赦しの賜物(恩恵)をすべての人々へと
自由に捧げられますよう、
公的な権限をお与え下さい。
アーメン。



本当に、素晴らしい証しです。

実際、その囚人が、家庭連合に出会ったきっかけは、
信徒ではない叔母さんが偶然アクセスした
インターネットの情報を通して、
ダンベリーに収監されたお父様のことを知り、
彼に教えてあげていたのだそうです。

彼が描いた絵は、
ダンベリーでのお父様の姿そのものです。

彼は、一度も統一教会に行ったことがないし、
牧会も受けたこともありません。
ただ、宣教師との手紙のやり取りと
自身の訓読、祈祷のみの生活ですが、
見事に真の愛の精神を持って乗り越えていっています。

さらには、刑務所で霊の子も二人立てておられました。
これも驚くべきことだと思います。
今は、出所され、どのように過ごしておられるでしょうか。

宣教師がお母様に報告した手紙の中で、
このように述べておられます。

今回のことを通して、私は、真のお父様が、
聖和されたあと、天国ではなく、地獄に直行して、
自ら伝道をされて、私たち祝福家庭を激励、
指導されているんだ、と感じました。
「今、伝道しなくて、いつ伝道するのか?」と。


この言葉は、私たち一人ひとりが
受け止めるべき内容なのではないでしょうか。

今も、お父様のダンベリー収監の過ちを
認めてもらう動きがずっと継続されていますが、
まだ完全になされていません。

霊界のお父様は、そのような犠牲を強みに変え、
多くの人に影響を与え、
今も私たちに働きかけてくださっていることを
また、そのお父様の願いを叶えるために
歩み続けられる真のお母様に、感謝申し上げます。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:18 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする